スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


俺様ティーチャー マンガ感想

(2008-08-27)
俺様ティーチャー 1、2巻 椿 いづみ。



前回の「親指からロマンス」は途中まで買っていたものの、どーにもこーにも話が迷走しているようで、時間軸のはっきりした話が好きな私にはちょっと物足りない・・・ので挫折。
今回新連載が始まったと言うことで、様子見をしていたんですが、ついポロリと買ってしまいました。



絵が好きなのよねー。この人の。
親指の最初の辺りはまだまだ不慣れな感じがしたけど、最終巻なんてめっちゃ綺麗だったもんねえ。

さて、俺様ティーチャー。
・・・俺様なティーチャーの話でした。

端折るとそうなんですけれども^^、もうちょっと色をつけると、不良で学校中から恐れられていた真冬は、転校をきっかけに自分そのものをもリセットしようとしていた。
けんかもしない、普通の女の子になろう。そう決意した真冬だったが、ある時3対1でのけんかを目撃、3人側の一人がカッターナイフを持ち出した事に切れてしまい、つい助っ人になってしまう。

助けられた男が別に助っ人などしてなくてもよかったような不穏な男だったのが気になるが、またけんかしてしまったことを反省した真冬は学校ではあくまで普通の女の子として・・・!と決意を新にしたのに、なんとその男は真冬のクラスの担任だった。

で、俺様なティーチャーなんですよ。

テンポが非常にいいです。キレがあってコクがある。
真冬がまた全く憎めない・・・というより、ちょっと不憫。
だって俺様・・・鷹臣さん、めちゃくちゃいじめっ子ですもん!こんな担任イヤだ。

そしてこの2人の恋物語と発展していくのか・・・?と思ったら、教室で席が隣になった早坂君。彼がまたいいのです。けんかばかりしている早坂くんは非常に殺気に敏感。
そんな彼と真冬の勘違い会話がまた笑える・・・。全く通じてないのに、通じてる感あり。

そしてそんな彼ばかりではなく、こんな学校にはきっといるのではなかろうか・・・・と思っていたら、やっぱりいた、番長!!
「執事といえばセバスチャン」ばりの「番長を倒した奴が番長」と言う「お約束」込み^^

そして番長はオトメンだった・・・って事はないけど、実はいい奴なんですよ^^

話はどの話も非常にノリがよく、絵も綺麗だし、登場人物も濃くていいのですが、ひとつだけ、多分この方の漫画がそうなんでしょうけど、やっぱり時間軸がはっきりしない。エピソードに次ぐエピソード・・・って感じになっていきそうな予感がするのが難だなあ。

そんでもって、色恋色もうっすいしね^^。
私は色恋はある程度欲しいなあ・・・。少女漫画だしなあ・・・。

と、言うわけで、とってもとっても楽しく拝見はしましたが、3巻以降買うかどうかは保留とさせてください^^
とりあえず友の会には回覧いたします。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。