スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スキップビート 17 マンガ感想

(2007-10-23)
スキップビート 17 仲村佳樹。



もう17!20も目の前っすね。
この漫画に関しては「ダラダラ続いた感」はないのがいいところ。展開遅いのは遅いんだけどね!コミックで読んでるのであまりストレスはないです。

さて。本をめくっていきなりレイノとの対決。・・・・あれ?前回どんな話だったっけ?確か尚にボコボコにされたんじゃなかったっけ?何でまたいじめになんて出てきてるの??
・・・と、思ったら、キョー子の夢オチでした。

でも分かる!キョーコさん!「下からアングル」はダメだよ!許せないよ!泣くよ(笑)!!
乙女に下からアングルは、もっと気を使って欲しいものですよ。蓮さん。

この巻のまず一発目笑いツボ。「フジコちゃんスタイル」。
でも娘達には分かってもらえず悲しい思いもしました。「フジコちゃんって誰?」とか言われちゃって、ショック。フジコちゃんは日本人の常識だろう!!・・・蓮なんて思いっきり分かってなかったポイけどね。

にしても、ラブストーリーは突然に-エンド-に至るまで、まーこの漫画史上最高の糖度の高さだったのではないでしょうか。
糖度って言うのは行為の進度じゃないのねえ・・・。しみじみ。
半分辺りまで読むのが恥ずかしくて恥ずかしくて、ページをもつ手が震えましたとも!てれてれ。←お前が照れてどうする。

でも例のボコボコにされた割には普通に会いに来てますわな。まあ、蓮にボこられる前に引いたから、尚のボコったのも多少は効き目があったのかもしれませんが、でもそれは引いた理由の1パーセントくらいだもんねえ。
普通に「さらいに」とか、色恋営業(^^?)やる気満々だし。

そして笑いツボその2。「魔界へ!?」
もー吹いた吹いた。いや、それでこそ、キョーコ。
「なんかまた的外れな答えを・・・」と冷静に受けるレイノもいい。この2人、結構テンポが合うのでは?この2人の掛け合い漫才をもう少し見ていたいような気もしましたよ。

コーンの件でもね。いい人(???)じゃん、レイノ。結構楽しい関係を築けるかもしれないよ?
はっきり言って、蓮も大概やしなあ。「俺には呼び捨てにさせなかったのに」とかって、まーそんな昔の事をねちねちと蛇のように(大笑)!!
この人、もんのすごいやきもち焼きやし、独占欲は強くて縛りそうだし、彼氏にしたらかなりうっとおしい人ではないかと愚考する次第でございます。
ま、キョーコさんには合ってそうだけどね。

笑いツボその3。
お嬢様ヅラで、「ビーグルさん」呼びのキョーコ。・・・ここも吹いた・・・。くるんとカールした前髪といい、「ビーグルさん」・・・。
ぶひーーーっ!←あっ!また^^

蓮、私が思ってたよりはーるーかーに、重いと言うよりはダークな過去をお持ちのようで、彼を見る目が変わりました^^
ビーグルさん(違うだろ)をもびびらせる彼の過去が明らかにされるのはいつだ!?この進度で行けは30巻くらいか!?

笑いツボその4。
大喜びの怨キョを頭でちょうちょ結びにくくってあるコマ。・・かわいすぎる!!

さて。長かった「ラブストーリーは突然に」も終わり、新たな展開へ。
キョーコが当たる壁。これはもう仕方なかろう。これをどう乗り越えていくのか。
そして出てきたクーーーー!!

私が本誌で飛び飛び読みしてるクーはもんのすごいい人だったので(更にキョーコとも仲良し)、このクーにびっくり。
うえーーーっ!!ここからどうやってあの関係を築いていったのか気になって仕方ないのに、またおあずけかYOーーー!!

と、叫んでこの巻の感想を終わらせていただきます。
あー、・・・待ち遠しい。でも次は2月とか、なんだろうな・・・。がくり。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。