スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SPEC  漸ノ篇 映画感想

(2013-11-04)
スペックを見てきました。お仲間は大熊、下娘。

今日はレディースデイだったので、私と下娘は1000円。なので、大熊の分だけ前売りを買って、鑑賞。

面白くない事はなかった^^、と。最初にそれだけは書いておかねば。以下ネタバレ・・・あり・・・か???



ただこの映画は、見事な導入部でございました。きたるほんとの最終回に向けての^^
漸の章 終(正確な表示は忘れましたが)の画面になった瞬間、口ぱかっ!!・・・。
えっ!?ここで終わり!?って^^
この口ぱかっ!の音が隣の下娘にも聞こえていたらしく、「おかーさん、ものすごくびっくりしてたね」と言われる始末。

面白くない事はないんです、ええ。

でも、これは個人的な感じ方の問題だとは思うんですが、最初のテレビシリーズ、そして去年のテレビスペシャルまでは、掛け合いや笑える部分など、とにかくセリフのテンポが非常に良くて、キレがすごくて、そういう部分のスピーディな面白さが好きだったんですが、去年の映画でも、今回のでも、一つ一つのシーンが無駄に長くて、面白いセリフもテンポが非常に悪いがゆえに笑えない部分がとても多かったように思えました。

瀬文さんもキャラ変わってるしね。去年の映画からね。

ニノマエとかと戦ってた時の方が、敵対してるものがシンプルでわかりやすかったのになあ。冷泉さんとかね、サトリマスとかね。SPECも分かりやすくてキャラもインパクトがあって、ストレートに面白かった。
映画になって、話が段々世界規模になってきて、わけが分からない・・・と、言うか、すっきりしない。

そして最初は確かに刑事モノなドラマだったはずなのに、今や妖怪大戦争の体に(笑)

でも今回は吉川がよかったな!
あのスペシャルだけのキャラなのがもったいない!と思っていたので、彼の復活は非常によろしかったです。彼の復活方法も最高でございました。

いろいろ言っておりますが、でも好きなんだよねー。
なのでもちろん次回、コウの篇(コウが変換で出ない^^!)も、見に行きます。

そして次回を見に行く前に、テレビシリーズをもう一度見直したくなりました^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。