スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風の王国 花陰の鳥 小説感想

(2007-02-28)
風の王国 花陰の鳥 毛利志生子。



風の王国シリーズ番外編。
リジムの父ソンツェン・ガムポとりジムの母ティモ二ェンの馴れ初めのお話。

ソンツェン・ガムポ(レグン)には妃ドルテとの間に息子が生まれていない。そのため国内から二十歳前後の娘を第2妃に迎えることになり、レグンに父を殺されたティモ二ェンは、レグンと言う人物を知るために、その妃候補に名乗りを上げる。

不可解な事件あり、隠された陰謀ありの、妃選び。1冊のまとまった話として楽しく読めました。
ただ後半はあっさり目と言うか、走りすぎな感もあり。

それにしても本編ではいけ好かない(笑)喰えないじーさんであるソンツェン・ガムポの若かりし日ってどんなん?と思いながら読みました。
若かりし日も喰えないお人ではありましたね。充分その後の片鱗あり^^
彼と比べるとリジムは甘甘よ。ま、彼はまだ二十歳そこそこだからこれからだけれども。
それにしても今回のレグンは何歳なんだ?ドルテはもう息子が望めないような年なの?だとしたらレグンもそれなりな年なの?その辺の記述ってありましたっけ?1回しか読んでないから見落としただけかな?

本編でも出てくる女官の名前があったり、上の世代の人たちの名前をチラリと見るとちょっと嬉しかったり。

私は毎回申しておりますが、ラノベにありがちな主人公テンプレ「自己中我侭かんしゃくもち、いらん事しいのクセに自分は正義だと信じてる」人が苦手です。こういう主人公、多い!
西の善き魔女のフィリエルとか^^、最初は面白かった彩雲国の秀麗も、巻を重ねるごとにこういうキャラになってきてしまったような・・・?

でも、この作者さんの書かれるキャラクターは、私のこの苦手ツボを全くつつかないのがいいです。だから気持ちよく読めます。
今回のティモ二ェンは、翠蘭と比べるとちょっとそっち(テンプレ)寄りかなと言う気もしますが、全く妥協範囲。

私が苦手じゃないと思ったのって、後は十二国記とかだから、何となく傾向は似てる気がしますが^^。陽子と翠蘭とか。

ただこれってまだ本当に「馴れ初め」以上の何者でもないですよね。これから、が知りたい。
だってリジム、ティモ二ェンが早くに亡くなっただろう事は想像付くけど、レグンとティモ二ェンはちゃんと心が通じ合ってそうなのに、リジム、全くじゃないですか。レグンと。
今また最初から読み直してますが(だから返すの遅くなってすんません、まみさん)、すんごいよそよそしい関係だし。所詮自分は彼の駒みたいな印象だし。

だからレグンとティモ二ェンの関係と、ソンツェン・ガムポとリジムの関係(リジムとは「レグン」より「ソンツェン・ガムポ」の方がしっくりします)が全くリンクしなくて、どうして??と思ってしまいました。
ティモ二ェンが亡くなるまでの話があって初めてそれがリンクするはずだから、そこが読みたいなと。

どっちにしろシリーズはまだまだ続きそうなので、ゆっくりどっしり書いていただきたいです。

シチュエーションなんかは少女漫画的やなあと思う事しばしですが^^(レグンとティモ二ェンの初対面のシーンとかね。ああありがちーって)、話が結構深く細かく面白いので、このシリーズ、非常にお気に入りです。

また次が楽しみです。次は本編がいいな。そろそろ翠蘭の子供も生まれる頃でしょうか^^




コメントの投稿

非公開コメント

ソンツェンガムポのじーさんが嫌いなの(笑)
なので、初めはこのシチュエーションを見たとき、超がっかりした^^;
だけど、読み始めたら、あら意外と読みやすく。。。
リジムは母上に似たのよね、きっと。

・・・で、途中だっていうのに同意。
リジムの母は早くに亡くなるのだから、この本の最後にはもう居なくなるかと思ってたら、まだ結婚までも到達しませんやん!あららーーー、ここで終わり?って。
もっと先を読みたかったわ。
きっと本編の間に挟んで出していくんやろね。

ララ4月号ですが、
私もみさ姫もさぁやも、表紙は裏返しておいてました(爆)
うっかり柚木さまが表で置いてしまってたら、
いつのまにか裏返ってるねん(笑)
そんでもって、CDはまだ聞いてないのよ~。
まぁまぁやった?じゃぁ聞いてみるかな^^;

じーさん、やだよね。

うん。少なくとも愛すべきじーさんにはとても思えない^^
狡猾で冷酷なイメージ。リジムに親子的愛情を全く感じないしねー。あくまで駒。「あととリ」の役割。役に立たないか邪魔と見たらあっさり謀殺しそう・・・、なイメージ。

だから私もこのカポーの話だって知った時はちょっとがっかりしました^^でも読んだら面白かったよ。
でもやっぱり「導入」だよね。まだ。ここからじゃん!と思うもん。

LALA。まーこんなもんだと思うよ。でもあるから聞いたけど、あってもなくてもどうでもいい付録だよね。・・・と思うのはトウが立ってるからか^^
でも最初の志水くん・・・?だっけ?彼の声は私ダメだ。ああいうものなの!?彼の声はあれで正解なの!?まみさんがどう思ったかまた教えてね。きしょいと思ったのは私が変なのか・・・?

志水くん

アニメと一緒だから、分かるけどね、
私は最初ショック受けましたよ(爆)
いくらいつも眠い設定だからってあれはないだろうよ(大爆笑)
やっと慣れたけど、違和感あったよ、めっちゃくちゃ。
可愛い声にして欲しかったなーーーーー。

アニメも

あの声なの!?ならもうそれを見てる金コルファンの娘さん達はあれでいいと思ってるんだ・・・・。そうか、そういうもんなのね。
眠いと言うよりは、お化けみたいだよ?真剣。

漫画を、「彼ならこんな声がいいわっ!」なんて思いながら読んでたわけじゃないので(今回のCDに入ってた漫画全部に関してそうですが^^)、とんでもない声でさえなければ全く違和感なく聞けたと思うんだけど、・・・・彼はまさに「とんでもない声」だったので非常にびっくりしました(笑)
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。