スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書館戦争 小説感想

(2011-06-27)
待ちに待った図書館戦争シリーズ文庫化!!長かったですよね。きっといろんな大人の事情があるんでしょうが^^、1冊1600円は高いし、何より場所をとるのが辛い!そしてハードカバーなので寝る時に読み辛い!←ウトウトっとしてうっかり落とすと刺さるから!!

基本単行本サイズでは買わないようにしているので、文庫本化、本当に待ってました^^
シリーズ2までは図書館で借りちゃったんだけど、それを予約したところで文庫化情報をGETしましたので、あえてそれ以降は借りず、待ちました。

4月にシリーズ1、2(図書館戦争、図書館内乱)が同時刊行で、これは読んでいたのでさらりと。巻末のおまけショートが美味しかったー!有川さんの文庫にはたいていおまけがつくので、そのせいで余計文庫で欲しい^^




5月にシリーズ3(図書館危機)。これは読んでなかったので、発売日に買いに行って、ガッツガッツ読みました。そして読んだ途端、次の巻が待ち遠しくて待ち遠しくて^^




首を長く長くして、キリン通り越してろくろっ首になりそうなところでシリーズ最終巻刊行(図書館革命)。




昨日読み終わりました。

面白かった!!多分、あとがきにも書いてあったけど、さらりと書いてあるような言葉一つとっても、すごく冒険な内容の本だったようで。
こちらがさらりと流してしまえるようなものなのに、というのが、非常に驚きで、そして非常に怖かったです。

私は新入社員教育で、ある教育ビデオを見せられました。本当に無知な私が、そんなものは江戸時代、せいぜい最近と言っても、戦前までの話だと思っていた、「差別」の問題でした。
知らないことは罪、知ることは本当に大事だと思います。

でも逆に、それが現在に至るまで続くものだと知らずに育った私は、知らないが故に差別することもなかったというのも事実で。知らなきゃ差別のしようもないですもん。・・・この辺の加減が本当に本当にデリケートで難しいところだと思いますけど。

そんなことを思い出してしまった内容。
この物語の中で「聴覚障害者は物語の主人公になれない」話とか、めちゃめちゃ衝撃で、重いテーマだったと思います。
そして現実にアニメ化の際も放送されなかったとか。

それは差別だ差別だという人の方がよっぽど差別してるんじゃないか。
自分が正義だと信じて疑わない人ほど恐ろしい。

この本で非常に印象に残った言葉でした。そしてその通りだなあと思うのでした。

そんな非常に重いテーマを扱いつつ、でもこの本は恋愛が主軸なんだと思ってます。根っこは少女漫画なんだと思って読んでました。私は。

重さと軽さの調和。
有川さんの有川さんたる所以だと思います。この人の話の、そういうところが大好きです。

重い方、最後はすべて解決するわけじゃない。でも、展望が開けて、本当にホッとしました。
そこに至るアクションでは本当にもう、手に汗握りましたもの!!ハラハラしながら、郁の行動を追いました。

自分は一般市民の方でしょうが^^、でもこういう感覚の人がいてくれますように、現実世界でも!!と願ってしまいます。

そして軽い方^^
いやもう・・・。堂上、郁コンビも最高に楽しめましたが、手塚、柴崎コンビの方に、今回はもっていかれました(笑)
「レアな担保」に萌えまくり^^

巻末のプリティー・ドランカーがこれまた・・・いい^^
ものすごい思わせぶりだよ、っつか、ものすごいはっきり意思表示してるのに、それでも疑う手塚の鈍い事と言ったら。
このもどかしさがツボです。

小牧と毬江ちゃんコンビも大好きなんだよなあ・・・。玄田と折口も・・・って全部やないかい!

どこをとっても何をとってもツボというのが、非常に美味しかったです。

でもシーンとして一番萌えたのはやっぱりシリーズ3の、郁のはじめての実戦。そのシーンでの堂上との絡みかな。・・・よかった・・・。うむ。
シーン自体はもう、本当にものすごく痛かったけど。基本アクション系の映画も苦手なくらいですので(血とか出るのを見るのが好きじゃない)、辛いシーンでした、けどね。
でも綺麗事じゃない、こういう所を素通りしないことが、やっぱり図書館戦争たる所以、だと思います。

本編は終わりましたが、来月別冊1、再来月別冊2が出るそうです。
別冊1を本屋で見ましたところ(ハードカバーの方。中はもちろん読んでません^^!)「激甘注意」の注意書きが表紙に・・・っつか、帯に!

基本この方の話って、ベタベタに甘いじゃあないですか!なのにこんな注意書きまでついてしまう甘さってどんなんなんーーーーー!?
ベタ甘大好物な私は、昨日読み終わったとろこなのに、もう来月が待ち遠しくて仕方ありません^^

当分楽しめます。
ああ、幸せ。

図書館戦争文庫化の次は是非とも植物図鑑文庫化で・・・!


コメントの投稿

非公開コメント

文庫化

読まれましたか
いいなぁ~
ワタシも買ったはずなのに娘(小)に強奪されまだ1ページも読んでない
先日4を買って来てっておいおい
こうなりゃワタシが読むまで買わないぞぉ
だってあんまり面白いから友達に貸したって…
有り得ないし
ワタシが読みたくて買ったのにマジ有り得ない
すいません
グチになってしまいました

いや私でも

それ怒ります(大笑)!!怒りますとも!!

私も下娘と共用中。でも、下娘はまだこないだ買った「武士道セブンティーン」を読んでる途中なので(読むのが非常に遅い人なんですよ。文庫本で数週間持つ^^)、しめしめ・・・という間に読んでしまいました^^。

上娘には「面白いよ!」って勧めてるのに、全く興味を示さず。最近面白かったのは「化物語(西尾維新)」と「バトルロワイアル(高見広春・・・今更^^?)」だそうです。
・・・私にも読め読めと言うんですが、・・・時間があったらね^^?←お互い様(笑)

面白かったですよ!4冊あれば読みごたえも十分!
早くお友達から返ってくることを私も祈っておきます^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。