スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒薔薇アリス マンガ感想

(2009-02-19)
黒薔薇アリス 1 水城せとな。


<まみさん蔵>

水城さんのマンガは「放課後保健室」が最初。絵も話もクセが強いなあと言うのが第1印象。最初は「好き」とか「面白い」とか思わなかったのに、読んでたら先が気になって仕方ない。
結局最後まで興味が薄れる事もなく一気に持って行かれたって印象。



絵はもうすっかり慣れてしまったので、今回は1巻からかなり引き込まれました。

流浪の民の子でありながら、その歌声で貴族に引き取られ、花形テノールとして名声を得ていたディミトリ。
貴族の息子であるテオドールとも親友と言える絆を得ていたが、その婚約者である同じく貴族のアニエスタを愛しく思っていた。

ある時事故に合い、一旦死んだとされたディミトリ。一命を取り留めた後、体調の変化、そして首筋のあざが気になっていた。そんなときに現れたひとりの男が「あなたはヴァンパイアになった」と、ディミトリに告げる。

相変わらず底知れぬダークさを持つ話でございますが、面白いです。
2008年の話になってからの梓さんと光哉の話が好きだな^^つか、このシチュは非常にツボ^^

梓さんが蘇って、あの体で何をなすのか、そして梓さんが梓さんである限り光哉との関わりはなくならないわけで、どういうつながりがこれから出来ていくのか。

この人の話しは非常に引きが上手いと言いますか、先が知りたくて知りたくて仕方なくなるんですよね。
こないだのパティシエの話も面白かったけど、こっちの方が今のところは断然好きです。




まみさんありがとう!続きも楽しみにしてます。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: 黒薔薇アリス マンガ感想

耽美的なものは、私担当じゃなかったような気がするけど(笑)
なんか、この人のは、私になってしまった^^
話が面白いよね。
すんごくひきつけられるってかんじでもないけど、
どうなるんだろ?って考えさせられる。
でも、それほど小難しくも無いってかんじでちょうどいいのよ。

ショコラティエは、主人公はあんまり好きじゃないけど、
サブキャラが好き~かも。

Re: 黒薔薇アリス マンガ感想

耽美担当って誰かいたっけ^^?
私はイロモノ担当だしな!ふんっ!←自慢げ^^

話が面白い。ちょっと他にないタイプだしね。今回は虫嫌いの私にはちょっとぐろかったけど、まあでも耐えられる範囲でした。

ショコラティエは女の子も好きじゃない・・・。主人公はいいように振り回されてる時は嫌いだったけど、後半でちょっと腹黒くなってきてからは、好感度アップしたわ^^←腹黒いなら好きってどうよ。

水城さんはまみさん担当になっちゃったよね^^楽しみ楽しみ。

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。