スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コミック コバルト

(2010-08-31)
Comic Cobalt



今日、下娘と買い物をしていて、こんなものを見つけたのでふらふらと買ってしまいました。
・・・とうとうこんな本にまで手を出すように・・・(笑)ほろほろほろ。

と、いうわけで、ほんまにざっと読み感想。全部を読んではいません^^

いつも書いていることですが、多分ネタばれあり。
そして、全部の漫画を褒めてはいません。好きなものは好きと書きますが、個人的に「あんまり・・・?」と思ってしまったものは「イマイチ」とか書いてあります。

悪意を持ったけなし方はするつもりはありませんが(私自身、客観的に、「この話は好きじゃない」なんて書かれている記事を読むのは全然平気ですが、悪意を持ってけなしてある記事は苦手なので・・・)、お好きな話を「イマイチ」とか言われるのが嫌いな方は、お読みにならないでいただけるとありがたいです。

さて、某書店でパートさんをしておりますので、ラノベと言うジャンルの文庫が、それぞれカラーをもって分類されているのは良く知っております。
ファンタジー系、少女マンガっぽい系(何て言えばいいんだ^^)、そしてBL系。

私は少女マンガっぽい系の分野が大好きで、コバルトやビーズログ、角川ビーンズなんかを読むんですが、ちょっとBLが苦手です。
ビーズログやビーンズにBL系が混じってるかどうかは知りませんが(そういうのに当たった事がないので)、コバルトってめっちゃ普通に混じってるよね^^

できたら、ほんまに個人的な希望なんですが、住み分けして欲しい・・・(笑)コバルト○○みたいに、別のタイトルだと嬉しいなあ・・・。

今回の雑誌にも、思いっきり普通に混じってて、ベットシーンもモロにあって、私が読むより先に娘達が読んでしまったので(コバルトだから、レディキャンディとかヴィクトリアンとか一緒に読んでるから大丈夫だと思ったんですよー・・)、ちょっとショック。

まあ・・・でもしょうがない、か^^

さて、内容。

伯爵と妖精 谷瑞恵+香魚子

これは、エドガーを好きな人のために漫画だなあ・・・と^^
エドガーの、小さな頃の短いエピソード。

絵はすごく綺麗。好み。
ただ内容は、元々伯爵と妖精をめっちゃ好きな人のための漫画、と言った感じかな。
この漫画を読んで、伯爵と妖精を読みたい!!・・・って言う興味を引き起こさせるものではないかな?

乙女☆コレクション かたやま和華+小桜池なつみ

怪盗レディ・キャンディって言うのがタイトルじゃなかったのか(笑)!
この小桜池さんの名前を、りぼんコミックかどっかのコーナーで見た事があるぞ?

絵は小説の挿絵とは大分違うけど、かわいらしくて華やか。
結人さんがちょっと線が細すぎるなあと思った以外は、非常に面白かったです。

読んだ中では一番よかった^^

この後のもんでんあきこさんの漫画が↑ちょっとびっくりした漫画です^^
もんでんあきこさん、アイスエイジが大好きなんですが、作者名、ひらがな表記だったような・・・。

この雑誌ではモンデンアキコと言う表記になっているので、内容によってもしかして変えてらっしゃるのかなあ??

炎の蜃気楼 邂逅編 桑原水菜+ほたか乱

これは原作を知りません。
が、ちょっと・・・・っぽいかなあ・・・^^???

でもこれは普通に読めました。色恋の話じゃなかったので。結構面白かったです。
・・・でも、・・・っぽいかなあ???と言う気がするので、原作を読む事はないかな^^

ヴィクトリアンローズテーラー 青木祐子+木々

木々さんって言うのはマーガレット系で書いてらっしゃる方かな?

内容は本編の、大分前のリルが出てくるシーン。ほんまにちっちゃなエピソードって感じ。
絵は挿絵のイメージとは大分違います。

一番違和感があるのはシャーロック・・・と言いたいところですが^^、実はローズカラーズのお店の外観が一番違和感がありました(笑)。
もっと他の建物と近いっぽいイメージだったわ。←こればっかりは個人的な脳内イメージなので、どうしようもないですね^^

お釈迦様も見てる

これも男子校の話で女っけがこれっぽっちもなかった・・・・。
っぽい話^^。

・・・でも待て。
そもそもコバルトは、私の思ってる少女マンガっぽい系がメインではなく、もしかしてBL系がメインな文庫のシリーズだったのではなかろうか。
私の認識が間違っていただけではあるまいか・・・と言う気がするラインナップでございました^^

そうなのか?そうだったのか・・・。

とりあえず、まだ半分でございます。
この続きの話はまた後日感想を書きたいな・・・書けるかな^^。

とにかく分厚くて、読み応えのある雑誌ではございます。値段も高いけど^^←680円

お目当てはもちろんヴィクトリアンローズテーラーでしたけれども、正直、内容の満足度でいえば、個人的にはこの間のフェアの小冊子の方が、ときめき度が高かったです^^。
あれは真剣美味しかった(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。