スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KIRAI マンガ感想

(2008-10-21)
KIRAI 全10巻 三浦実子。

 

ちょっと前の本ですね。10巻が2003年になってます。

最近私が本を買うきっかけとして多いのが、「YAHOO!コミック」の無料試し読みコーナーでございます。
そこで50ページくらいただ読みが出来るので、適当に表紙が好きそうな本を立ち読み、面白そうだったらとりあえず最初はBOへ^^
そして続きが欲しかったら新刊で・・・と言う流れでしょうか(笑)

例の暴れん坊本屋さんもこの流れで買いました。BOYSエステもそうだったと思います。白泉系って以外とないのよねえ。
まあ白泉系は作者買いするのでお試しもいらないっちゃいらないですが^^

本をあまりもう増やしたくないので、デジタルコミックとして買えるならそれでいいやとも思うんですが、YAHOO!コミック、高いでしょ!定価420円くらいのが、300円くらい。BO行けば高くても200円で買えちゃうし。何かもったいない気がするんですよ。
デジタルコミックなんて期間の間しか読めないんだし、実物いらないんだから150円くらにしてくれればいいのに^^といっつも思ってしまいます。

ああ、そんな事したら、紙の本が売れなくなっちゃうのか。ううーむううーむ。
でもこのKIRAIくらいの古さの本だったら、新刊屋になんて、ほぼ売ってないですよ(現在進行形で連載しているものは除く)。アマゾンだって怪しいところ。
何年以上のマンガはデジタルでお安く・・・とかになるといいな^^と、こっそり思っておこう。
・・・でもそうすると今度はBOが危ないか(笑)!


さて、内容。
「辛口コミック」なんだそうです。・・・そう・・・かなあ??

顔とスタイルは一流、でも性格に難あり過ぎの花田。女癖の悪さこそ超一流。特に試すのが大好き。仲のいいカップルの女の子を誘い、自分のものにした途端、冷めてしまう。どんなに「好き好き」言ってても、彼氏より顔のいい男に誘われたらすぐ寝てしまう。所詮女なんてそんなもの。

そんな彼の思い通りにならない女の子が一人。桜は、誰もが「女好き」と言う花田を「違う、女性不信」とあっさり見抜いてしまう。

学校で会えばけんかばかりしている桜と花田が、なんと両親の再婚で義姉弟になってしまう。

↑ハイ、最後の一行、マーカーしておいて下さいー。くまきっつあんの分かりやすいツボポイントですね(大笑)。
うちに何冊あるんだ、義兄弟モノ・・・ホロホロホロ。あ、兄弟って書くとBLのようですね。違いますよー^^

面白かったです。
やっぱ少女漫画の醍醐味は、最初「気に入らない!」と言いながら徐々に近づいていく過程だと思うんですが、そこがいい感じなんですよ。

鬼畜な花田の、その女性不信とさみしがりな部分に気付き、段々惹かれていく桜。
明らかに他の女の子とは違う特別扱いしてくれる花田だが、もし桜が「好き」なんて言ったとしたら、その瞬間に他の女と同じ扱いになってしまう。
で、どうしたか^^。

結構軽いノリで、淡々と進む話です。絵も淡々とした絵だし、その分花田の鬼畜さが緩和されてる感じ。

花田とくっついて、それで終わり、じゃないところもいい。
桜を好きになった花田の執着は怖いくらい。そんな花田と一旦距離を置く桜。って話の展開も、いい。

でもこの間が丸々2巻と言うのは長すぎ!ここは私、あんまり好きじゃなかったです。半巻でいいよ、全8巻で^^。

ここで出てくる友がなあ・・・。
結構かわいい部分があって、めっちゃ嫌いと言うわけではないんですが、これまた花田に女を感じさせない特別な存在となって、「1」許されたら「2」を天然に要求、「2」許されたら「4」と、どんどん好き放題していくくせに、その自覚がない。
「4」許されて、「8」を要求、その8が拒否されたら「ひどい!」って・・・おいおい^^。
そんな彼女が桜を「自己中!」と責めるのは笑止千万^^

これに何のフォローもなかったら「めっちゃ嫌い」になってたと思うんですが、ホームレスのおっちゃんにひどくまっとうに諭されるシーンがあるので、それでちょっと納得できた次第。

最後は少女漫画の大団円。よかったよかった^^。
一気に読めて楽しかったです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。