スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィギュアスケート NHK杯 つらっと感想

(2010-10-24)
今年度グランプリシリーズどしょっぱつのNHK杯。
きっちり全部はまだ見れておりませんが、ちょこちょこつまみ食いで見た部分だけ。

昨日の女子FS。
フリーの4分間を完璧に近く演技する事がいかに難しいのか、と言うことをしみじみと感じた女子のフリーでしたね。

そうやって考えると、真央ちゃんに対する発言以来、どうしてもあまり好きになれなかったキム・ヨナ選手のすごさって言うのは、改めて感じてしまいます。メンタルの強さが半端ないんだろうなあ・・・。

昨日はフラットさんから、ようやく、よかったな、と思える演技でしたね。

佳菜子ちゃん、3回も転んじゃったけど、でも3位。すばらしい!!
SPの元気はつらつ!ってプラグラムとはまた違った、きっぱりはきはきしたFS。かっこいい構成なので、完璧な演技だったらめっちゃ見栄えがしそう。

今日のスポーツ紙には山田コーチの「20点」と言うからーいお点が載っていましたが、まさにまだまだこれから。いくらでも伸びシロのある選手なので、上々だったのではないでしょうか。

コストナーさん。
SPでよくって、FSでボロボロ・・・と言うのが続いていたような気がするので、昨日のフリーはほんまに久しぶりにいい彼女を見たーって感じでした。変な言い方ですが、ほっとしました。

真央ちゃん。あれだけジャンプが決まらないと、あの点でも仕方ないですよね。
昔、くるみ割り人形のプログラムの時の、まさに今の佳菜子ちゃんみたいな天真爛漫な笑顔、もう本当に長く見てないような気がします。
悲壮感がだたよう、とでも言うか。

ミキティもそういう時期があった。いっつも下がり眉で。そしてコストナーさんも。
みんな乗り越える時期があるんだと思う。真央ちゃんも、そうやって乗り越えていくのを、そっと見て行きたいと思います。

男子。

男子はもう高橋くん、彼に尽きますね。
暑苦しい!最高(笑)!!

あそこまで濃ゆくねっちょりとラテンを表現できる日本人がいようか!?なりきれるって言うのがほんまに彼の強みだと思います。
タメらしいタメのないジャンプとか、ほんまに見ていて、ただただ引き込まれていくばかり。

ステップ、似たような部分が何もない、高橋くんだけの、彼にしか出来ない、ものすごい独特雰囲気、、「曲」を表現と言うより「音」の一つ一つまで表現するような細かなステップは、圧巻。

素晴らしかった。

今回ミスはありましたが、でもとにかく「よかった!」って思える演技でした^^

アボット。
SPもすっごいいいと思ったのに、2位でしたね。スピンだっけ、点が0になったとか言ってたような。細かい採点基準とか存じ上げませんので分かりませんが、よかったのになーと、昨日はちょっとびっくり。

今日も彼は本当によかった。彼も独特の色気が出てきたような^^
優雅で、非常にかっこよかったです。

高橋君との点差は、演技構成点なんだろうか?分からないなりに後でプロトコルっちゅーのを見てこようかなと思います^^

羽生くん。
佳菜子ちゃんとのダブル表彰台にはなりませんでしたが、彼もめっちゃよろしかったですよね。
後半かーなーり、足にきてるようで、バテバテなのはこれからいくらでも改善できるだろうし^^最初の4回転はほんまに素晴らしかった。

ほんまに次世代が楽しみで楽しみで仕方ありませんな^^

あ、あとアモディオさん。
彼の名前、今回初めて拝見したんですけども、いやー、高橋くんとまた別の意味で濃い!
彼も最高。アピール部分だけでなく、ジャンプもスパッスパッと小気味よい感じで、非常に印象に残りました。
さすがキャンデロロのお国^^濃ゆくていいです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。