スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あい・ひめ 2 マンガ感想

(2007-01-31)
あい・ひめ 2 みつきかこ。・・・なんか平仮名ばっかり^^



2、出ましたー。

前巻、私のボーダーラインのギリギリと言いましたが、まだギリギリです。うーんうーん。

でもどちらかと言えば、1巻の方がそのハードルを越える際の躊躇のなさに「ちょっとちょっと」と思う部分が多かったけど、この巻ではもうくっついちゃってるしねー。今更ねー。

一応話のあらすじを書くようにはしてるんですが、これは書きようがない^^。くっついて、いちゃいちゃしてるだけだもん。

仁さんの(おやぢ入った^^)前カノが出てきて、まおに「あらかわいい」とちょっかい出す部分とか、非常にありすぎなパターンに見えました。いっろんなマンガで見たようなエピソードだ・・・。
ま、いろんな人が使ってると言う事はそれが魅力的なエピなのかもしれませんが。ま、いいスパイスにはなるわいな。主人公達の足場固めには。

まおのおとーさん達が出てくる回は、やっぱりちょっと不快。
しれっと嘘をつく仁さん。この兄と弟の位置関係もよー分からん。
いっそ兄を憎んでるとか意識付けがあれば、しれっと兄をだまくらかして何の躊躇も無く娘に手を出すのも分かりやすいけどね。
関係は良好に見えるのに、あっさり嘘ついて、それでもってその関係を「いいんだな」なんて、16の小娘に選ばす方法を取るのは反則でしょうよ。
大人気ないと言うか、卑怯くっさいというか。せこい男に見えます。

ま、この話の仁さんはこの時に限らず、一事が万事、すべてそうなんだけどね。
「彼女から」を待つわけですよ。それを上手く書けば年上の男の人の醍醐味になるかと思うんですが^^、でもこのマンガの仁さんを見てると、そういう状況に持っていくのは仁さんで、最後の、行為とか関係を決める「言葉」だけをまおに言わすわけですよ。

・・・ずるくない?なんか(笑)彼の保身に見えてしまう。
同じ事を女側がやったらきっとかわいい行為にも思えるんだろうけど、明らかに何もかもが優位にいるはずの(年とかね)男側がやるのは反則だと思います。
・・・この辺が私の嫌悪感をそそるんでしょうね。

それにしても誰も彼もが、通りすがりの人までもがまおを振り返ると言う書き方がかなりレトロくさく思えるのは何故でしょう^^?
キス(@マツモトトモさん)で、かえちゃんが「お人形さんみたい」と誰も彼もかわいいと思う・・・って言う設定は古臭いとは思わなかったのに。うーーーん??

などと、まあ・・・何もかもが微妙な話なんはあるんですが。

ああ、もう絵が好きなんだよなー。この人の。
真剣、こないだ出た「すき、ところによりアラシ」みたいな話を書いて欲しいのう・・・と思ってしまうのです。



3巻は買うかどうかちょっと微妙。その時他に買うものがなければ買っちゃうかも^^。
その程度でございました。ちぇ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。