スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHK杯 フィギュアスケート 男子シングル 

(2008-11-30)
NHK杯、終わっちゃいましたねー・・・。
これで後はファイナルがあって、全日本があって、少し開いて3月の世界フィギュアスケート選手権ですか。
シーズンあっちゅー間ですよねえ・・・。

それにしても濃かったー。
大熊と話してたんですが、NHKの放送だと、実況と言うんでしょうか、NHKのアナの方がほとんど説明しますよね。民放だと解説の元選手がほとんど説明すると思うんですが、何かその辺りが違うなあと思って見てました。それだけ分かって見てるんですよね。何だかさすがですよねえ。

男子はやっぱりウィアーと、そして織田くん。この2人に注目!と思って見ておったんですが、無良くん!彼が良かったですよねー。
女子も、鈴木さん、お名前くらいしか印象になかったんですが(失礼な!)、素晴らしい演技で、私の記憶に鮮明にインプットされたんですが、男子もそう。
彼も今までそんなに、失礼ながらあまり印象に残るような演技を見た事がなかったのですが、この大会でこれまた強烈にインプットされました。

どこか高橋くんに似てますよね。そんな感じしないですか?ステップとか・・・。

良かったのはやっぱりポンセロ、そしてウィアーに織田くん。上位3人はやはり表彰台に乗るだけあって、違うオーラが出ていたように思えます。

レイノルズくん、2度の4回転は素晴らしい!でも他のステップやスピンは、素人さんが見ていても「雑」な感じがして、その辺りを丁寧にするようになると非常に怖いですよね。大人っぽく見える欧米人にしてはあどけない^^顔の18歳。これからですよねー。

ウィアーは、うーん、会心ではないけど、でもさすがな彼らしい演技でございました。どの瞬間どのタイミングで見ても、指の先まで美しい。
腕の柔らかな動きとか、空気を感じさせる合間合間の表現力は彼独特のもので、やっぱり目が吸い寄せられてしまいます。
ジャンプの降り方の綺麗さ、これは初めて彼を見たトリノで非常に印象的だったんですが、何度見てもジャンプは美しいです。

織田くん。
ジャンプの降り方の綺麗さ、世界ナンバー1はウィアーと織田くん!と思っておるのですが(勝手に^^)、健在、でしたね。
いろいろ思うことはありますですよ。コーチの件とか。
でも、やっぱりこうして彼の演技を見ると、本当に、氷の上にいる彼をもう一度見る事が出来て、本当に嬉しいと思ってしまうのです。

謹慎期間はまるっきり無駄ではなかったと思います。おととしの彼にはなかったものが、今の彼の演技にはあると思うから。
それは、鈴木明子さんの演技にも通じるものかもしれない。純粋に演技する事に対する嬉しさのようなものが、伝わってくるような気がするのでございます。

よかったなあと、何だか本当に、思ってしまうのでした。

NHK杯、本当に濃かったです。
まだペアとアイスダンスは見れていないのですが、これからゆっくり平日に一人で見ます^^

ストレスのない放送。早送りしたくならない演技重視のスポーツ中継。全くその競技が分かってないタレントが出てこない爽快さ。
NHKで、全部のフュギュアスケート放送して欲しいなあと、やっぱり思ってしまうのでした^^。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。