スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


輪違屋糸里 女たちの新選組 ドラマ感想

(2007-09-13)
前知識全く無しに見ました。
サブタイの「新選組」の文字に惹かれて。週末にやってたのかな?月火とやってたのかな?とりあえず録っておいて、今日前後編、まとめて見ました。

原作は浅田次郎さんの小説だそうで。これも今日はじめて知りました^^
浅田次郎さんといえば「壬生義士伝」。この本にはどれだけ泣かされたことか。中井貴一が出ていた映画もDVDで拝見しましたが、風大左衛門泣き。

この「輪違屋糸里」の小説は未見ですが、ちょっと泣けるかな?と思いドラマを拝見しました。



輪違屋と言う置屋(でいいのかな??)の糸里は子どもの頃人買いに京へ連れてこられ、芸事を身に付け、太夫に次ぐ天神という位をもらうまでになっていた。
そんな時、京で幅を利かすようになってきた浪士組(壬生狼)の座敷に呼ばれるようになり、土方歳三に惹かれるようになる。

糸里は輪違屋の音羽太夫を姉のように慕っていたが、酔っ払った芹沢鴨に手打ちにされてしまう。芹沢の横暴はそれだけに留まらず、ついに土方達が芹沢を暗殺する事になるが、その暗殺にも糸里が巻き込まれていく。


話は芹沢暗殺まで。
結構この事件前夜の様子が細かく書かれていて、緊迫感があり、事件を知ってて見ていてもドキドキしました。

前知識無しに見たのでどの俳優さん女優さんがどの役をするのかも知りませんでした。
そんな私のぱっと見印象。

糸里=上戸彩さん。
お名前くらいは知っておりましたが、顔はぱっと思い浮かばず。まず松浦アヤさんとの区別すらついておらず(笑)←すんません、テレビ見ない人間なので、俳優さん女優さんにめちゃくちゃ疎いのです。あ、お笑いの人にも疎かったな。雨上がり決死隊って未だに見たことないですよー!>まみさんむーはん。

さて、前半で出て来た最初のシーン。首の長いお嬢さんやなあと。
そして見進めるうちに、なんとかわいいお嬢さんかと。
土方さんとお座敷で無く普通に話してる笑顔が最高にかわいらしいです。
この頃「どっかで見た顔だなあ」と思って、全編ラストのスタッフロールでお名前確認。おお!この人が上戸彩さんか!
アイドル・・・?なのかな?でも台詞もたどたどしかったりしてないし、非常に好感の持てる糸里だと思いました。

土方歳三=伊藤英明。
この人はこないだ海猿で見た見た!って感じ^^優男な土方さんやなあと言う印象。その印象でいいんだけど^^
この人の方が今回ちょっと何となくたどたどしさを感じたような?海猿の時はそんな風に感じなかったけど。

芹沢鴨=捨助・・・違った!中村獅堂。
捨助は大河ドラマ「新選組!」での役目だわな。他にも大河の役者さんが何人かいたような。サノとか。

個人的な印象では芹沢は大河の佐藤浩市の、あのアクの強ーーーいイメージが強く、ちょっとインパクト不足かなあと思いましたが、でも全部通して見たら、それなりに合ってたかな。

お梅さんも、もっとなんと言いますか、豊満な、女ー!って感じのイメージだったので(鈴木京香さんのイメージ強し)、中嶋朋子さん!?って感じでしたが、このお梅さんは菱屋を女としてたぶらかしたと言うよりは、経営能力を買われたって感じなのかなあと思うと納得。
お梅さんは菱屋に惚れまくってるんだけどね。

しかしあの結末にはドびっくり。中嶋朋子さん、こういう、ちょっと切れちゃう女の人やらせたら天下一品ですね!
この人は本当にお上手。怖恐ろしくも、切なくて、ああいう風に死ねたのがまだよかったんだなあと思えたりね。

沖田総司は何か月代が浮いてまっせー!似合ってない^^
ちょい役なので、気になるほどでもなかったけど。

的場浩司の近藤さんはいまいちちょいと薄っぺらい感じ。

あとはまあまあ・・・。永倉さんが男前だったな^^

話はどことなく安っぽい造りと言うか薄っぺらい感は否めなかったです。
でも思いの外面白くは拝見しました。

土方さん、この話の土方歳三は正直あまり好きではないです。
彼の描き方は小説の中でも本当にいろんな土方さん像があるので、浅田次郎さんの土方はこういう彼なんだろうなあと。
ただドラマと小説じゃ印象が変わってしまうこともあるので、原作は一度是非読んでみようと思いました。

八木邸の鴨居の刀傷は大河のせいでてっきり沖田総司がつけたもんだと思ってましたが(違ったかな?)、この話では芹沢さんでしたね。土方さんだったって言う小説ももしかしたら読んだことあるかも。

途中ちょこっと、目をむいて死んでる人に「目をあけてえ!」と言うところとか、「極楽浄土で太兵衛と一緒に商いしい」・・・って、お梅さんが一緒に殺した太兵衛の嫁さんも極楽におるがなとか^^とか、台詞が気になったりしましたが、まあそれは置いておいて。

本当に、今で言うならプラトニックなままで終わってしまった、糸里と土方さんの淡ーーーい、感情。それが非常に微笑ましく、また切ないものではありました。

まだ16の糸里。置屋と言う世界で育ってはいるものの、本当に一途で、懸命でかわいかった。

そんな糸里に対する土方さん、この頃多分30くらいだから、糸里の倍の年齢なんだけど、そんな年下の彼女に対する仕打ちは、彼の立場上仕方ないかもとは言え、ひどいとは思いました。
糸里が一途なだけにね。その一途さを知っていて、それすら利用するのかと。

ああ、最後の土方さんの台詞が私には違和感があったのかな。
「一緒に多摩に行って、百姓になろう」みたいな。
恋物語としてなら、この台詞はきめ台詞として非常に話しに合ってるし、違和感はないんだけど。むしろこの台詞があってこそ!と思うんだけど、これを「土方さんが言う」と言うのが、個人的にどうしても腑に落ちなかったんだと思います。
土方さん、絶対そういう事いわなさそうな気がしてね。

糸里に重きを置くか、武士へのこだわりに重きを置くかだと思いますが。

まあまあでも糸里のかわいらしさが光ったこのドラマ。それなりに楽しかったし、何より原作を読んでみようと思ったのが収穫でした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。