スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


篤姫 ドラマ感想

(2008-09-01)
毎週毎週本当に次回が楽しみでたまりません。

さてさて、和宮が降嫁なさいましたねー。
堀北真希さん。すんごいしゃべらない人なのよ。その分、心の動きを目線とかで表してらっしゃると思うんですが、結構これが上手い、と思って見ております。
宮さまがべらべらしゃべっちゃダメなのよね、きっと^^

対して、家茂公。松田翔太くん。
ライアーゲームで一目で惚れて^^、花男の西門さんでも結構よくて(放送順は逆だと思いますが、私が見たのはこの順序だったので)、今お気に入りの俳優さんなんですが!

最初時代劇って、どうなん?と思ったら、あの目元が非常にちょんまげに合うのよ!和風の涼しげな目元なのよねえ。で、あら、意外といけるじゃん・・・と思って見ていたのに、何だか台詞が棒読み調・・・。あえて?でも何故?・・・と、ちょっと気になります。

さて、今回は和宮が寝所で懐剣を忍ばせている・・・という目撃情報を、篤姫、もとい、天障院が確かめる、と言う話。

どないして確かめるか・・・って、やっぱ力づくか!さすが篤姫、こうでなくっちゃ^^

今回は久しぶりに本寿院さまも出て来て、嬉しかったー^^
最初は朝の仏壇前で、手を合わせることもしない和宮に激怒する彼女でしたが、家茂と打ち解けて、きちんと手を合わせるようになった彼女を覗き込むように見ていた彼女のキュートな姿がナイスでした。

でも、お渡りの際の出来事を、滝山と、重野と、3人で頭をつき合わせて「ううーむ」と悩む所なんか、まるで家定公のお渡りの時、本寿院と幾島と滝島と、歌橋??とで頭をつき合わせて考えていた姿とそっくり。
これまた何だか笑えました。

そんな事まで心配しなきゃいけないのねえ・・・^^。

家茂は天障院の言われたとおり、家定がしたように、表の事まで心を開いて和宮に話し、2人打ち解けた姿は非常に微笑ましく、かわいらしかったです。

薩摩。
西郷どん!殿様に向ってそれはあんまりだあ!と思ってしまうきっつい台詞。
久光もやっぱり斉彬とは違う。
篤姫のにーちゃんがどうして隠居させられなきゃいけなかったのか、私にはちょっと分かりませんでした。なんで?

そして坂本龍馬はチラ見せで^^
私の坂本龍馬知識は、「おーい龍馬」(漫画)と、新選組!に出てた江口洋介の坂本龍馬程度なので、小松帯刀との関わりなんて全く知りませんでした。

おお!また図書館で借りて来よう^^
今は有吉佐和子の「和宮様御留」を予約中です^^


コメントの投稿

非公開コメント

追いついたよ~

見ました、見ました^^
そして同じく以前から家茂さんの棒読み系がめっちゃ気になって。。。
というか、ちゃんとセリフ言えるのか毎回ドキドキして話に集中できません^^;
顔はいいのに、立ち振る舞いもいいのに。。。
どちらかと言うと好きなタイプなのに。。。
安心して見れていた堺雅人さんが恋しいです←めっちゃ好き^^

宮さんにもずいぶん慣れてきました
最初、あんなにキュートで可愛い堀北まきちゃんが
なぜにこんなに違和感あるんだ?って思って
宮さんが始めて出てきた回も集中できませんでした(汗)
あひるんるんちゃんが日本髪結っても全く違和感なかったのに、宮さんはほんと気になって気になって。
しかし鏡を胸元にしのばせるなんて可愛いじゃありませんか?♪

幾島がいなくなったのはめちゃくちゃショックですが
毎回楽しみにしてる。
そうそう。私も時代背景とか人物背景がイマイチよくわからんからウィキで調べながら見てます。

有吉佐和子の

和宮御留は、ずいぶん昔に読みました。やっぱ、代表作だよね。
斉藤由貴の和宮御留をドラマで見て(替え玉)読んでみたの。

みくさん>
追いついたとな!この短期間で。すばらしい。
これからはどきどきしながら共に次週を待ちましょうぞ。

棒読みだよね!やっぱり?みくさんもそう思うなら、ほんまに棒読みなのよ。今まで他の役柄でそんなに気になった事がなかっただけに、この家茂はビジュアル二重丸、しゃべると「ううん????」って感じなのよねー。

家定・・・ほんまによかったよね。
最初の「のほほほほー!」から、あの最後の篤姫に対する態度までの変遷が、素晴らしかった。
堺さんに惹かれて「クライマーズハイ」まで見に行っちゃったよ^^
今は「やさぐれぱんだ」借りてます。堺ワールド^^

宮さま、元々の堀北真希さんをほとんど知らなかったので、まあまあこんな髪型だとこんな感じなんだろうって、あんまり違和感も感じなかったどす^^。
あのしゃべらない具合が「宮様~」って感じで、何だかかわいくて好きです。

幾島・・・。
あのひとはもうそこに居るだけでどーーん!と、貫禄があって、更に華があったので、すんごい存在感があったから。重野は重野で押さえ気味でいいんだけど、やっぱあの貫禄には及ばず、画面がちょっと寂しい^^
篤姫も着物が地味になっちゃったから、余計にね。かわいらしい華やかな柄の着物と「おまたがえし」な「御台」時代が懐かしいのう・・・。

むーはん>そうそう、前言ってたよね!身代わりの話。
でも和宮の本って、これ以外にって、あんまり数がないのよ。

まだ連絡来ないので、ろくろっくびになって待ってます^^。
こないだの豊臣家の人々???だっけ?やっぱ大熊持ってるって^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。