スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


永遠の誘惑 11

(2007-05-30)
これも「少女漫画」のくくりでいいのか悩む一品^^

永遠の誘惑 11 前原 滋子。


<まみさん蔵>

佳境に入ってきましたね、と言う巻。

相変わらず同じ顔(絵)が同じページにも他のページにもちりばめられているー。この違和感はなかなか慣れる事が出来ません。

如月と出かけた別荘で、睦月と鉢合わせしそうになり急ハンドルを切った凪子は事故を起こし重体となるが、睦月の処置で回復。
そんな凪子を見舞いに来たマリエ。そこへ如月が現れて、凪子と如月の関係を知ってしまう。凪子に憎しみをぶつけるマリエ。睦月にも怒りをぶつけ、彼との間にも溝が出来てしまう。
そんな孤独な状態の彼女は更に、自分が妊娠していることに気付く。

んまー、マリエさんがドロドロですわよ。ああ、とうとうと言う感じか。如月と凪この事はいつか分かる事だしね。
凪子さんは如月と別れる決意を木綿子に話した時、非常に解き放たれたような穏やかな顔をしていたので、こうする事がいいんだなあと思ったんですが、さて、そうすんなりといくとも思えず^^

割り切った凪子の裏でマリエはどこまで落ちていくのか。マリエが如月の母である限り彼女の行動が2人の仲に無関係であるはずもなく。

どう思うかは人それぞれだとは思いつつ(赤ちゃんポストなんて出来るくらいだもんねえ・・)、子供に対する想いって言うのは非常に共感できます。あの子達がいるから何があっても生きていけるって大げさでなく思いますもん。そういう存在があることの幸せ。凪子さんがそういう存在が欲しいって言うのがなんだか切なく思えました。

八重樫はどーしたいんでしょうね。っつか、マリエに選ばせるんだよね。自分でなく。自分が選択肢を用意して、「さあどっち?自分はどっちでもいいよ」って。
ずるいのか、頭いいのか、執着があるのかないのか、つかみ所のない人だ。マリエは何をどう選び取るんでしょう。

次巻で終わりとか。
どういう終わりが用意されてるのか、ちょっと楽しみです。

それにしても、私、最初から睦月が嫌いだよ!・・・・あーすっきりした^^
こいつの優柔不断が悪いんじゃんと思ってしまうのでした。凪子さんが睦月を欲しかったのは手に入らなかったからでないの?スカーレットがアシュレイに固執したようにね。
きっと手に入っちゃったらいらないと思うけどなあ。頼りなくて^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。