スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴァンパイア騎士 8 マンガ感想

(2008-10-05)
ヴァンパイア騎士 8 樋野まつり。



あらまだ画像がないわよ、アマゾンさん・・・。

小説と同時発売ってのは2連ちゃんだと思うので、それなりに小説の方も売れているんでしょうね。私は手を出しませんが^^
少女漫画の小説版って、かなり・・・かなりな文体な事が多いので、さすがに中高生でない者にとっては、キツイ。ま、これに関しては読んでおりませんので一概には言えませんが、今まで読んできた少女漫画の小説版はほぼ、「あたしが・・ゆった。」みたいな文体だったので、ちょっと苦手意識が先に立っているのかもしれません^^。


さて8巻。
話がやっと動き出した感じはしましたね。ただ、こういう過去だったのか!みたいな、やっと謎が明かされた爽快感はなく、こうなんと言うか・・・もやもや。

兄妹であって兄妹でない、と?
李土と優希の父が兄弟で?で、枢には李土にとどめがさせなくて??・・・ぐるんぐるんぐるん、まてまて。ちょっと待て。
整理しないと分からなくなってきました。

優姫は吸血鬼だったと。これは分かった^^
優姫を守るために優姫のおかーさんが、自分の命と引き換えに、人間にした、と。それを枢が戻したんだよね?

零もヴァンパイアだし、人間グループが「ハイ消えたー!」って感じでちょっと残念。全員ヴァンパイアかよ、って。

理事長はねえ・・・どっちグループなんでしょう。
それにしても、ハンター協会のあの人まで・・・!

話がかなり途中なので、何とも感想の書きようがありませんが・・・。

しかし次の巻、来月出るんだって。すごいねえ。
アニメも2期だって。このアニメはそれなりに評判がいいらしいです。でもこういう雰囲気こそアニメに合ってるよね。中学生くらいの私なら喜んでハマってそうだわ。さすがに今はアニメまで見ようとは思わないけど^^

閑と壱婁(糸へんが出まへん・・・)の関係は非常に好きですね。

そしてこの8巻、最初から最後まで優姫と枢がいちゃいちゃらぶらぶなんですが^^、でもこの話のゴールは優姫と零だと思うんですよねえ。なんとなくね。悲恋かもしれないけどね。
その分、今っつかこの巻で、零・・・非常に不遇です^^。この不遇が報われると信じてるよ!!
・・・ただ話の向う方向が、私の思ってる方向に向かってないのが不安です(笑)


小説版はこり。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。