スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一瞬の風になれ 小説感想

(2008-10-24)
一瞬の風になれ 佐藤多佳子。



いっつもは巻数がある本なら代表で1冊だけ↑リンク貼るんですが、これはサブタイトルが結構好きなので、3つ並べてみました・・・・。

と思ったら、「2」のサブタイがないやん!!
・・・ま、うちの上娘でも予想がつくタイトルですけどね^^

第一部「イチニツイテ」、第2部「ヨウイ」、第3部「ドン」です。

高校の時の友達が「めっさ面白い!読んで!」とかなり強烈にプッシュしてくれたので、図書館に行って借りてきました。
とりあえず1冊目は予約して。そして面白かったので、2、3巻はまとめて。

普通の小説の所を探してたらなくて、近所の図書館では「ヤングアダルト」に分類されておりました。まあそういう分野の本かな。

「しゃべれどもしゃべれども」の作者さんのようです。もちろん未読ですが、国分太一で映画化されてたやつかな?映画も見ておりませんが、この人の本なら一度読んでみようかなと思いました。これを返しに行く時探してみよう^^



神谷新二は兄がサッカーの天才、両親もスポーツ大好きな家庭に育ち、当たり前のようにサッカーを続けていた。
しかしサッカーの申し子のような兄のプレーと自分を比べ、自分がそういう器でない事が分かっており、高校進学時に、小さな反発心で髪をまっ黄色に染め、兄の勧めるサッカーの名門校でなく、公立の高校に進学。

幼馴染だったが一時期親の都合で別々の学校に通っていた連と、高校で一緒になり、連と一緒に陸上部に誘われる。連は中学時代、超有名なスプリンターだった。

走る事に目覚めていく神谷の物語。
サッカーでも「お前、ボールが無い方が速いのにな」何て言われていた俊足の神谷。でも陸上は初めて。陸上部の皆が連の入部を喜ぶ中、顧問の三輪先生に「俺はお前が入ってくれた事にびっくりしている。お前は10秒台の選手になると、俺は思う」と言われ、真剣に、走るという事にのめりこんでいく。

1巻は1年目。入部して、まだまだ走り方が短距離走の走り方ではないので、基礎を教えてもらって。初めての競技会や先輩との関わり。
連はまだまだ別世界の速さ。

2巻は2年目。走り方も身につき、どんどん速くなっていく神谷。4継(100メートル×4のリレー)の走者となり、3年の先輩と走る。何度走る事が出来ようと、その「走り」と言うのは一度きりなんだと感じる。
試合に出たり合宿に出たりするうち、他校の選手たちとも友達に。
いつか連を抜く、そんな思いも芽生える頃。

3巻。3年生。抜けた先輩から部長に推薦され、陸部の部長に。
地区の予選を勝ち抜き、4継と100メートル走で関東大会へ進む神谷たち。100メートル決勝では連と競う事になる。
そして最後の4継では、1年鍵山、3年連、2年桃内、そしてアンカー神谷のメンバー。この最高のメンバーで、強豪校と戦う。

おもしろかった!
一気に読めます。文体は非常に読みやすい分です。ただ、神谷の口語体と言う形なので、もしかしたら苦手な方もいるかもしれません。

陸部での活動を中心に、健ちゃん(神谷の大好きな兄ちゃん。Jリーガーになる)との関わり、そして両親との関わり。

このお母さんも「健ちゃん大好き」な母で、下手したらバッテリーのお母さんのようにちょっと偏愛な人?・・・と、心配になったんですが、でも2巻あたりから「新ちゃん(神谷)」に対してもめっちゃいいお母さんなので、ほっとしました。かわいらしいお母さんだよね。息子が大好きなんだなあ・・・って。
こんな息子たちがいたら、そりゃあうれしい事だろう^^

そして陸部の仲間達との関わり。個性豊かな先輩達、それ以上に個性豊かな後輩達^^
私は桃内が一番好きです。めっちゃいい!関西弁のおちゃらけキャラ。最高です。

これまたキャラ濃い他校のスプリンター達との関わり。いい奴もい、そしてやな奴もい。

神谷にとっての恩師となる「みっちゃん(三輪先生)」。みっちゃんのキャラが「恩師」と言う言葉と合わないけど。

走る事漬けの毎日の中でも、ほんのり恋愛色もあり。この2人のかわいらしい事!

そして連。最高の友達で最高のライバル。
幼稚園の頃から、顔を見ると一緒に走ってた、一緒に「歩いた」記憶が無いって言うのに、思わず笑ってしまいました^^目に浮かぶようだ。
この二人に限らず、幼稚園くらいの男の子って、とにかく走ってるイメージがあります。エネルギーがありあまっているのか?
女の子の母である私にとって、「何で男の子ってああ無駄な動きが多いんだろう」と思わずにはいられない、いつでも走り出してしまう姿は、きっと高校になってもそのまんまな二人なんでしょう。

それにしても、鈍足クイーンの私なんぞには、100メートルを10秒台なんかで走れる速い人(私の倍の速度で走ってる人達って・・・!)は、「いつ」「どこで」「どんな風に」走っても、10秒台なんだと思ってました^^。怪我とかよっぽどの体調不良でない限り。
こんな繊細なものだったなんて、目からうろこでございました。

100メートル走と同じくらい・・じゃないな、それ以上にこの話のメインの「リレー」の話。こうこれに至っては職人芸、もしくは野生のカンの世界。←両極端なようでいて、紙一重だと思うんですよ。

紙の上で字を追うと言う作業をしてるのに、実際の運動会でのリレー、もしくはオリンピックでのリレーを見た時のような臨場感と興奮、そして感動が味わえます。
素晴らしいです。

走るって、気持ちいいだろうな・・・なんて鈍足の私ですら思えるような小説でした。

お勧めです!!
(PS:まみさんとYUKAちゃんが好きそうな話だと思いますので、こっそり推薦しておきます^^)


コメントの投稿

非公開コメント

お勧めありがとー。

あはは♪
さすが趣味を分かってらっしゃる!
が!
もうすでに読んであります^^
携帯小説の一種みたいだったけど、さぁやが中学校の図書館で借りてきてて(もうずいぶん前だね^^;)
私もそのときに読んだよ~^^v

これと似た題材ですが、
「風が強く吹いている」は大学駅伝のお話で、これまた面白かったよ。
その小説をリアルにしたみたいな大学が、来年早々の箱根駅伝に出場が決まったのよ。
なので、すっごく注目しております♪

実はわたくしも

今年になってから読みました(笑)
もちろん、大変気に入ってしまった本ですわよ^^
さわやか~でいいですよね。
もりくまさんの記事を読みながら、思い出しましたよ。
そして、また彼らの「その後」が知りたくなってしまった・・・

さすがーーー!

お2人は速かった^^・・・いや、早かった。

まみさん>さやちゃんも好きそうだと思ったんですが、やっぱり目に付いた?

ヤングア○ルト(禁止ワードに引っかかるので伏字)と言う分類ですが、これ、携帯小説なの?かなり私が読んだ事もあるものと印象が違うわ。
私が読んだ事のある携帯小説って、恋愛主体だからと言う以前に、内容が薄っぺらーーーーいのよ。上っ面だけの話ばっかで。

こんな気持ちのいい文章も携帯小説だったら、かなり私のイメージが変わるわ^^

風が強く吹いてる、ね。今度借りてくるわ!

YUKAちゃん>爽やかですよね。とにかく気持ちよかった。この本は。
その後、連にいつか勝てる日が来るんだろうか。そしてそのもっともっと先には、みっちゃんと同じ道を歩んでる気がする^^
春野台の陸部顧問。似合いそうじゃない?

神谷と連でオリンピックとか出てたらいいなあ・・・^^。

今日は「しゃべれどもしゃべれども」を借りたよー。読んだ?

!!!

風が強く吹いている!は、うちにあるよーーー。
借りなくてもいいんだよぉーーー(笑)
言ってちょうだいませ♪

まだ・・・

「しゃべれどもしゃべれども」は読んでいません。
「風が強く吹いている!」も^^;
なので、ぽちっと図書館に予約を入れました。
ネットで予約、便利ですよね~。
例によって同時進行読みで沢山読んでいる本を抱えているのでこれらを読み終わった頃に、予約の順番が回ってくるといいな^^
他にもお勧め本あれば教えてくださいね~♪
私の今年一押しは浅田次郎さんの「蒼穹の昴」です。
もう読まれましたか?

おお!

まみさん>また今度借りに行かせもらうね!

今日の漫画もいつでもいいので、またさやちゃんに聞いておいて頂けるとありがたい^^
大熊に読ませるのを忘れてて、3巻が回ってきたのを見つけて怒られたの^^

YUKAちゃん>ネット予約はめちゃめちゃ便利!北部に無くても、翌日くらいにすぐ届けてくれるし。
今も予約待ちの本があるよん。

浅田次郎さんのそれは読んでない!よっしゃ次に読んでみよう。
お勧め本はハズレが無いので、美味しいです。
私もまた探しておくね^^

!!!

え?1&2巻が欲しかったの?
獣神演戯?
だったらあったのよぉー(笑)
3巻の最新刊を探してるのかとばっかり!!!^^;
じゃ、また洋服仕分けのときにね^^

そうなのよ^^

3巻はうちにがめてる^^

また今度もらいに行くね!
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。