スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薔薇のない花屋 最終回 ドラマ感想

(2008-03-25)
間1回抜けちゃったけど、でも最後まで見終える事ができました。

結局謎なんて無かったのね!とってもわくわくしてたのに。ちぇって感じ。
話としては、特にめっちゃ面白かった!とか、DVD-BOX欲しい!とかは^^思わないけど、まあまあかなあ。

最終回、謎解きも何もなく、ほのぼのと終わってしまいました。
おとーさんの手術、成功してよかったねえ。この辺りはふーん・・・って感じで。

ただ、本仮屋ユイカさん。めっちゃかわいかったー!この人はスウィングガールズの時からお気に入りなんですが、今回、ビデオでの一人語りオンリーだったけど、でもよかった。
最後、「私の勝ちよ」の台詞は、ぞくっと来てうるっと来た(笑)あの台詞の表情が本当に、素敵でした。
玉鉄が落涙したシーン。これがあって良かったー・・・。彼も少し救われたように思えました。

そして、真実を明かしてから初めて会った雫と英治。
もうこの2人のシーンは、たまらなくいい。雫ちゃんがもう丸かじりしたくなるほどかわいい。慎吾ちゃんの手がまたでっかくて、それに添える雫ちゃんの手が小さいのがいとおしい。あの大きさの差がぐっときます。きません^^?←手フェチですから・・・。

じーちゃんとも和解できて、松田翔太も当たり前のように近くにいて。みんなが幸せ。
お誕生日会^^で、思わず涙ぐむ慎吾ちゃんを、心配そうに覗き込む雫ちゃんの顔!あの顔で泣けた。この子、ちょっとすごいぞ。
このシーンが、幸せでちょっと泣けました。よかったね・・・。

やっぱりどうしてもどうしても美桜さんが好きになれないので、彼女と最後にくっつくのは「うーん」と思ってしまうのですが、まあいいや。
彼女を抱っこする慎吾ちゃんにはちょっとときめきましたので、それで良しとするか(笑)!

エンディング、長い目バージョンでしたね。
あの雪山が何かの謎を示唆してるのかと思ったのに。ざんねーん。

ま、それなりでした。慎吾ちゃんと雫ちゃんの親子物語としてみたら、結構よかったけど、美桜さんと慎吾ちゃんの恋物語としてみるなら、どーでもいい話でございました。美桜さん好きな方にはすんません・・・^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。