スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パッチギ! 映画感想

(2008-06-12)
パッチギ!を、今回は借りてきました。



市原くんは出ておりませんが、ルーキーズメンバーがいっぱい出てるとこの事で、レンタル。
そしたらまたしても沢尻エリカさんが出てました^^

どーにもこーにも、私の「初沢尻エリカ」が、例の「別に」事件だったので(それまでは名前くらいは聞いたことがある・・・っていう認識)、多分この先彼女に好印象を抱くことはないと思いますが、でも正直、この映画の彼女はかわいかった。本当に。でも好きにはなれないけど。これはこれ、それはそれで。
でもほんまにこんなかわいらしい役も出来ているんだという事は認めざるをえまい^^

この映画に出てるのは、ROOKIES関係では高岡蒼甫、尾上寛之、小出恵介、平塚・・・じゃなくて桐谷健太・・・かな。
おお!結構出てる。

ビートルズが流行っていた1968年京都。
康介(塩谷瞬)らが通う府立高校と、朝鮮高校は敵対しており、事あるごとに問題を起こしていた。そんなある日、康介の担任が「サッカーの親善試合を申し込んで来い」と、言い出す。
恐る恐る出向いた朝鮮高校で、吹奏楽部のキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれ。
キョンジャは朝鮮高校の番長、アンソン(高岡蒼甫)の妹だった。

康介とキョンジャがちょっとずつ近づいていく・・・と言うのを軸に、在日朝鮮人の人たちと、自分たち日本人の壁みたいなもの、そしてそれでも理解しあえないわけじゃなんだよ、と言うストーリーだったと思います。

それにしても「番長」。今いらっしゃるんでしょうか。ほんまに「愛と誠」とかあの辺りの世界ですよね。

とにかくけんかのシーンが多くて、かなりえげつなく、私はちょっと怖かったです。
高岡さんは、若菜よりももっと熱かった^^すんごい血の気の多いにーちゃんでございました。

朝高と敵対してるのは、康介の高校全体ではなく、そこの空手部とであって、街中だろうがどこでだろうが、顔を合わせた途端始まる殴り合い。その空手部に桐谷くんがいるんですが、ほんまにどこにいても桐谷健太は桐谷健太だわ。

けんかばっかしていても、その背景はかなり重いです。
キョンジャを好きになり、アンソンとも打ち解けていく康介。でもキョンジャたちが住む地区のおじいさんに、手ひどく糾弾される。「あんたたち日本人が自分たちにした事を、知っているのか!」と。

何も言葉を返せない康介。
彼はその後、ラジオの歌番組(?)で、「テムジン河」を懸命に歌う。この歌は南北朝鮮がいつ日かひとつになってくれと願う、当時は放送禁止の歌だった。
その歌はキョンジャの耳に入り、そしてその地区の人たちの耳にも入って・・・。

最後はめでたしめでたし・・・。いろんな問題が解決した訳ではないけど、理解し合える人たちもいる、と言った感じで。

何気にオダジョーが出ていたり、大友康平がめっちゃいい味出してたりで、思った以上に面白く拝見できました。

ちなみにパッチギ!と言うのは、「突き破る、乗り越える」と言う意味で、「頭突き」の事もさすんだそうです。
ラスト近く、アンソンが「これがパッチギじゃーっ!」と、頭突きする姿はかっこよかった。
・・・でもけんかシーンは怖かった^^そんな映画でした。

御子柴くんは最初結構出てたけど、後半ほとんど見なかったなあ・・・。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【パッチギ!】についての検索結果をリンク集にして…

パッチギ! に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

コメントの投稿

非公開コメント

これは

ずいぶん前に見ました~^^
イムジン河の唄が頭から離れずに、しばらくの間You Tubeさんにお世話になり毎日聴いていたよ~
今でも歌えるよ~(笑)
いい唄だよね。でも怖かったけど。バスひっくり返えしたりするけど。
当時素顔の若菜を知らなかったから怖いお兄ちゃんやなぁって思ってたけど
さんちゃんねるで気の弱い優しいマジメなお兄ちゃんだと知ってからはこんな役でも安心して見れそうだわ。

今日はお疲れ様でした。おかげさまでほんと楽しい1日が過ごせました
ほんとにありがとう

こちらこそ

今日はお疲れ様!&ありがとう!!
めっちゃ楽しかったー^^
ブリーチも1冊は読んだよ。アニメの絵がきれいでびっくりした。

イムジン河のメロディはものすごく耳に残るよね。戦う歌じゃなくて、願う歌だから、優しいメロディだし胸に響く。

最初、キョンジャが空手部に絡まれた時、一緒にいた女の子が「仲間を呼んでくる」って呼びに行くでしょ。
4、5人連れてくるのかと思ったら・・・あの大集団で坂を「うおおおおおおおおおお!」って駆け下りてきたのにびっくりした^^で、バスをもひっくり返しちゃうんだよね。すんごい団結力。

あれだけ見てたらきっと怖いにーちゃんだと思ってたと思う。こないだのうたばんを見る前まで、私が「城田優」をすんごい怖いにーちゃんだと思ってたのと同じで。

役者さんの迫力ってすごいねえ^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。