スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴァンパイア騎士 9 マンガ感想

(2008-11-08)
ヴァンパイア騎士 9 樋野まつり。



2ヶ月連続刊行。
アニメの2期に合わせてとのこと。先月の8巻と同時に小説版が出て、今回の9巻と同時にファンブックなるものが出たらしいです。



何かもうすんごいよね。アニメの評判がいいと小耳に挟みましたが・・・。
ただ私は本編以外はどれも未見です。今後も見る予定はありません・・・。

8巻、9巻と話が「おお!進んできたぞ」と言う巻だったと思うんですが、今までもやもやしてた疑問が解けた爽快感はありません。
何かどんどんよく分からなくなってるぞい?って感じ^^。
実は優姫が・・・実は枢とは・・・なんて答えが出されているものの、余計分け分からない感が増しているのは、それこそ何故っ!?

壱婁と零のシーンは非常に良かったです。
この2人に関しては、幸せな結末ではないけれども、壱縷にとってはやっとほっと出来たのではないかと思うと、切なくもよかったかな・・・と思える、いいシーンでした。
ただ、壱縷にとって「やっとひとつに戻れた」のでしょうが、零にとっては重荷がひとつ増えてしまったような気がします。
「ひとつに」と自分の中で消化できるようになるには時間がかかりそう。
零、ほんまにここしばらく不憫で不憫でなりません。・・・零が物語の行き着く先と思ってる私にも辛い展開だ^^

枢も好きなんだけどね。
でも枢と優姫がラブラブすればするほど、枢が薄幸に見えていくのは何故でしょう。零フィルターかかってるからですか?

それにしても後半はセーラームーンの戦いシーンのようだった・・・。グッズは売り出さなくていいのですかい^^?零のは無理だけど^^

そして向き合う2人で次回!かよっ!!次はなんと初夏ですってよ。・・・なんと長いことか。

「このまま10巻まで半年以上・・・?」なページが大好きです!!
ああ、ここでも不憫な零。彼の役回りって・・・^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。