スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリンセストヨトミ 映画感想

(2011-05-30)
プリンセストヨトミを見てきました。いつものごとく、映画のお供は下娘。

pt_twitter_icon_b.jpg

11時55分からの回だったので、11時40分に家を出発。着いたのはちょうどくらいでした。ちゃんとトイレに行く時間もあったし^^
台風が近づいてるとのことで、昨日も一日雨との予報でしたが、ちょうど運よく行きも帰りも傘を差さずに済んでラッキー。映画を観てる間とかは結構降っていたらしいので、どちらかの行いがよほど良かったのでしょう^^。

以下、普通にネタバレしてます。多分。未見、未読の方はくれぐれもご注意ください。

さて、プリンセストヨトミ。
原作は文庫になってすぐに買いました。なので帯についてたキャストを見て、疑いもなく旭=綾瀬はるかだと思ってました。
・・・鳥居かーーーーっ!!こりゃまた。




いや、綾瀬はるかのイメージは旭とは違うなあとは思いましたが、でもそういうクールな役にも挑戦するんだーとちょっと期待してたのに。

鳥居な綾瀬はるかは、まあいつも通り^^すっとぼけてて一生懸命なんだけど、抜けてて。
可愛かったので良かったですけどね。

原作とはいろんな部分で違ってました。原作を読んでない人には非常に不親切な作りだったような気がします。ここはこうだから、こういうことなんだなって説明が結構省かれてたり、タイムリーに出てこなくて、あるシーンがポッと出てきて、これは何なんだろう・・・?って思ってからだいぶ経ってから説明される、とか。

本を読んでるので、これはあのシーンなんだなってわかりますけど、そうじゃなかったら「???」な部分が多かったんじゃないかなあ。

ただ、旭を男にしてしまったことで、原作の大事な部分を変えないといけなくなるので、どうするんだろうと思ってましたが、まあその辺は違和感なく作ってあったので、流石な感じはしました。

でも原作の旭の「見てみたかった」と、映画の旭の「見てみたかった」には何となく二ュアンスの違いがあるように思えました。
なので、府庁舎からうすら笑いを浮かべて見下ろす姿にはちょっと違和感。

テンポも良かったとは思えない。話が端折ってある割には冗長に感じだし。
役者さんの魅力で引っ張ったって感じかなあ。

堤真一よかった。彼はほんとに原作のままって感じ。
中井貴一も良かった。雰囲気が非常に合ってた。

大輔、彼の扱いがかなり端折られてたようで中途半端な印象だったけど、役者さんはすごく良かった。

そして茶子。茶子の苗字が出てこなかったのはわざとだろうなあ^^音で聞いたらすぐわかっちゃうもんね。私は原作の、漢字の苗字で全く気付かず、最後の最後で、「ああ!そういうことか!」ってやっと気づきましたもん^^←これはさすがに遅すぎ。

茶子のあの凛々しい顔はナイス!!いい!すっごくかっこ可愛かった。彼女も本当に原作のイメージそのままだった。

山本アナがニュースの途中で席を立ったのをみて、「あり?お住まいは大阪じゃないのに?」と思ってしまいました^^大阪の男だったらいいのか^^
群衆の中でも叫んでらしたのが笑えたー。いいわー。

「ひょうたん」のシーンも、ビジュアルがすごかった。字で書かれたあの風景はこんな風なんだって、非常に面白みがって、好きでした^^

そういう、大阪の街並みとか、大阪の番組とか、そういう背景に馴染んた人には非常に感慨深い映画であるとは思います。
私も、アンカー、毎日見ておりますので^^

一番の見せ場である、府庁舎での討論。そして、「なぜそんな荒唐無稽なことを信じるのか」という松平の問いに対する、真田の答え。
これはやっぱり原作でもすごくジーンときたし、映画でも非常に大切に作ってあったので、ジーンとしました。ここが好きなのよ。この荒唐無稽な話の。だからよかった。

映画では戦国時代の描写がプラスされておりまして、最後のシーンはもしかしたら余計なのかもしれない、でも私は「おおっ!」と思いました。

星をつけるとしたら、5点満点で3、かな。
めっちゃ面白かった!!とは言わない。でも、そこそこ楽しめました。
原作が好きで、大阪に馴染みのある方なら普通に楽しめると思います^^


コメントの投稿

非公開コメント

見ましたよ~

映画の番宣で知って、万城目さんなら読みたいなぁ~と思ってたら先に映画になりました
だから原作知らずに行ったんですが…
番宣だけの情報なのでとっても物足りなかったです
なんかもうちょっと波乱があるのかなぁと勝手に想像してたから
でも人間ドラマとしては良かったです
堤さんと中井さん
良かった
これから原作読んで楽しめますか
普段は原作先行なので映画観てから読むのはどうなのかなぁ

ご覧になりましたか!!

物足りないっていうのは分かる気がします。ちょっと単調な部分がありましたよね。

こないだ見た阪急電車はわりと一気に見れた感じがしましたけど、今回は、原作を知ってるので今がどのへんだか分かるからまだいいものの、先が見えなかったらちょっと退屈だろうなあって思いながら見てましたもん。

これは人間ドラマですよね。突飛な設定に乗っかった、父と子の絆の話ですもんね。

原作はぜひぜひ読んでください!!いろんな部分が補完されて、「おお!なるほど!」って思えるかも。
あの厚さも分、内容ももちろん濃いので、オススメですよ^^

拍手コメントくださった方へ^^

コメントありがとうございます!
お返事遅れてすみません。

このような感想文でも喜んでいただければ非常に嬉しいです。
他にも楽しんでいただけるものがあるといいなと思います^^
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。