スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魔法にかけられて 映画感想

(2008-03-20)
mahou.jpg


見ましたー^^
今日は1000円デーだったのですっごい人でしたが、日曜日に券を既に買っていたのでよかったです。
1000円デーと休日が重なる日はもうこれから必須だね。前もって買っておく事は。肝に銘じましょう。

ネットで予約して、クレジットカードで当日支払う方法もあるけど(Eリザーブとか)、あれ、券1枚に付き100円手数料取るでしょ?あれ、本当に納得いかーーーーーん!のよ。

だってキャンセルとか効かないんじゃなかったっけ?だったら、こっち都合で予定があわなくなったって、お金は勝手に引き落としちゃう訳じゃん。あらかじめそれでもいいと思って、ちゃんと予約してる人には逆にサービスつけたっていいくらいだと思うのに、手数料取るのか。100円もかかる手数料って一体何にかかっておるのか。ネットで予約して当日紙切れ出すだけじゃん。人手だって要らないし・・・。
さらにこれ、6人しか取れないはずなのよ。あまりにも規制が多いので、少なくとも100円の手数料が無料にならない限り、私は使う気がいたしません。
・・・近いから買いに行けちゃうんだけどね^^

さて、映画。
めちゃめちゃ面白かった!!予告編を見た時からずっと見たい見たいと思ってた映画ですが、全く期待を裏切りませんでしたね。

突っ込みどころは満載ですよ。ええ。でもそんな事を吹き飛ばしてしまうディズニーマジック。・・・というか、「だってディズニーだしな」で、すべてを納得させられてしまうエンターテイメントでございました。

白雪姫ありーの、眠れる森の美女ありーの、シンデレラありーの。プリンセスシリーズがお好きな方にはたまりません。

相変わらず王子とお姫様はあっちゅー間に恋に落ちて結婚式を迎えてしまうわけですけれども。それにしても、ディズニーの王子ってどいつもこいつもナンパ野郎だよなあ^^

いざ結婚式!とお城に行ったら、王子の継母(@魔女)にだまされて、異世界に突き落とされてしまう。恐る恐る開けた異世界の蓋は、なんとニューヨークのとおりの真ん中のマンホールの蓋だった!

もんのすごいボリュームのフワンフワンドレスでNYの人ごみに流されまくるジゼル(@お姫様)。雨は降ってくるし、浮浪者にはティアラを取られてしまうし、もう踏んだり蹴ったりの所で、現実主義な弁護士ロバートと6歳の娘に拾われる。

最初は頭のおかしな娘と思われているジゼル。そりゃそーだ。格好が既に奇妙奇天烈だし、言ってる事もとんちんかん。
朝、散らかりまくった部屋を片付ける際に、窓から「ららー♪」と歌い出だすと、NYのねずみやリス、はえにごきぶり、ハト達が集まって、部屋中を掃除してくれる・・・。
ゴキブリが掃除してくれた部屋・・・・。ううっ!
ドブネズミが洗ってくれたお皿・・・。くくっ!でもそんな事を気にしていてはいかんのですよ、きっと!!
白雪姫なんかのアニメの世界では、ごくごく普通のこんなシーンが、実写のリアルなNYの部屋でされるとどれだけシュールか(笑)!
もう笑いが止まりませんでした。

当然部屋の主のロバートも驚いて追い出しまくっました^^当然だ・・・。

昨日のフワンフワンのドレスではない新しいちょっとシンプルなドレスに着替えたジゼル。確か身一つで落とされたはずなのに、ドレスは一体どこから・・・?と思ったら、なんとびっくり、居間のカーテンがまさにジゼルのドレスの形に切り抜かれてて(笑)

やる事なす事、まさ「におとぎ話のお姫様」なジゼルに振り回されて、一時は手放そうとしたロバート。・・・というか、あれはどう見ても捨て子・・・・^^?
でもほうって置けなくて、やっぱり面倒を見てしまう。そんな事をしてるうちに、彼女のその天真爛漫な姿に惹かれていってしまう・・・のだが!!

愛するジゼルを取り戻すためにNYにやってくるナンパ王子とジゼルの友達のリス。彼をジゼルに会わせるなと女王の命令を受けた太っちょ執事も続いてやってくる。
執事のやり方に業を煮やした女王まで最後にはNYにやって来て。

まあ執事は何だか世界に非常になじんでたけど、王子はまたこれが天然も天然。彼のする事なす事笑えます。
本当に一生懸命ジゼルを探してやっと会えたのに、ジゼルの心はロバートに。

ああ、もうこの王子が不憫で不憫でしょうがないや!と思っておりましたが、最後にはちゃんと王子のハッピーエンディングも用意されておりました。よかったよかった。

結局女王だって、誰も追い出すなんて言ってないのにねえって^^一人思い込んで、結局自滅。おとぎ話の悪役には多いタイプか。

ジゼルはラストの現代風なスッキリしたドレスよりも、最初のフワンフワンとか、2着目3着目のドレスの方が似合っててかわいかったのに。あの舞踏会にはスッキリしたドレスはかえって場違いな感じ。

でも最後、ドラゴンにとらわれたロバートを助けるのは剣を握ったジゼル。かっちょいいーーーーー!さすが現代版おとぎ話は女が強い^^
最後王子様もアニメの世界で連れ帰った彼女に、押し倒さんばかりの勢いで唇を奪われてましたね^^女の子達の強い事強い事!!

そして、キャストの中で誰?よりも輝いていたのは、ジゼルの友達のリス!!
彼がいなければこの映画は成り立たないというくらいの大活躍。言葉が通じなくなってしまった世界で、なんとか王子にジゼルの危険を知らせようとするけれど・・・。
体を張った懸命なパントマイムにも、鈍感王子は全く通じず^^
りす、最高です・・・!

すべてが丸く納まった後の後日談も、ディズニーならではの幸せな結末。これぞハッピーエンド。
太っちょ執事の成功も必見です^^


コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

チケットありがとうね~。
面白かったよねー、特に毒りんごの威力も半端じゃないし。
リスの生命力の強さも。

しかし、なんて勝手なお姫様。現実に目覚めたとたん、王子は捨てられるし。
しかし、ディズニーの王子はこゆいわ。

あのどくリンゴ

半端じゃねえ。でもあれだけの威力があるのに、刺さってた串は大丈夫だったんですかいの?そんな事が気になる今日この頃。

リスの生命力は脱帽。昨日はハンガーにかけられたリスごっこをしました。一緒にどう^^?

大丈夫。
王子はきっと、振られて傷ついたの、3分くらいだよ。おとぎの世界の登場人物達のたくましさに、現実世界の我らは太刀打ちできないと思われます。
振り向いたら忘れてる・・・くらいじゃないと^^←それはネコ並み
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。