スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


容疑者Xの献身 小説感想

(2007-04-25)
容疑者Xの献身 東野圭吾。



東野圭吾さん、読むのは何冊目だろう?
6、7冊は読んでいると思うのすが、とにかくこの方の書く文は読みやすい。
読みやすい=面白い、でも、読みやすい=好き、でもないけれど、それでもこの読みやすさは一体何?ってくらい。
それ程好きじゃないや、と思った本でも、あんまり面白くもなかったなと言う本でも、全部読んでしまってから、そう思うんですよ。
とにかく先が気になってぐんぐん読めてしまう。気が付くともう読み終わってる。そんな文章。
この方の一番のすごさはそこではあるまいか^^

数冊読んだ中で、面白いと思ったのは「宿命」「時生」そしてこの「容疑者X」。
で、好きだと思ったのは「宿命」ですね。



容疑者Xはとにかくタイトルから思ってたイメージと内容があまりにも違っていて、最初びっくりしました。
なんとなくね、「容疑者X」って、どこか「怪人20面相」とか「名探偵○○」とか、そういう痛快活劇っぽい内容を想像させる事ないですか?・・・そんな事思うの少数派かな?
でもそんな「容疑者X」の「献身」。容疑者Xって語感と、「献身」って言葉が上手く結びつかなくて、非常に違和感を感じておりました。読む前は。

読み出して、「ああ、まさしく献身だ!」と。タイトルに納得。
このタイトル、人目を引くというか、非常に印象に残りやすいタイトルで、これまた秀逸。

さて。内容。
弁当屋に勤め、中学生の娘とささやかに暮らす花岡靖子。
数学の天才でそれで身を立てる事も可能だったかもしれないが、家庭の事情で研究者と言う道を諦めざるを得ず、現在高校教師をするさえない風貌の中年男石神。
石神は花岡に好意を抱くが、アパートの隣人であり、また弁当屋の客と言う接点しかない。そんな2人をある殺人事件が結びつける事になる。

花岡はろくでなしの元夫に逃げても逃げてもまとわりつかれ、ある時弾みで彼を殺してしまう。死体を前に娘と2人、どうしていいのか途方にくれている時、隣人が突然「女性だけで死体を片付けるのは大変でしょう」と助力を申し出る。

ここからもうただひたすらに「献身」ですよ。
石神はその天才的な頭をフル活用して、対警察のプランを練り上げる。アリバイつくり、証言の仕方、証拠の出し方。すべてにおいて事細かに花岡親子に指示し、警察はそれにまんまと引っかかっていく。
警察がここまでかぎつけた時は「これ」、こんな事を言い出したら「これ」、と幾つもカードを用意し、そして最後の切り札。

彼の思い描いた通りの結末を迎える、はずだった。

ラストはちょっと泣けました。この石神の必死さに。
本当に、見返りも要求せず、ただただひたすら花岡靖子のために、花岡親子が幸せに暮らせるためだけに、とんでもない切り札まで用意して。
彼の「献身」がどれだけ壮絶なものか。
彼が何故そこまでして花岡親子を助けるのかのくだりも切なかったです。

最後はこうあるべきな終わり方なんでしょうが、悲しくて悲しくて仕方なかったですね。

石神の綿密なプランを一つ一つ暴いていく、湯川と言う石神の友達の推理が非常に見ごたえがあり、面白い!と思えるミステリーでした。

好きな本にあげなかったのはやっぱり悲しすぎるのと、花岡靖子ーーー!が、今一好きになれなかったからです^^別に石神を好きになれとは言わんけど、なんだかなー、もう少しなあ。

最初に花岡が殺してしまった時、「正当防衛だ」と自首した方がよかったんじゃなかろうかとかちょっと思ってしまいましたがね^^。誰もが「ろくでなし」と言う仕事もロクにしない男が、母子2人で暮らす元妻の事を探し回り、つきまとい、その家に上がりこんで、お金を無心(無心じゃないけど)して・・・って状況なら・・・ねえ?
ま、それだと話が始まらないか。

何にしろ面白かったです。
さて、次は何を読んでみようかな。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。