スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘアスプレー 映画感想

(2007-10-22)
本日レディースデイだったので見て来ました。
テレビで予告を見たのかな?とにかく楽しそうだったので、見たくて。
基本的に悲しそうな映画(病気物とか悲恋物とか)は見たくない、映画は見た後幸せな気分になれるものが一番!と思ってますので、この映画には非常に興味をひかれました。

hea.jpg


見た感想。
非常に面白かった!期待以上でした。

主役のトレーシーがめちゃめちゃかわいらしい。小さくてむちむちコロコロしてて、何より明るくて前向きなのが最高に良かったです。
コンプレックスは誰にでもあるけど、それにうじうじしてないところがいい^^

最初いきなり目覚めたトレーシーが「ボルチモア~♪」って歌い出すのにびっくりしたけど。
だってボルチモアって何だよ!と、気になって気になって仕方ありませんでした。
土地の名前か。なんだ。日本だと「郡山~♪」ってなもんでしょうか。←いや何となく。大都市じゃなさそうだし。

ダンスの大好きなちびでおデブのトレーシーは、大好きなテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになるのが夢。
そんなある日、メインのダンサーが一人抜けることになり、オーディションをする、と。
そのニュースを見たトレーシーはママに大反対されるものの、パパの理解を得て、トライ。
でも番組を仕切るベルマ(差別主義者?)に「おデブはいらない」と、落とされてしまう。

ちょっと落ち込むトレーシーだったが、高校のパーティーでたまたまコーニー・コリンズの目に留まり、見事番組のダンサーに!
一躍街の人気者、Lサイズショップのイメージガールになってくれとのお誘いなんかもあり順風満帆かに見えたが・・・。

ちょっとおでぶな女の子の単純なサクセスストーリーかと思ってました。
そうだと言えばそうなんだけど、でもちょっと違ってましたね。
人種差別問題も絡んできて、軽いだけのお話ではなかったです。

1960年代。ほんの4、50年前の事だけど、そんなに差別されていたのかって言うのがちょっとびっくり。今はどうなんでしょうね。今だって差別がないわけじゃあないだろうけど。日本だってね。

それにしても「コーニー・コリンズ・ショー」。日本でアンケートとっても、「子どもに見せたくない番組」上位を飾ること間違いなし!だろうなあと^^

とにかく出てくるキャラクター達が本当に、いい。
難を言えばリックがちょっと影薄いかなあとは思ったけど。トレーシーが好きになるだけの「何か」があったかなあ?と。リンク側にしても、いきなりアンバーから乗り換える理由がいまいち不明・・・に見えました。

周りが濃すぎるから「ちょっとかっこいい、ただのいい人」のリンクが薄く見えたのかもしれませんが。

ママ・エドナ、でっかいカーちゃんだよなあ。ちょっとニューハーフっぽいけど、太ると声まで太くなるのねえ・・・とかとんちんかんな事を思ってましたが、トラボルタかい!!あの体はなに?ほんまもんじゃないよね??
終わってからまみさんに聞いて腰ぬかすほどびっくらこきました。

引き篭もりママン。結婚当時の写真では細そうだったのに。
・・・私もああならないよう気をつけよう・・・^^←ほっとくとすぐヒッキーになりかける、出不精くまきち。

そんなママンを外に連れ出すトレーシー。ママが自分に自信を取り戻す件は非常にかわいらしかったです。

ベルマはすんごいやな奴。めっちゃやな奴過ぎてどこか憎めない、そんな性格ブスでございました(笑)。美人だよねー。白人で!金髪で!典型的な。私の好みからするとちょっとやせすぎでぎすぎすしてるけど^^
娘のアンバーも、白人で!金髪で!もうママそっくりの典型的な美人。性格もママそっくりでちょっとやな奴なんだけど、でもプロ根性は買うわ。テレビカメラの前ではあくまでにっこり。・・・どこかの勘違い女優さんとは大違い。
やせすぎてないせいか、ママより美人度は上^^

トレーシーの親友ペニーがこれまたかわいい!!典型的なメリケンな外見のおねーちゃん。この子とシーウォード(だっけ?)の二人がめっちゃかわいくて好き。厳格なママにお仕置きされてるペニーを助けに来る彼にちょっとときめきました^^

とにかく音楽がひっじょうに、いい。
ダンスシーンは踊れない私も体が椅子の上でぴくぴく反応してしまうくらい、ノリノリで、一緒に踊りたい!って思うほど。
ちょっとフットルースを思い出して、久しぶりにあの映画が見たいななんて思いもチラリ。

とにかく面白くてかわいくて笑えて、そんな映画なのに、途中の人種差別反対デモの、メイベルの歌にはまぢ泣き。
この映画で泣くとは本当にこれっぽっちも思ってなかったので、泣いてる自分にびっくりしましたとも!
歌がこれほど心に染みて、これほど感動するんだと。みんなの声がひとつになって、その音に感動しました。

最後はドタバタの中でハッピーエンド。エンドロールも非常にポップでかわいかったです。

面白かった!!この映画はお勧め。
見て幸せになるような映画が大好きな方は是非!見てください。



なんでダンス映画のタイトルが「ヘアスプレー」なのか不思議でしょうがありませんでした。
なーるほど!!スポンサーであり、あの髪型なのね^^
まー、シューシュー景気よくかけてますよ。ヘアスプレー。劇中で。
喘息持ちの私にはあの舞台で踊ることは無理ですわいな。←踊る気かい!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。