スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蝶よ花よ マンガ感想

(2007-07-26)
蝶よ花よ 吉原由起。1~4まで。



マンガの感想ブログをふらふらと彷徨い歩いてた時に、面白いという感想を見たので、買ってみました。
BOで探してたんですよ。んが!1は見つけたもの2以降は全く見かけない・・・。

しょうがないので新刊で買ってみました。

代々続く名家久世家の蝶子お嬢様。しかしのほほんな当主のため(蝶子の父)没落。それが小学生の時。
今では下町で蕎麦屋を営み、それなりに幸せに暮らしていた。
そして大学を卒業、弁天不動産に入社した蝶子。面接でいきなりセクハラ発言をされた上司に目をつけられ、新人研修もそこそこに、その上司の部署である秘書課に無理やり配属。
実はその上司は昔の使用人だった・・・。

ラブコメ・・?かな。ハイテンションギャグ・・・?かな。

ま、一応ほれ、元使用人と元お嬢とかって、私の担当かなと思って押さえておきました。イロモノ担当者としてはね。

うーん、1巻はまあまあ面白いと思いました。2巻はそこそこ面白いと思いました。3巻はまあこんなもんかって感じで、4巻は、「ぶっ飛びすぎやろ、それ」と・・・^^

コネタがガンダム系だったりして、結構笑えたりもするのでいいんですが、4巻はそれがもう突き抜けちゃった感じ。ちょっとやり過ぎな感もあり。

後、やっぱり掲載誌がプチコミック(多分)と言うことで、ちょっと対象年齢が高めなせいか(もちろん私はその対象年齢をすらエベレストの山頂から見下ろすくらいのオーバー年齢ですけれども!)、言葉があまりにも直接的^^
うーん、あまりにもあからさまに言われると、返ってテンション下がりますよね?そんな事ないのかな?
色っぽさはチラリズムにこそあると思うんですけど・・・(笑)←マニアかおまへは・・・。

3巻で行為^^も出てきますので、娘達にはよう読ませられませんが、それでも同じ小学館の少女コミックやらチーズやらと比べたらマシに見えてしまう。行為の表現がえげつなくないんですよ。対象年齢高いのに^^!

軽く読めます。面白いのは面白いです。直接的な言葉に嫌悪感を持たない人なら楽しく読めるんじゃないかな。
ただ、もう2人、くっ付いてしまったので、後は同じようなことの繰り返しになるかなーって感じ。4巻でもう満足できてしまう、5巻以降に「で?どうなるの?」な、期待があまり持てないのがちょっと残念。

5巻以降は買うかどうかは微妙です。その時の気分で・・・^^


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。