スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リアル鬼ごっこ プチ感想

(2008-12-04)
リアル鬼ごっこ 山田悠介。



上娘が読みたいというので、図書館で借りてみました。
以下、まずお断りを・・・。ネタバレあります。そして、この話が好きと言う方、否定的なことを書かれている文を読みたくないと言う方は、お読みにならないで下さいね^^


漫画になっているのは知っています。上娘は今度DVDも借りに行きたい言うので、ドラマ?映画?どっちかにもなってるんでしょうね。かなり売れたと文庫版解説にも書かれてありましたので、人気があるんでしょうし、面白いと感じる方も多いんだと分かります。

でも正直、私には全く面白いと思えませんでした。
まず文章が読みにくい・・・。何と言うんだろう、書き言葉として、しっくり来ないといえばいいのか。普通の小説を書く人のマネをしてるんだけど、使い方がちょっと違うぞ、みたいな。
日本語としておかしいと言うんでなく(他人の事なんて、よう言わない^^)、ずーーっと違和感のようなものを感じながらしか読む事が出来ませんでした。

ああ、携帯小説に似てるかもしれない。と言って、携帯小説もそう何冊も読んでる訳ではないですが、言葉そのものと言うより、DEEPLOVEの漫画版を初めて借りて読んだ時の、「ああ、これは私にはさっぱり理解できない世界だ」と思った違和感と似てるような気がします。

中高生が中高生に向けて書いたような文章。

最初のイメージとして、ホラーのような、スリル満点の話を想像していたんですが、ホラーっぽくは全くないです。スリルも、文章への違和感が強すぎて、ほとんど感じられない・・・。
ラストなんか、「はあっ!?」って感じで、あまりにも安直。

これはギャグなのか?それとも真剣な話なのか?と、最後まで思いながら読んでました。荒唐無稽な話。でも、違う味付けならばもっと読めるような気もするなあ・・・。だって、この話の設定は非常に面白いと思うんですよ。味付けが私にはあわない。

巻末の解説に、最初自費出版のような形で出版された事がよかった、と書かれてありました。もし大手の出版社の、老練な編集がこの話を読んだら、本として出なかったかもしれない・・・と言うような事が書いてあり、非常に納得しました。
きっとそうなんでしょうね。

多分この話、上娘(中1)は好きだと思います。DVDも見るだろうし、結構はまるかも。
そういう事なんだなあと思いました^^。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。