スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼくの地球を守って

(2006-10-13)
懐かしい・・・・。
リアルタイムで買ってました。大好きでした。
でも当時の私には、ラストがどうしても好きになれなくて、買ってしばらくして友達に全巻あげてしまいました・・・。

それ以来、何年振りですか?12年ぶりくらい?
本当に、その間一度も見てなかったので、いやー、久しぶりでした。


<ねこっち蔵>

今やってる続編も、まみさんが買ってくれてるので読んでます。話は面白いと思います。ただ、絵が・・・。やっぱりどうしても苦手。

そして久しぶりに「ぼく球」を読んで。
・・・何、この絵!!めっちゃ綺麗やん・・・と。
特に10巻以降くらいの絵がね、もう本当に綺麗ですよね。ああ、なるほど好きだったよな・・・と。

「綺麗」「好き」って言うのはもちろん非常に主観的なもので、「今の絵の方が綺麗じゃん」「好き」って言う方はもちろんいらっしゃうろと思います。私個人の感想なので、お気を悪くされた方がいらっしゃったらすみません。

と、言うことで。話。
大体のストーリーはもちろん覚えてるんですが、いろんな場面が新鮮でしたね。
そうだよ田村さんだよ!田村さん!こんな重要な人、ころっと忘れてたよー!いやー、この人好きだったよなあ^^

で、当時、私は輪くんが苦手でね・・・。正直嫌いでね・・・。
でも今、巻末見ても、当時から輪くん人気だったんだなあと。私、ひねくれてたんだなあと^^
でも今でもやっぱりあんまり好きじゃあないですよ。でも当時ほど嫌いだとは思わなかったです。
複雑な子だしねー。悪い部分にはそうなるだけの背景もあるしねー。

で、玉蘭。当時、そんなめっちゃ「嫌い!」と思った記憶はないんですが、今見たら「やな奴ー!」(大笑)
でも、いわゆる主人公気質だと思います。こういう主人公、多いもん。この漫画では「建前主義のお利巧ちゃん」を、いやな風に書いてますけど、それをそのままいい子ちゃんに書いてるものって多いですよー。だから主人公が基本的には好きじゃないんですよね^^
何かこの漫画でやな奴だからすっきり^^←ひねくれてる・・。

みんなの記憶の中で綺麗な綺麗な木蓮。その裏側のギャップが彼女の魅力でしょう!めちゃめちゃかわいいですよね。木蓮。
木蓮と紫苑の関係が、こんな風にお互いを誤解したままだって忘れてました。なので改めて読んで切なかったです。

「思いだした・・・。俺が狂ってから作ってたもの」の辺りからはもう、

だばーーーーーーーー!!←決壊。

ああ、やっぱりね、もう本当に、いい。
ここまでは大好きだーーーーーー!と叫んでみる^^

で、問題のラスト。
あー・・・当時ほどの嫌悪感はないです。今ならわりと普通に読めるかな。
何がダメって「小学生と大学生が付き合う」って言うシチュエーションが受け容れられなかったんです。
7歳差、だっけ。これが60歳と67歳の恋人^^だったら、全くノープロブレムなんですけど!
今の「ボクを包む月の光」の感想でも書きましたが、これもかなり微妙。だって輪くん、パパになったのいつだよ!?とか、そういうところが気になっちゃう。
もう、こういう事をどう思うかって、生理的なものだと思うので、受け付けないものはいかんともしがたい!

でも当時よりは余韻残して読む事が出来ました。
当時は爆破のくだりからだーーーーー!!っと、もう盛り上がって盛り上がって、笛吹きやかんのように耳から水蒸気噴きそうなくらい感動して、ラストで、もう本当に、漫画のように見事にすっとーーーーーん!と。ええ、もう重力に引かれるまま、すっとーーんと、興奮が冷めてしまったんです。
そのくらい、嫌だった^^

でも今読むと、かなり余韻残していい風に読み終わる事が出来ました。
いい漫画だわ。設定もいい、話もいい、キャラもいい。そして絵がいい(笑)←まだ言うか!

久しぶりに感動させていただきました。ありがとうねこっち!


これが今の。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。