スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


探偵はBARにいる2 映画感想

(2013-06-01)
本日見てまいりましたー。大熊と。これで一連の映画月刊終了。ここまで集中して見たことってあんまりないわ。近いのにね^^




4月の「舟を編む」から始まって、「図書館戦争」「県庁おもてなし課」そして「探偵」。見たいと思うものが続けさまだったので、充実してた。でも今日の予告編でも、見たいなあと思うものがなかったので、また間が空くかな。

4つとも面白かったです。はずれがなかった。

今回の探偵。前回も映画館で見てます。小説はシリーズの最初の巻だけ読んだかな。

さて、今回の探偵。相変わらずなノリで、笑えるシーンありーの、アクションありーの、ちょっとしんみりするシーンありーの、盛りだくさんなエンターテイメントでございました。

「探偵」に求めるものはホンマ、わかりやすい「娯楽」なので、その点で充分な作品だと思いました。

見終わって最初に思ったのは(大熊も同時に)「トラックの運ちゃんかわいそうやろーーーーーーーーーっ!!!!!」でした^^
いや、これはね。あまりにも納得いかないけどね。

入りは最高に面白かったし(「サッポロは最高にきれいな街だ。・・・こんな状況でなければ」みたいな^^)、前からおなじみのメンバーも非常にいい味出してて、よかった。

前作の小雪さんはしっとりと美しく、今回の尾野真千子さんの立て板に水を流すような、口達者な大泉さんを上回る迫力の見事な関西弁。いいわー、好きだわー。

ただ、この映画PG12なんだよね。12歳以下の子は保護者同伴でないと見れません。

・・・って、12歳未満!?おねーちゃん乳モロだしで、ベッドの上でくんずほぐれつするシーンありましたけど?母の立場ではCEROZでよろ!な感じなんですが(あ、これはゲームのレーティングか^^)、大熊は「まあ中学生からはいいんじゃない?との事。」くんずほぐれつの場面が、微妙に見えるようで見えない細工だったから?でも乳と後ろお尻はモロだったし、私は許せんな。

そもそもこのシーン、全く必要なかったと思うんだけどね。
まあいいか^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。