スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スキップビート 26 少女マンガ感想

(2010-10-19)
スキップビート 26 仲村佳樹。



素直に面白かったけどね。

それにしても、どこへ向っているんだ。
ダークムーンはなんか尻切れトンボな感じだし、いじめドラマも同じく。

ガラカメみたいにひとつの話(ドラマ)の結末までちゃんと書いてくれるんじゃないから、「そういえばあれってどうなったんだっけ?」とか思っちゃう。

本編の方でフォローがあるのかどうかは分かりませんが、コミックでは今のところないですよね^^

ま、この話にとって、キョーコのドラマって言うのはあくまでキョーコがいろんな役にチャレンジって言うエピソードのひとつなんだったら、この形もありかなって思うけど。

さて、またまた全く新しい試みが始まったこのマンガ。
敦賀さんが名前も伏せた役をするって言う話がありましたよね。あれの「役作り」の話です。それもなんと敦賀さんとキョーコが兄妹設定で(大笑)

いやー、面白いエピソードを持って来たなと。
敦賀さんとキョーコさんのステップアップエピソードになるんでしょうか?単に敦賀さんの耐え耐えを楽しむエピになるんでしょうか^^?

そんな事を思いながら、あの口ピアス、伊達かなあ?伊達だよなあ?と、どーでもいい事ばかり気になってしまうのでした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。