スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅田真央 さらなる高みへ

(2011-05-12)
いろんな書評で評判がよろしかったので、借りてみました。図書館で^^




こういう「浅田真央物語」みたいな本を読むのは初めて。

生まれた時から、バンクーバーを終えて、佐藤コーチに変った、ほんまに最近の話まで。出たのが2月なので、さすがに世界選手権の話はなかったけど^^

こういう本を読むと、才能はもちろん生まれながらに授かっていたのだろうけど、今の真央ちゃんを形成したのはほんまに「努力」なんだなあと。

最初から山田コーチのあのクラブ出身なのかと思ったら、始めは星が丘だったんですね!星が丘のリンク・・・行った事ありますよー^^。
そして山田コーチの大須のリンクに移って(行った事ありますよー^^って、どーでもいい事だ)、ラファエルコーチ、タラソワさん、そして現在の佐藤コーチ。

ラファエルコーチの顛末はちょっとびっくり。なんといい加減な。良くあることなんでしょうかねえ??急にいなくなったので、どうしたのかとは思ってました。当時。
「コーチ不在で練習してる」なんてテレビで聞いてましたから。

タラソワさんとの師弟関係はテレビ越しにも非常によろしく見えてた。あの包容力のある体で^^、演技が終わるとギュっ!と抱きしめて。真央ちゃんも自分からタラソワさんに寄りかかるようにしてた時もあって、本当に信頼関係があるんだなあって。

彼女がコーチになってからジャンプが飛べなくなったとかいろいろマスコミには言われてましたが、でもあの「仮面舞踏会」は衝撃だった。素晴らしかった。

でも外国のコーチだと中々にいろんな調整が必要なようで、最終的に今の佐藤コーチに。

外国のコーチに教わってる時は、日本のコーチとか全くノータッチになってるのかと思ったら(すみません、素人で^^)、全然そんな事無くて、靴は小塚くんのお父さんと選んだり、ジャンプスランプだった真央ちゃんに対する長久保コーチの関わり方とか、何か・・・何と言うか、確かに国内のライバルのコーチとかそういう立場はあるけど、日本と言うひとつのチームでみんな頑張ってるんだなあ・・・みたいな。

真央ちゃんの努力と、そしてそういう人達の支えと、そういうもので今の真央ちゃんの素晴らしい演技がある、と。
改めて納得させられた本でした。

最初、行間が広くて字が大きいし、ルビ振ってあるし、「あれ?児童書?」と一瞬思ってしまったんですが^^、思った以上にボリュームがあって、読み応えがありました。
必要以上の写真に頼らず、ほんまに字が多かったし。

でもバレエをやってた頃のむっちむちの真央ちゃんとか、真央ちゃん好きにはたまらない写真もあって、非常に美味しい本でした。
面白かったーー!!

昨日読み終わって、今日は仕事が休みだったので、朝から棚の昔のDVDを引っ張り出す作業を^^
本で字で表されてた真央ちゃんの演技を、どうしても動画で見たくなって^^

2007年からあったかな。世界選手権とか、グランプリシリーズとか。バンクーバーオリンピックまで。
くるみ割り人形のシーズンも絶対どこかにあるはずなんだけど、見つけられなかった!残念。

改めて見ても、やっぱりすごいなあ。
昔、3-3をフリーで2回も飛んでたんだなあとか、また感心する事しきり^^

順に見てて、仮面舞踏会(正式にトリプルアクセル2回を認定されたのはグランプリファイナルですが、演技としてはNHK杯が最高に良かったと思います。)を見ていたら、何故だか涙が出てきました。
あの気迫、そして見ていてもいつから後半に入ったとか全く意識すら出来ない、怒涛のプログラム。素晴らしかった。ほんまに素晴らしかった。今でも一番好きなプログラムです。

オリンピックの「鐘」まで見て。
今シーズンも本当に、辛いシーズンではあったけど、それを乗り越えた真央ちゃんがどこまでいくのか、本当に本当に楽しみになりました。
がんばれ!真央ちゃん!!

余談:男子も入っていたので見てたんですが^^、高橋くん、小塚くん、織田くん、そしてランビエール、ジュベール、バトル、ジョニー・ウィアー・・・。何と言う眼福なシーズンであった事か(大笑)
目に美味しかったわー。

ランビのポエタは本当に好きだった。あとエキシビのロミジュリ。いいよねえ・・・。

そして世界選手権、最終滑走での中野友加里さんの「スペイン奇想曲」。
真央ちゃんがアクセルですんごいひどいこけ方をして、でもその後の演技が素晴らしくて優勝した年です。
・・・あれはもう本当に、素晴らしかったね。改めて見ても、ものすごい気迫で、完璧だった。
最後スタンディングオベーションで会場がすごい事になってたけど、納得。
私も家で1人スタンディングオベーションしてたんと違うかな^^

真央ちゃんだけでなく、いろんな人の演技を改めて見て、本当に感動しておりました。

そうそう、本でキム・ヨナさんに関する記事は非常にさらっと。真央ちゃん自身はそんなに意識してないとの事で。
必要以上にライバルライバルと煽り立てる報道は好きじゃないので、その事に関しても、非常に好ましく思える本でした^^



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。