スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幸せになるための27のドレス

(2008-05-28)


幸せになるための27のドレスを本日先行上映1000円なり~だったので、みーこさんと見て来ました。

前知識は0。
私より大熊のほうがよく知っていて、「明日こういう映画見に行くんだー」と言ったら、「自分の好きな相手を意地悪な妹に取られてどーのこーのな映画だろ」なんて言われ、「えっ?楽しい映画じゃないの?暗い映画なの?」と、ちょっと不安に。

でも大丈夫。
めっさ面白い、楽しい映画でしたー。

8歳で自分の天職を知ったジェーン。それは結婚式をサポートする役目。
友達の結婚式の衣装合わせを手伝ったり、結婚式に必要ないろいろな雑事を引き受けたり、当日はブライドメイドとして、時には掛け持ちしてふたつの式に出る荒業も。

友達をお祝いするばかりのジェーンだけど、プライベートでは仕事のボスに片思い。
ところがいきなりやって来た、性格の悪い妹に、その上司は一目ぼれ。

そんな彼女に興味を抱いたのが新聞の結婚式ページの記者、ケビン。彼はこんな結婚式のページでなく、もっと他の仕事をしたかった。
そして彼は、ブライドメイドばかりしている彼女を記事に仕立てようと企画。彼女に近づき、記事を仕立てるが、いつの間にか彼女に惹かれており、記事にする事に後ろめたさを感じ始めていた・・・。

まあ最後はみんなが想像できる通りの終わり方ではありますが。
惹かれていって、気持ちの行き違いがあって、最後はハッピーエンドっていう、アメリカ恋愛コメディ映画の王道とでもいうべき映画。

ジェーンが非常にかわいい。
それにしても私、ブライドメイドなるものの存在も知らなかったので、さっきちらっと調べてみましたら、あちらではお友達は親戚の、花嫁さんと年の近い人たちがお揃いのドレスを着て、花嫁さんの付添い人となる風習があるらしい。
で、その時作ってもらったドレスはもらえるんだって。

だからジェーンはあんなにクロゼットが閉まらないくらいドレスを持ってたんですねー!自分で買うのかと思っちゃった。物入りやなーって感心してたら、違うみたい。

上司、あんまりいい男に思えなくて、なんでこんなのがいいんだろ?と思ってたけどね^^
でも最後にキスして、ふたりして「何も感じない」って言い合うシーンはすっごい微笑ましくて、ボスがかわいく見えました。

負のダブルパンチを食らってしまった直後、妹の結婚式を台無しにしてしまうジェーン。
「あれはやり過ぎやろ。何もあんな場面で・・・」と、思いましたが、でもまるっきり同じ台詞を親友にも言われ、ジェーン自身ものすごい後悔してるのが伝わってきて、このシーンも良かったです。

ジェーンからの告白は、もう本当に安心して見ていられるハッピーエンド。
「1年後」のシーンは、妹とボスの関係も修復しそう・・?な感じだし、親友同士もいい感じだし、そして何よりあのブライドメイドたちの衣装が最高に笑えて、めちゃめちゃうまい具合にまとまった、本当に見終わってニコニコしながら映画館を出れる、いい映画でした。

面白かった!
やっぱりこういう映画が好きだー^^

帰って、急に「あなたが寝てる間に」が見たくなっちゃった。←同系統の映画^^
見終わってからみーこさんとお茶できる時間が欲しかったなあ。そこで語りたかった・・・!下娘がもう下校してる時間だったので、お茶できなくて本当に残念。
今度語ろうね^^

追記:ケビン役のジェームズ・マースデンって、どっかで見たことあると思ったら、ヘアスプレーのコーニー・コリンズ、魔法にかけられての王子様だったのね!!
髪型変わると誰が誰だか分からなくなる、人間を見分けるのがこの世で最も不得意な私ですが、目に見覚えがあったのよ!
瞳が特徴的な人ですよね。

ここしばらく彼の映画、全部見てるって事じゃん(笑)ちょっとこれからも注目してみよう。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。