スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レッドクリフ PART1 映画感想

(2008-11-10)
レッドクリフを見てまいりました。
PARTⅠとの事で、「続く」で終わっておりました。後回解体・・・じゃないな、何か面白い漢字でした^^続きは第2部で・・・みたいな意味合いだと思うんですが。



洋画(これも洋画なのか?外国映画と言うべきか?)は字幕派です。吹き替えは、一概には言えないけれども、私個人的には9割がた「不自然さ」の方が気になって、その映画に集中できないので、選べるものは字幕で見たいです。

今回は吹き替え版と字幕版と選べたので良かったんですが、子持ち主婦には朝一と言う時間帯が一番ありがたいんですよ^^映画の朝一は100パーセント、子供が既に出かけてて、学校から帰ってくるまでに確実に帰れますから。
ところがぎっちょん、近所のワーナーは、よく朝一は吹き替え版、字幕版は午後から・・・みたいなパターンが多くて、いっつも「むっきーーー!!」となります^^
ご意見受けつけもどこにもないしね。言えるものなら言いたいさ。

今回も字幕版の朝一が12時半から15時15分まで。下娘の下校はいっつも15時10分から20分くらい。絶対子供が帰るまでには帰れないけど、距離が近いので(帰りはチャーリーで5分)、この回で行く事にしました。

今回お付き合いいただいたのはみーこさん^^

さて、三国志の赤壁の戦いの話です。
わたくし、三国志は未読、話の筋も全く知りません。「赤壁の戦い」と言う言葉は聞く事があるので知ってはおりましたが、誰と誰が戦って誰が勝ったのかも全く知りません。そんな私が見に行った映画感想でございます。

面白かったです。
とにかく雄大。スケールのでかさが凄い。これは見るなら映画館で、と思える映画ですね。
最初説明が流れるんですよ。「400年続いた漢王朝が衰退しつつあって、そこに曹操と言う人物が現れて・・・」みたいな。私のように前知識がないものにとってはありがたい!と思って聞いてて、ふと、「あれ?この説明、日本語じゃん・・・」と気付く^^
うっそ!わざわざ時間、出にくい方にしたのに、吹き替え選んじゃった!?と一瞬どっきどきしましたが、これは日本語版にはどっちにも挿入されているらしいです。・・・よかった・・・。

最初圧倒的な軍勢で劉備軍を攻める曹操。難民を見捨てる事が出来ない劉備軍は敗退を強いられた。長坂の戦い・・・と、言うらしいです。
ここは結構手に汗握るというか、迫力がありました。
劉備軍には飛びぬけて強い将軍が3人いて、この3人がもうひとりで何十人もバッタバッタと倒していくのは漫画的^^でも史実のドキュメンタリーじゃないんだから、めっさ痛快で面白かったです。

漫画も本当に数ページをぱらっとしか見た事がないんですが、関羽と張飛は、そのちらっとだけ見た事のある漫画とそっくりでこれまた面白かったです。
逃げ遅れた劉備の奥さんと子供を救うため、ひとり敵に囲まれた村にかけ戻り、奥さんは助けられなまったものの、赤ちゃんを背中にくくりつけて何十人もの敵と戦う趙雲のかっこいいこと^^

活劇、ですよね。

そして追い詰められた劉備に、「呉」と組む事を提案する孔明。呉の孫権、そして周ゆ(漢字が出ません)を説得に。
この周ゆ軍に何故か中村獅童おったわ^^。出番も多いし、美味しい役でした。

人数は少ないけど、寄せ集め出ない精鋭軍を持つ呉と同盟を結ぶ事に成功。
そこに80万の大軍勢で曹操が攻めて来る。

赤壁の戦いって言うのは水軍同士の戦いだったのでしょうか。なら、このPART1はそこに至るまでの過程でしたね。

映画では赤壁の戦いの発端はひとりの美女を曹操が欲しがったため(周ゆの妻)・・・となっておりましたが、本当にそういう話なのでしょうか^^?

戦いは迫力があったし、カメの甲羅の戦い(なんていうんでしたっけ?)はビジュアルが非常に面白かったし、見ごたえがありました。
俳優さんもいい感じ。周ゆはやっぱりちゃんとかっこいい。
金城くんも、柔和ながらつかみ所がないところがとってもいい。
絶世の美女と言われた周ゆの奥さんは本当にめっさ綺麗です。

劉備が・・・。あの方はああいうイメージでよろしいのでしょうか?何かこう・・・優しいだけのただのおっさん・・・って感が・・・^^。凄い人には見えませんが、そういうイメージが正しいのでしょうか。

とりあえず続きは非常に気になりますので、見に行く予定です。
でも4月か・・・。ちょっと遠いな^^

どーでもいい事^^:「3万」って普通に「さんまん」って発音してるのが面白かった^^・・・それだけです・・・。
・・・ところで中国に虎っているんですか!びっくりした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。