スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーラ ~ 美しい感動 ~ CD オムニバス

(2007-06-04)
オーラの泉とは関係ありません。多分ね^^



これこれ。つい衝動的に買ってしまいました。
収録曲は以下の通り。

1.ケルティック・ウーマン 「ユー・レイズ・ミー・アップ」
世界中に感動を呼んだアイルランドの宝石が奏でる美しいハーモニー。

2.サラ・ブライトマン 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
輝けるディーヴァ、サラ・ブライトマンの全世界で1,500万枚を超えるセールスを記録した名曲。

3.アディエマス 「涙の歌」
テレビ朝日系「オーラの泉」 番組使用曲。美しいコーラスパートに心が解放される。

4.リベラ 「彼方の光」
NHK土曜ドラマ「氷壁」主題歌として話題を呼んだ"天使の歌声"。

5.ヴァネッサ・メイ 「トゥーランドットのヴァイオリン・ファンタジー」
"イナバウアー"の感動シーンを彩った美しいヴァイオリンの音色。

6.エンニオ・モリコーネ 「ニュー・シネマ・パラダイス」
日本生命「愛する人のために」CMソング・オリジナルヴァージョン。名作映画の主題曲を巨匠本人の指揮によるオーケストラ演奏で。

7.サーシャ&ショウナ 「タイム ~バッハ:G線上のアリア」
癒しの代名詞、バッハの名曲を美貌の新人女性デュオによるポップなヴァージョンで。

8.葉加瀬 太郎&フォーエバー・タンゴ 「リベルタンゴ」
日本を代表するヴァイオリニストと世界のトップ・タンゴ・オーケストラによって奏でられる極上のタンゴ。

9.シークレット・ガーデン 「ソング・フロム・シークレット・ガーデン」
ドラマ「若者の日向」使用曲。ヒーリング・ミュージック人気ユニットの名曲を。

10. フィリッパ・ジョルダーノ 「ハバネラ」
クラブ・ビートとオペラ・アリアの刺激的な出会い。イタリア出身の歌姫フィリッパの代表曲。

11. アミーチ・フォーエヴァー 「ジュピター ~ホルスト:惑星」
日本でも大人気のクラシックの名曲を、男女5人組人気グループのハーモニーで。

12. 坂本龍一 「戦場のメリー・クリスマス (オーケストラ・ライヴ・ヴァージョン) -テーマ-」
映画音楽「戦場のメリー・クリスマス」を坂本龍一自身がプロデュースしたオーケストラ・ライヴ・ヴァージョンで。

13. ジョルジア・フマンティ 「アリア(風) ~サン=サーンス:白鳥」
イタリアが生んだ情熱のディーヴァが歌う優しいメロディ。

14. 千住 明 「ピアノ協奏曲「宿命」(ピアノ・ソロ・ヴァージョン) :演奏 羽田健太郎
TBS系日曜劇場「砂の器」劇中で主人公が披露したあの曲を、羽田健太郎のピアノ・ソロで聴かせる別ヴァージョン。

15. ナターシャ・マーシュ 「ジムノペディ 第1番」
UKクラシック・チャートNo.1 高貴なクリスタル・ヴォイスが紡ぎだすサティの名曲。

16. クロエ from ケルティック・ウーマン 「家路」
ドヴォルザークの名曲をケルティック・ウーマン最年少ソリストの清楚な歌声で。

17. マキシム 「デボラのテーマ(映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より)」
鍵盤のプリンスが奏でるモリコーネのロマンティックなメロディ。

18. 鈴木慶江 「千の風になって」
生きている者に届けられる限りなく優しいメッセージ。感動の1曲を珠玉のソプラノ・ヴォイスで。

19. グレゴリアン 「メイド・オブ・オリンズ」
テレビ朝日系「オーラの泉」 番組使用曲。サラ・ブライトマンのプロデューサーによるプロジェクト"グレゴリアン"による聖なる響き。

20. ヌーノ 「アメイジング・グレイス」
ゴスペルの名曲をポルトガルの人気カウンター・テナーの清らかな美声で。

一番聞きたかったのはケルティック・ウーマンのレイズ・ミー・アップ。これは私にとってはフィギュアスケートの荒川静香さんがエキシビジョンで滑ってた曲、と言うイメージ。
あの滑らかーなすべりでね、曲と相まって、すんごい好きでした。何ていい曲なんだ!と思ってたら、今年のお正月の白虎隊(山下君)のメインテーマにされてて。
多分この「白虎隊の曲」としてメジャーになったのではないかと。今、何かのCMでも使われてるしね。

ケルティック・ウーマンのCDを買おうかと思ったんですが、他の曲全く知らないのにアルバムを買っちゃって、いまいちだったらどうしようとずっと躊躇してて^^。
そしたらこんなCDを見つけてしまったので。他の曲も好きなものがいっぱい入ってるし、お得←くまきっつあんの行動理念。

やっぱりこの曲、いいです。本当に。メロディーも歌声も。白虎隊、見ていて「???」と思いながらもこの曲だけで泣けましたもん(笑)

サラ・ブライトマンの曲も本当に透き通るような歌声で、心が洗われるようです^^

誰も寝てはならぬ・・もねえ。もうあまりにもあのシーンがインプットされちゃって。これも無条件で泣ける(笑)あまりにもパブロフ犬な私。

ハバネラは、漫画キス@マツモトトモですよ!あれでどんな曲だろうとクラシックのCDを借りてきて、ああこれか、と。これも好き、と。
先シーズンの真央ちゃんのエキシビですよね。

ジュピター。今週末のピアノの発表会で上娘が弾く曲です。彼女に聞かせてみました。「・・・・・」「・・・・・」
ゆうに1分は聞いた後で「ああ!これジュピターじゃん!」と。
・・・かーちゃんはあんたの発表が恐ろしいです・・・(涙)

宿命。奇しくもピアノはハネケン。今日彼の訃報をYAHOOトピックで見た時、びっくりして固まってしまいました。
題名のない音楽会で、鍵盤の上を踊るように、跳ねるように動く彼の手を見るのが、楽しそうに演奏する彼のピアノを聞くのが大好きでした。
このCDに彼の演奏が入ってるなんて全く知らずに買ったんですが、買ってよかったと、しみじみ思ってしまいました。
この曲は楽しい曲ではないけどね。
ご冥福をお祈りします。

千の風になって。秋山さんのふとーーーい声のイメージが強いので^^ちょっと最初は違和感を感じましたが、でもこの方の歌声も良く合っていて、優しい感じの曲に。本当に、心に染みる曲ですよね。

アメイジング・グレイス。本当にたくさんの方が歌ってらっしゃる曲。名曲中の名曲だよなと思います。ゴスペルとことですが、わたくしのように宗教的な意味合いを全く分からないものが聞いても、ただただ純粋に感動できるすごい力を持った曲だと思います。

これ一枚でデトックス。最近このブログでデトックスデトックス言ってますが、なんぼほど汚れてるねん自分!と、自ら突っ込みを入れておきます。
しかし、体によどみを感じているあなたにもお勧め^^
いっぱいぶよぶよ汚れたものが出て行ってすっきりキレイな体になったような気になること請け合い!・・・あくまで「気に」ですが^^


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【中古CD】天国と地獄/オムニバス

詳細情報■ 商品名天国と地獄■ アーティストオムニバス■ ジャンルオムニバス■ 発売日1988-01-01■ 規格番号FDCA509・社内報の母 福西七重 『もっと冒険する社内報』 出版記念セミナー10月 ...・来日ツアー ベンチャーズ“テケテケ”健在・トロイメライ・<秋篠宮ご夫妻>

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。