スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シュレック 映画感想

(2008-07-15)


シュレック、USJではおなじみのキャラクターですが、実際の映画は見た事がなかったんですね。
ハッピーハーモニーセレブレーションとかでも4つの山車のうち1つはこのシュレックの山車だし、USJの中では大きな位置づけだから、人気があるのかなあ程度で。

ストーリーもキャラも知らないのに、↑のパレードではサングラスかけたねずみが大好きで、行ったらその写真ばっか撮ってる私^^

月曜にテレビでしてたのを録って見たので、当然吹き替え版でしたが、これがまた面白い!!
ハマちゃん、めっちゃ関西弁のままでいい感じでしたよね。
ちょっと投げやりなやる気なさげな感じがすっごいよかったー^^

ドンキーがまたいい。このドンキー、めっちゃキャラがかぶるのがドリー(@ニモ)なんですけど、そう思いません?「ド」もかぶってる^^←ドーでもいい。

フィオナ姫も、USJのパレードでにこやかにしてる彼女しか知らないので、ああいう、いわゆる「お姫様系」の人なんだろうなあ・・・と思って見てたので、今回の映画は衝撃でした。

とらわれの搭から助け出されるシーンを自分で演出しようとしてる所にまず笑えましたが、これはまあ、「おてんばなお姫様」の範疇かなと。
問題はその後!シュレックに助け出され、野宿した翌朝、鳥と一緒に歌いだすフィオナ姫。
アメリカ映画のお伽話のお姫様がする、おきまりの習慣よ。そんな気持ちで何気なく見てたら、いきなり親鳥、フィオナ姫の高音と張り合って、ぽん!と弾けてしまい、飛び散る鳥の羽・・・。残ったのは足だけ・・・・。

思わず目が点!お伽話やろ!?

そして巣に残された3つの卵。
ええ、私はこのお姫様が不憫に思って、親鳥の代わりに暖めて孵してあげるんだわ・・・と思いましたよ!真剣そう思ったのよ!
次のシーンで3つの目玉焼きを焼いてるフィオナ姫・・・・。

喰うんかい!!

これはほんまに、顔から目がごろりと落ちるほど驚きましたよ!!
はっ!いかんいかん、シュレックに喰われてしまう。

しかし、この時点でシュレックとくっつくとは思えないフィオナ姫。・・・一体どうオチをつけるんだ(笑)と思っておりましたら、恋には一瞬で落ちてしまうのがアメリカ映画^^
ま、これはこれで。

それにしてももう細かいところで笑いどころ満載!!
ちょっとシュール過ぎるなあと思った部分もあるけど(ジンジャーマンの足を折るとか。ジンジャーマンはUSJのパレードでも出てくるけど、足に怪我なんかしてなかったような・・・?)、寸足らずのファークアード卿を馬から下ろす時とか、ウェディングケーキに彼の人形を埋め込む所とか、とにかく細かいところで「ぶっ!」と思わず噴出してしまうシーンが多くて、めちゃめちゃ楽しい映画でした。

吹き替えじゃない版も見てみたいなあ。
声優さん、めちゃめちゃ豪華ですよね!

ところであのネズミ達、出番あれだけなんですか!?
私、もっとめっちゃ濃いキャラだと思ってたのに(笑)
それだけがちょっと残念。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。