スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書館戦争 映画感想

(2013-04-29)
映画第2弾。図書館戦争を見てきました。お伴は大熊、下娘。




大熊は「面白かったー!岡田がかっこいい。ほんとにかっこいい。男がホレる男だ」そうです。下娘も「キャラが違和感なかった」そうです。

結論としては、面白かったです。
私は原作、白泉社のコミックも読んでます。大熊と下娘はコミックのみ。

話しのメインは、情報歴史図書館の攻防。

アクションはすごかった。銃撃戦も迫力満点。映画の短い時間のせいで、いろんな部分がものすごく端折られていたのはしょうがないとしても、見ていて気になる部分も何点かありました。原作とニュアンスが違うんじゃないかなーって部分とか。これは個人の思い込みの部分と違うって事かもしれませんが^^。

でも何がいいって、やっぱりキャラクターに違和感がない事。堂上の岡田くん、笠原の榮倉奈々ちゃん、手塚の福士くん、柴崎の栗原千明、小牧だけがなー、もっとスマートでかっこいい感じがよかったなー。ちょっとイメージよりはかなり丸い(笑)

玄田はもっとごっつい感じなんだけどなー…と思いながら見てたけど、映画を見たら、違和感なし。玄田だった。折口さんもいい。

とにかく世界観はちゃんと守られてる感じで、そこがよかった。俳優ありきで適当な原作持ってきたみたいな作りじゃないのが本当によかった。←某ビブ○アみたいな^^

岡田くんは本当に、文句なしにかっこよかったし、榮倉奈々ちゃんが、ほんとにかわいいんだー。原作でも郁の「足」が褒められてたけど、ほんっとに長いの。すとーんとまっすぐで。

でもあれですかね、これは2がありますかね?そういう作りだったように思えます。もちろん好評でなければ無理でしょうけど、2があればぜひ見たいな。王子様ばれの部分から、茨木の美術館の話。・・・見たいです^^。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。