スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェケラッチョ 映画感想

(2008-06-02)
イキオイに任せて借りてきました。
市原隼人モノ3作。

最初に見たのはチェケラッチョ。



なんかほのぼのしてて、めっちゃかわいい話でした。

高校3年生の徹、暁、哲雄は唯に誘われてワーカホリックと言うインディーズバンドのライブを見に行く事に。そこでラップに目覚め、自分たちでもやってみよう!と、その場のイキオイでバンドを組む事を決めるが・・・。って話。

唯は徹に片思い中だけど、いっつもおばかな徹につい意地悪・・・?というか、乱暴してしまう^^。←それは小学生男子のやる事だ^^
そんな徹は水族館で見つけた年上の「なぎささん」に一目ぼれ。もうでれでれ状態。

バンドを組んで、バンド名を近所のおばーちゃん達の多数決で決めたりしてる状態なのに、哲雄がワーカホリックの前座と言うライブを決めてきてしまう。
かっこよくてライブで熱狂的なファンのいるワーホリの前座で、たかが数日前に組んだばかりのバンドがまともに演奏できるはずもなく。
散々な結果に落ち込む3人。

前座が上手くいったら付き合って!と言おうなんて思ってた徹だが、メタメタな結果のうえ、なぎささんはワーホリのヴォーカルの彼女だと言う事まで分かっちゃう。

さて結末やいかに。

安仁屋以外の市原隼人初見です^^
2年位前の映画なのかな?なんか、市原隼人・・・こざる(笑)。そんな感じなのよ。めちゃくちゃかわいいです。

ホンマになぎささんのバイクに乗っけてもらって、なぎささんにしがみついてる姿なんて、子ザル以外の何者でもないぞ!

この映画では市原隼人のラップが聞けます。
私は市原隼人の顔ももちろんですが、それよりも声に落ちたので、その歌が聴けるなんて、めっちゃおいしいDVDでした。
ちょっとかすれててね、以外と低くてね、いい声だ・・・。
歌、うまかったすよ!

唯は井上真央ちゃん。
徹に「格闘バカ」と言われる格闘派。徹に「好き」・・・と言おうとして、言えなくて蹴り入れて海に突き落としちゃう・・・ようなお嬢さん。
不器用だけど、優しくしたいのにね。その辺りが、若いなあ・・・って感じで、これまた非常に微笑ましたかったです。
しゃべり方がどーしてもつくしにかぶっちゃうけど。当たり役をやってしまった俳優さん(女優さん)の宿命か。

哲雄役の平岡裕太。この人、プロポーズ大作戦でも出てましたよね?
その時も「好みの顔だ」と思ったのよ。結構好き。

唯のお姉ちゃんの結婚相手アンディーに、何とKONISIKI!
ほんまに、なんて愛嬌のある人でしょう!あの大きな体をゆさゆさゆすってのダンスは、リズム感があって、非常にいい感じ。
彼も非常にかわいかった。

唯のおねーちゃんの美奈さんは、とても怖かった・・・・^^

そしてワーホリのヴォーカルは、これまたきれい顔の玉鉄。

ラスト、哲雄の「イキオイで納得させるなーーー!」って言う台詞で思わずぶふ!と笑ってたら、画面は本当に綺麗綺麗な沖縄の青い海。広い空。
爽快な気持ちで、見終えることができました。

面白かったです^^

何気に方言フェチな私。方言使う殿方は2割増しにかっこよく見え、娘さんは5割増しにかわいく見えるんですが、この映画でも、もちろんポイント高かったですよ^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。