スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秘密 小説感想

(2007-03-18)
秘密 東野圭吾。


<まみさん蔵>

これを借りたのは結構前ですが、読んだのはさっき。昨日の晩寝る前に4分の3くらい読んで、残りを今朝起きてから読みました。
読み出すとあっちゅー間なのに。
東野圭吾さんの小説は何冊か読んでますが、文章が非常に読みやすいので、読み終わった後「どって事なかったな」なんて思うような本でも、途中で退屈したり詰まったりする事もなく一気に読めてしまっていたのに。

それがこの小説に限っては2回ほど読みかけては挫折しました。なんでだろう?と思いながら今回読み進めて。
厚さの割には字がすんごいでっかいので(これはどういう基準でこうするんでしょうか?)、読みやすいという点では今までの本となんら変わりないはずなのに。

ある日スキーへ出かけた妻直子と、娘藻奈美を乗せたスキーバスが崖から転落。多くの死傷者を出したこの惨事で、奇跡的に助かった藻奈美だったが、目を覚ますとその体は藻奈美ではあるが、中身は丸っきり妻の直子そのものであった。
娘の体をした妻と何とかバランスを保とうと努力する杉田。事故の原因を作ったバス運転手(死亡)の家族と関わりを持つようになり・・。

映画にもなったそうで。これは未見ですが。
全部読んで、読み進めなかったわけが何となく。
娘の体をした妻・・・って状態が生理的に受け付けなかったのかなあ、と。

3度目は何とか読みきったものの、やっぱりずーーーーっと読んでて不快感は消える事がなかったです。
その辺りは娘を持つ(奇しくも小説の中の藻奈美さんと同じ年の^^)母としての自分だからこそ感じる不快感だったと思います。もちろんこういう生理的な不快感って言うのは本当に個人差が大きいと思うので、同じ5年の女の子を持つお母さんでも全く不快になんて思わない人もいるだろうし。
ただ、私はダメでしたねえ・・・。

大体娘の体だっていうのに、夫に「する?」とか言える神経が分からない(笑)!そのシーンはぞぞけが立つほど嫌でした。
ここだけは、それが出来ない夫に共感。本当に、心の底からほっとしました。この杉田が、それを出来てしまう人間なら、その時点でもう先は読めなかったと思います。

お互いが何とかバランスを保っていこうと努力して、娘として生きようとする直子、妻だと思い続ける杉田の間に齟齬をきたすのはもう当たり前であり、仕方のないこと。
それでも電話を盗聴したり、男の子からの電話を取り次がなかったり(この辺は男親なら共感できるんだろうなあと。自分が独身の時の父親の行動を思い返すと「こんな感じだったよなあ」と思えるので^^もちろん盗聴はされませんけどね(大笑)!)、挙句の果てにはデート先にまで行ったりと、はっきり行って、この杉田の行動はめちゃめちゃうっとうしいです。

それでも割り切って娘として生きていく事を選んだ妻の行動をずるいとか、許せないとか思ってしまう気持ちは分からないでもなく。

もやもやと読み進め、でも一気にラストまで。
直子が消えるシーンはちょっと泣けてしまいました。なんだかねえ・・・本当にねえ・・・。辛いよね。お互いがね。

そして藻奈美に完全に戻った娘。最後は大人になり、結婚式を迎える事になるんですが、実はね、と。

伏線がこんな所で出てくるとは思ってもいなくて、ちょっとびっくり。でもこの伏線がラストで出て来てしまった事で、何となくすっきり終わりそうだったのが、またもやもやしてしまった感はあります。
・・この「もやもや感」も個人差が大きそうだなあと^^
これでおお!と思う人や、こう来たかと思う人や、感想はそれこそいろいろだと思いますが、上記のような状況に嫌悪感を感じる私のようなタイプはダメかな?と思いました。

もっと独身の時に読んだり、それこそ息子の母として読んだり、もっともっと年取って娘達がおばさんになってから(笑)読んだらまた違った感想になったと思います。
今回は、状況があまりにも客観視できない個人的環境のせいで^^嫌悪感が先に立ってしまったのが残念!

無念です・・・。




コメントの投稿

非公開コメント

私。

原作は読んでないのだけどすごく昔、映画を観ました。
娘役が広末涼子だったと思う。お母さんって誰だったっけ?
岸本加代子だったかな?
内容も衝撃的だったけど、最後に流れる竹内まりやの歌がすごく印象的でした。
そしてやっぱり最後が・・・^^;
『いいのか?これで!』って思った記憶があります。
それより何より、わりと印象に残ってる映画だったのに
これが東野圭吾さんの作品だと知らなかった自分にビックリ!!(笑)

そうそう!

広末が娘役・・と言うか、中身がおばさんの娘役だったようです(笑)。
原作と年が違ってたような。もっと大人の女の子ですよね。原作はメインとなる年が小学生から高校生ですから。

東野圭吾さんですよ!
東野さん原作の話って、結構たくさん映画になったりドラマになったりしてますよね。私はどれもこれも未見で小説ばっかりなんですが^^
ドラマを先に見た後は、「原作読んでみようかな・・」と言う気にはなるんですが、原作を先に読んでしまうと、「映像化されたものを見るのはちょっと怖いな」と思ってしまうんですよ^^
だから全部未見のままー。

映画から見たなら原作もお勧めしますよー。いかがですか?まみさんに借りて^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。