スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おばけパンプキンタルト&ハロウィーンクッキー

(2007-10-25)
例の「子どもといっしょにカンタン手づくりお菓子セット」の第3弾ですよ。3回コースのはずなので、これでおしまいー。

前回の反省を元に、今回はまず箱を開けて払い込み用紙を普段持ち歩くかばんにIN、いつでも払い込めるようセットおっけー。昨日無事ミニストップで^^払い込んで来ました。

これで文句はあるまい!ベネッセ!ふはははは^^。←悪いのはベネッセでなくお前です。

さて。ハロウィンなんだから、ハロウィンに作ればいいのに、私が箱を開けてるのを目撃されてしまったので、子どもの今作ろうすぐ作ろう攻撃に負け、早々に作る羽目に。ま、いっか。

まずタルトから。
グラハムクッキーが入ってるビニール袋の上から手で「もにゅもにゅ」してクッキーをある程度細かくし、最後はコップの底なんかで押さえつけて粉々に。
うちはたまたまテーブルに出てた蜂蜜の容器でぐりぐりしてましたけどね。何でもいいのよ。

溶かしバターと混ぜてセットのタルト型に敷き詰める。これが結構難しそうでした^^

セットのパンプキンペーストに卵と牛乳を入れて混ぜて、型に入れ、200度のオーブンで15分。
「取り出してみて生っぽかったら表面にほんのり焦げ目がつくまで1~2分焼きましょう」なんて書いてあるけど、はっきり言って、15分では周りのふちの方が何とか焼けてるくらいで、真ん中の半径3センチくらいの部分はほとんど生。指で触っても「液体」だったもん!
結局まん中まで焼けるように焼き直す時間は、書いてある時間の倍の時間でした・・・。
なんで?確か前回もそうだったんだよねえ。機種によってばらつきはあるとは言え、倍はないよねえ?

ま、粗熱をとる為に冷まして。でもこのタルト型(紙)、底から油(バターだしね)?が染み出て、ターンテーブルを汚すんですけど・・・。もしもしー?

で、次にクッキー。バターとパンプキンペーストと卵黄と、セットの「クッキー専用粉」なるものを混ぜ混ぜして、棒状に伸ばし、ラップで包んで、菜箸で上下にくぼみを作りつつ冷蔵庫で休ませて。

あとは切って、スプーンでかぼちゃのシワ(?)を作って焼くだけ。

ちなみにクッキーの焼き時間も1.5倍かかりました・・よ?

あとは仕上げ。タルトから。
確かMEIJIの粉のホイップクリームがついてたので、それに牛乳を入れて泡立てるんだけど、本当に魔法みたいにあっちゅー間にあわ立つので楽チン楽チン!と思いきや。

生クリームフェチの娘Bが一口食べて「あ!おいし・・・・・・い???」と。
私も一口「おいしいじゃ・・・・・・・ん????」。

口に入れた瞬間の味はおいしいのよ。なのに、口に残る後味がなんか、なんと表現すればいいのか、変に苦いような、薬臭い感じなのよ。これはこないだの5月の時の粉のホイップクリームの時も思ったー。

一応今回は全体に塗りつけるわけでなく飾りだけなので、絞り出し袋に入れて飾りつけは楽しく出来たんだけど、残ったクリームを、いつもの液体?をあわ立てて作る生クリームなら、マヨちゅっちゅならぬ「生クリームちゅっちゅ」して最後まで吸い尽くす娘Bも「いらない」と^^

おばけの目玉にするチョコチップもたくさん入ってて余ったので、「私は地球のチョコを食べつくすために宇宙からやって来たのだ」と公言するちょっと電波ちゃんな娘Bが、大喜びで「余ったチョコ食べていい?」と聞くので、「いいよ」と。
そしたらひとつ食べて「このチョコ美味しくないからいいわ」と。
このチョコ星人(彼女の体の成分の8割はチョコで出来てます)に「いらない」と言わすチョコってどんなんよ!

チョコペンはどこのだか知りませんが、これは美味しかったみたいで、チョコペンちゅっちゅはしてました^^。

クッキーにも顔をつけて。
出来上がりーーー!!

071025_084416.jpg

本来こうなるはず^^

071020_151534.jpg


まあいろんな顔が出来たものだ^^どこがハロウィンかぼちゃじゃっ!とは思いますが、非常に楽しく出来たようで、これがこのセットの醍醐味だよね。
眉の太いのは「おとーさん」だそうです。あと猫ひげがついた顔もあるよー^^まさに何でもあり。

071020_184701.jpg


タルトは生クリームが余ったので、周りにも飾りつけ。チョコペンも余ったので、結構賑やかな仕上がりになりました。

味は思ったよりいけた^^。
多分美味しくない生クリームとチョコチップが、飾り付け程度で気にならなかったのが^^よかったのではないかと。
クッキーも美味しかったです。

手間もそれ程でなく、楽しいセットでした。

3回の感想。
1回目(こいのぼり)が一番手間も大変で、美味しくない生クリームを全面に塗りたくる作りだったので、味がいまいちだったなあ。
スポンジもあんまり美味しくなかったよ。
形作るのは楽しかったし、出来上がりもかわいかったんだけどね。

2回目(おやこライオンババロア)。かんてんパパだかかんてんママだかそんな名前のゼリーの元だったんですが、これが思いのほか美味しかったです。
生クリームとか使わず、ほとんどくだもの缶とかそういうものばかりだったので、これは結構いけました。手間も1回目ほどじゃなかったし。

3回目。手間は多分一番楽だった^^
味もそこそこ。出来上がりも大満足だったみたいで、楽しかったので良かったです。

うちくらいの子ども(小6と小3)なら本当に子どもらだけでも出来ます。こういう「お菓子を作る」っていう作業は乙女心を非常にそそるらしく、嬉しそうに作ってたので、買ってよかったかな。1980円(税別)だしね。

とりあえず終わりました。
またこういうセットがあったら買ってみてもいいかも^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。