スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放課後保健室 最終巻 マンガ感想

(2008-01-30)
放課後保健室 10 水城せとな。



終わりましたー。
もたつきも変な引き延ばしもなく、綺麗に終わったのではないでしょうか。

前までの巻の内容を全部覚えてないせいかもしれませんが、あれ?あれは解決してたんだっけ?とか思うこともあったけど、まあまあ「こういう事だったのか」と。

個人的にはちょっと「夢落ち(マンガ界最大の禁じ手・・・と私が勝手に思ってる^^)」に通じるところがあったように思えました。
なので、おお!すっきり、とはいきませんでした。

でもあの不可思議な世界の理由としてはこの方法が一番スッキリするのか。ううーむ。

昔読んだ某少女まんが(「小麦パ○ック」^^夢落ち)は、ラストでちゃぶ台返したくなりましたが、これはすべてがすっきりとはいかないまでも、まあ納得できる終わり方ではあったかと。

それにしてもこの巻では、蒼と真白がもういちゃいちゃしていてこっぱずかしいほどで幸せーな感じで、それがとっても読んでる方も「よかったねえ」と思えたんですがね。

さて、ラスト、私はあれはあれで「よかったね」な終わり方と見ましたが、この辺りは個人差があるかと。

とにもかくにも、「どうなるの?」「この意味は?」「この世界ってなんなん?」と、非常に次を知りたくてわくわくするマンガで、10巻というペースも非常によかったと思います。

ちょっと他にないタイプの漫画。興味ひかれた方は是非どうぞ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。