スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界フィギュアスケート選手権 男子フリー プチ感想

(2008-03-23)
あんなに楽しみにしてたのに、終わってしまうのは本当に一瞬よのう・・・。

男子フリー、リアルタイムで観戦させていただきました。まさか!?な結果にびっくりしましたが。
男子の扱いの軽さ、そしてアイスダンスやペアの競技はまるで無かったかのような無視加減、選手の演技中に「国分さん国分さん」と、アイドルに話しかける無神経さ。(国分くんにもTOKIOにも悪感情は全くありませんが、スケートにアイドルは必要ないと思いますので。)

どこれもこれも許しがたいことではありますが、表彰式を最後まで放送した事だけは、ちょっと見直しました。日本人選手がいなかったので、どーせはしょるだろうと思ってたからさ。これはちょっと、認めざるをえまい^^

さて。
本当に印象に残った人だけ。

小塚くん。いや、初大会でよー頑張った!ほんとうに、あの位置は大健闘ではあるまいか。彼のスケートの美しさは必ず強力な武器になると思うので(バトルのスケートとちょっと似てると思う・・・^^)、今後におおいに期待したいです。

バンデルペレン。3-3-3にはびっくり。素晴らしい迫力でした。3-3-3なんて初めて見たわ^^

ランビエールは、ううーむ、ううーむ。
本当に毎回書いておりますが、このFSのプログラム、めちゃめちゃ好きなんですよ。ジャンプ以外でこれだけわくわくうっとりと拝見できるプログラムが他にあろうか。
この雰囲気作りのうまさ、そして色っぽさ、ずっと見ていたい様な気にさせられる、素晴らしいプログラムだと思います。
・・・それがこの大会で終わりかもしれないのは、そしてこの出来で終わりかもしれないのはもうたかが一視聴者が見たって、もったいない!と思ってしまうのです。

ジャンプがね・・・。もう鬼門だからね。ジャンプがクリーンに飛べないと、もう点が・・・。
スピンは圧巻でしたが。ストレートラインも、大好き。・・・今大会で終わってしまうのかのう・・・もったいないのう・・・。←まだ言ってる^^

大熊は「でかい手が気に入った」と、ランビもお気に入りのご様子。「かわい子ちゃんリスト」には登録されたのでしょうか?

最初ベルネルが大崩れした時、もう決まりだな、と思いました。
高橋くんが、1位か2位は決まった、と。ウィアーは調子がよさそうだから、表彰台は乗るだろうなあ。後はランビエールかな?
ジュベールは今期本当に調子を崩していて、ちょっと今大会も元気なさそうだし、バトルは去年もそうだったけど、SPがめっちゃ良かったのにFSでガタガタになることが多いから、金メダルはありえないだろうと。だって去年の再来のように、又しても最終滑走だよ。

と、思って最終グループを見始めて、まさかこんな結果になるとはお釈迦様でも思うめえ^^もうびっくりしたー!

ウィアーは確かにグランプリシリーズで見た絶好調といった感の彼からすると、ちょっと精彩を欠いたようには見えましたが、でも大きなミスもなくまとめて。ああ、これは表彰台だ、と。

その後でまさか高橋くんがあんな崩れ方をするとは、去年のオペラ座から見てる人間は思ってなかったと思います^^最近のあの大舞台に強い彼が!と言う感じ。
最初の4回転が決まった時は「もらった!」と、確かに思ったのに(笑)←お前が何をもらうんじゃ。

ちょっとねえ・・・。本当にびっくりしました。最後、バトルの結果が出るや否やキャリーバッグまで抱えて帰るところでしたもんね^^。
用意早!!
もう自分で分かってるんでしょうしね。今回は、残念だけど、自滅、でしたね。
でもいい。次はまたどんなプログラムを用意してくれるのかを、今からわっくわくして待ちたいです。
本当にお疲れ様!

そして。ジュベールにはだまされた・・・。ええ、もう見事にだまされましたとも。見終わって、「やられた!」と思いましたもん^^
先シーズンの、憎らしいほどに強い彼の復活、でしたね。4回転を押さえる余裕まで見せてくれちゃって。まあそれが結果的には・・・・だったんですけどね。
ランビと続けて演技を見たので、なんだか本当にこの2人のカラーが際立って見えました。
どっちも非常に「男らしい」タイプだと思うんですが、ジュベールは、めっさ硬質。ぴんと張り詰めたような空気をまとう感じ。ジャンプひとつも切れるような回転。・・・王者復活、といった印象で拝見しました。

そして、昨日の驚きっぱなしのFSで、一番驚いたのはバトル。←失礼^^
素晴らしかった。ほんとうに。昨日の演技は最高でした。きっちり、丁寧に。きれいで、そして滑らかな彼の持ち味が存分に発揮されて。
本当に本当に、よかった。
4回転飛ばないのにあの技術点の高さ、もう本当に鳥肌が立ちました。

今回は女子も男子も最終滑走者が見事な演技でしたね。
高橋くんが表彰台に乗れなかったのは残念ですが、でも素晴らしい演技がたくさん見れて、めちゃめちゃ幸せでした。

それにしても、最終滑走者の面子を見て、大熊が言った一言。「この最終グループ、イケメンパラダイスやな。」

この言葉がすべてを表しております。
本当に、どの人もどの人も、タイプはもう全く違うタイプを取り揃えて、めっちゃみんなかっこいいのよ!!あの顔、スタイルと、世界最高の実力を兼ね備えてるんですよ。
そんなスポーツを、もっとみんなが見やすい時間に放送したらどれだけ美味しいかと思うんですけどね^^
スケートを好きになる乙女が増えると思うんですけど、どうですか^^
それが分かってないフジは本当にアホやなあと。・・・オチがついた所で、世界選手権の感想を〆たいと思います。

ものすごいレベル高い戦いでした。選手みんなに、一人スタンディングオベーション^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。