スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋のドレスと白のカーテン その2

(2012-03-31)
なんと間の抜けた、その2であることよ^^

とりあえず自分のための覚書をちゃんと書かねば書かねば書かねばー!と、時間ができたので^^こっそりと。




後半の感想。

後半は広がった風呂敷を一辺ずつきれいにたたんでいく過程とでも言うか・・・。

シャーリーの廃嫡問題の結末。そして前巻から経過した時間の分だけ、変わっていった二人の周りの人たちの、その後の姿。

リルは挿絵が欲しかったなあ。
そうだよねー、あのくらいのお年頃は変わる!!子供の同級生でも1年見ないと「だれだっけ?」なんて思う子、いますもん。シルエットが縦長になってね。娘さんになっていく。

エドもね。なんだか大人になって^^根性は変わらないけど!でもああでなくっちゃ。彼は。

そしてデイヴィー夫妻。コーネリアは変わっているようで、やっぱりコーネリアで。そういうところが妙に嬉しい。男の人はそうそう変わらないけどな!!

と思ったら、イアンは変わったか^^パメラも変わったようで、やっぱりパメラな部分が嬉しかったです。変わっていく部分と変わらない部分。経過した時間というものをしみじみ感じる人たちの登場。

そんな中での後継者問題は、想定外(大笑)
そう来るか!!そうきたのか!!まさかのどんでん返し的大団円。素晴らしい!素晴らしすぎる。「風」は最強でございましたな。

この、儀式前の親子の会話、シャーリーのサイン、一人退出後のクリスとの短い会話、そして残されたハクニールさんたちの会話、「風」、クラウドと老フォークナー、アルフの決断。この一連の部分の描写、めちゃめちゃ好きです。いや、なんだかものすごく、このシリーズらしさが出てるシーンとでも言うか。目に浮かぶよう。

特にシャーリーがサイン後退出するシーンは、なんだかとっても、美しかった・・・。非常に貴族的というのか。あの潔さが美しい。

そして私がこの巻で泣いた部分は、実はここ。
「お前の子なぞに興味はない」というアルフの、今までにない、ものすごい率直な言葉。このセリフに泣きました(笑)
彼の必死さというか、失いたくないと言う気持ちを、ここまで正直に打ち明けたという・・・。あのアルフが!!ですよ!
父親としての愛が溢れてた・・・^^
こういう表し方を今まできっとしてこなかった(できなかった?)人の、ここまでの気持ちに、ちょっとうるるんと来てしまったのでした。

幸せな人だよ、本当に。シャーロックという人はね。

ジャレットの話は、終わってない。なので、読みたいです。それこそ、数巻あってもいいです^^
少女小説にはならないのか・・・^^ならないならコバルトじゃなくてもいいから・・・^^

アディルの話も。これは欲しいでしょう!!シャーロックがアメリカに行ってる間に何があったのーーーう!!これはコバルトでいけるはず!

さて、ラストシーンはお待ちかねの結婚式。
ここはもうただただ幸せな(ジャレット絡み以外・・・)シーンなのですが、やっぱりお気に入りは、「幸せになってもいいの?」というクリスの問いに対するパメラのあっさりした答え^^
「いいんじゃない?今さら誰も止めないわよ」・・。

くどくど言わないのよ。パメラは。耳障りのいい言葉でもないの。もういっそ清々しいほどの、あっけらかんと陽性のお答え。ほんと、好きだわ。
シャーロックに対する「何分けの分からないことを言ってるのよ!」とかね^^愛しすぎる。

最後の最後までソフィアさんには勝てない、ハクニールさんとのこの会話も好きー^^

好きなとこだらけだ。これはもう仕方がない。

終わってしまった・・・っていう寂しさは、不思議なほどなかったです。満足。幸せ。読めてよかった。
じわじわと、あったかいものが、胸の中に広がっていくような、そんな終わり方でした。そのあったかさが、幸せだなあって。

本当に楽しませてもらいました。また時間をかけてゆっくり読み返したいな^^

とりあえず次の新刊は買ってみようかなと思うのでした。新シリーズ。どんなかなー・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。