スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


篤姫 ドラマ感想

(2008-07-21)
油断した・・・っ!
何となく、「新選組!」の山南さんの切腹の回の次の回が、妙にすっとぼけた、前回の涙を引きずらない回だったので、今回もすっとボケまではしないまでも、悲しいのは続かないかな・・・?と思って、気楽に見てしまったら、又しても、ぼったぼった^^

お人形さんのように座って、ただホロホロホロホロ涙を流す篤姫の痛々しいことと言ったら。
自分のせいだと責め、事実を知らされなかった辛い思いを、今だ知らされていないふたりにこれ以上味あわせたくないと、お志賀に告げて、責められて、本寿院さまに告げて、激高され。

でもそうやって責められる事で、篤姫自身も納得してしまっているような感がありましたね。
責められるべきだと。

それにしても、井伊直弼の憎憎しい面構え。
信念持ってやってる人なんだと思ってたら、今回のはいかんだろう。ちゃんと公方様に言われた事なのに、しれっと「初耳でございます」たー・・・。
これからも彼と戦っていかねばならんのですねえ・・・。身分としては明らかに篤姫の方が上ですが、どのくらい力を発揮出来るものなのか。自分の息子がいれば、その口から自分の意見も通せるんだろうけど・・・。
家茂との関係にも寄るのか。

薩摩もどんどんきな臭く・・・。

次回は幾島が・・・!
ここまでほとんど一心同体ですごしてきた彼女が、どうして、離れてしまうのか。前知識なしで拝見しておりますので、また次回も目が離せません。

ほんまに、1クールが1年と言う長いドラマで、毎回毎回次回が待ち遠しいなんて、すごい事でございます。これからも怒涛の展開が待ってるはずなので、楽しみです^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。