スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブザー・ビート 第7話 プチッと感想

(2009-08-24)
いやー・・・。とうとう録画したのを翌日以降に見るのでなく、その時間の前にテレビ前で待つようになってしまいました^^。

でもまこの時間、ちょこちょこ用事もあるので(上娘が塾から帰って来る時間とあたるのよー)、今日もちょこちょこテレビ前から立ち、よりにもよって最後の莉子さんの告白を聞いておりませんので、明日以降、じっくり一言も洩らさず^^、もう一度見たいと思います。

さて、ちょっとぶつ切りで見た感想ですが、まず、きたーーーーーーっ!ですか^^
あの展開はもう、ツボ!ドツボ!ああいうシチュエーションは少女マンガ好きにはたまらないと思いますね^^ドキューん・・・ときました(笑)

しかし7話、でございます。まだ7話でございます。
大熊は「これはやっぱり最後は菜月とくっつくって事だろ」なんて申しますので、違うでしょっ!それはあり得ないでしょ!って言っても、「いや、ドラマとして7話でこの展開なら、そうなるでしょ」と譲らない。

違う、違うんだよ。もうこのドラマは始まった瞬間からゴールは莉子さんでしょ?
私はそう信じて疑わなかったんですが、違うの^^????

7話でこうなら、ここからまだまだ未解決事項がたんとあるじゃないですか。
監督とか監督とか菜月さんとか菜月さんとか。ね?
で、ゆらゆらゆれて、ダメかもなんてシチュがあって、で、最終的にやっぱりくっつくのが、90年代ドラマの王道と違うんか!少女マンガの王道と違うんか!?

このドラマの基本は90年代テイスト少女マンガ風味王道一直線だと思っておりますので、私はその正解を期待しております。
・・・あくまで私の「期待」なので、おおいにすかされる可能性はありますが(笑)

でもほんとに菜月さんエンドだったらどうしやう・・・^^

でも菜月さん、今までは突っ張りつつ、かわいらしいところがあったので、嫌いじゃない、むしろ好きだったんですが、今回、こっわーーーーーー!!

怖い怖いよ。莉子のメアドとかゲットして、いらん事しそう・・・。
このドラマにあんまりドロドロは求めてないんだけどな。っつか、基本愛憎ドロドロドラマが嫌いなので、そういう展開になって欲しくないんだけどな。

そして廉。
こいつも突っ張ってるけど、じつはまぢで菜月のことすきなんちゃうん?と思ってたのに、今回、やーーーーな展開ですな。
先週の川崎株大暴落に続いて、廉株も大暴落しております。
・・・でもまだちょっと信じたいんだけど。嫌な奴の振りして実は・・・って^^甘いか^^

川崎さん、あのマトリョーシカ方式は一体なんだ。あれはありなのか。
っつか、もう相思相愛の状態で、ああいう事するのはありだと思う。お茶目さん・・・でいけると思う(大笑)けど、今の莉子さん相手にあれはなんだ。あれはアリなのか。
待つとか言って、全然待ってないじゃん。追い込む追い込む。どんどん断りにくくして。

これを積極的で男らしい、と思うか、せこい!と思うかは、ほんまに好みで分かれそうです^^

そんな横で、んまーーーー!麻衣ちゃん。
これも、もう初回から、この2人がくっつくのが王道的雰囲気をかもし出しておりましたが、7話で来たかーって感じ。
宇都宮さんが全然ダメなまま、「振り向けば奴がいた」的雰囲気でくっつくと思ってたので、これまた宇都宮さんがいい感じになってきちゃったから、どうなるのーーーーって。

でも秀治くんだよね。麻衣さんと彼が合ってる。
それにしても、へそって・・・へそって・・・。そういう事?だとしたら展開早!
この二人の会話がなごむ^^から好き。

会話がなごむといえば相変わらず麻衣と莉子の会話も好きだー。かわいいよねえ。

今回は莉子さんの泣き顔が、結構ぶすっぽいのがめっちゃかわいかった。
口への字で、「綺麗に泣く」泣き顔じゃ全然ない。でもそれがとっても莉子さんっぽくて、めちゃめちゃかわいい。
あと、秀治と麻衣のあのシーン。「ここのこのタイミングで、絶対莉子が帰ってきてドアを開ける」と、視聴者の98パーセントが予想したはずのあのシーンの、莉子さんのびっくり顔がまた変顔でかわいかった^^

このドラマの北川景子、ほんまにかわいくて大好きです。


コメントの投稿

非公開コメント

私も

みさ姫と一緒に正座して(笑)鑑賞~~~♪
今週は塾も無いし、とっても余裕のみさ姫なのでした。
宿題も全部終わったぞ~い。
嵐に行ける(笑)

莉子ちゃんの素直なこと!
みさ姫に
「やっぱ、恋愛はストレートが一番だよ」
とレクチャーしながら見てた(爆)。

川崎さんはね・・・・あれは無しだな。今回の展開では。
でも、大人の男のアプローチってことで、ある意味ポイント高い!

最後のシーンでは、山Pのファン可哀想~とみさ姫がブチってたけど(苦笑)

一応

うちのSぞうも明日で塾、終わりのはずなんだけどね。
宿題はどうなってる事やら・・・。

莉子さんはあのストレートさがいいよね。回りくどくなく、根回しもせず、面と向ってスパッと。
その辺が菜月さんとの差なのか。

川崎さん、どこを「大人の男」と見ればいいのか、私には分からないのよう・・・。莉子に「好きな人がいる」と言われてからの彼の行動は、全く私の好みじゃないの。

莉子さんは上矢くんに対して、本丸一直線に攻めたけど、川崎さんは莉子さんの外堀からじわじわ埋め、内堀も埋め、逃げ場をなくしてから、「君を待ってるよ」とか待ってる「振り」をしてるっぽい感じがイヤ(笑)

最後のシーン、山Pのファンだとダメなのか?そうか!そういうもんか。
ああいう場面に自分をあてはめて楽しめばいいのに(大笑)←妄想体質の子限定の楽しみ方か^^
最後の、駆け出してから、莉子さんを追い詰める過程の山P、めっちゃかっこいいやん!
かっこいい!って萌えれば美味しいのに^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。