スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームレス中学生 DVD感想

(2010-08-13)
いやいや、世間様は今日からお盆と言う雰囲気でございますが、わたくし一家は昨日帰省から帰ってまいりまして、すっかりお盆は終わった気分でございます^^
なんかずれてるぞ?

一応混む時期をはずしたつもりなんですが、どうだったんでしょう。ちょっとは助かったのかどうなのか^^

さて、昨日自宅に帰宅いたしまして、帰りしな、80円レンタルと言う破格値を打ち出したGEOにより、それぞれ見たいものを借りてきました。

大熊は「天使と悪魔」「レッドクリフ」
私は「ホームレス中学生」「ザ・マジックアワー」
下娘が「夏目友人帳(アニメですね)」
上娘は何もなし。


趣味が分かる・・・^^にゃんこ先生は、下娘曰く、目が大きすぎてかわいくないそうです^^

昨日大熊と下娘がテレビを見てる横で、ひと月ほど前に買った携帯できるDVD再生機(正式な名称名何ていうんだ??)でホームレス中学生を見ました。

これ快適だわー。

今まで、居間のテレビはほぼ9割がた下娘が占領しておりまして、DVDを見ようと思ったら、娘が学校に行ってる間(今のような長期休暇中はまず見る機会がないってことですね^^)もしくはパソコンで見るしかなかったんですが、パソコン部屋は寒いか暑い。そしてパソコンで見るって、何かリラックスできない。2時間もって、ちょっと苦痛。

それが昨日はエアコンの効いた居間で、画面こそちょっと小さいけど、快適に見る事が出来て、めっちゃ嬉しかったでございます。



さて内容。
本の方は読んでおります。お兄ちゃんの「ホームレス大学生」も読みました。



前半は面白かった!
後半はちょっと重くなって来て、笑える場面がなくなり、うん、ちょっと長いような気がしたなあ。走ってるシーン、何かしてるシーン、一つ一つのシーンがちょっとずつ、長いと思ってしまいました。

必要のある長さなんでしょうけど。
映画館で見たら、印象も違うのかな?

とにかく言葉が良かった。ネイティブな^^違和感のない関西弁。
お母さんだけちょっとイントネーションが違って違和感があったけど、後の人はめっちゃ自然。

小池くんが関西弁ネイティブなのは知ってたけど(ラブコンで^^)、他の人もそういう人を集めたのかなあ??
違和感のある方言ほど聞きづらいものはないので(それなら設定自体を変えて、いっそ標準語にしちゃえばいいのに!と思う映画、ドラマは多々ありますね)、すっごくよかったです。

基本方言フェチなので、なんか言葉自体が暖かい感じがして好きだった。おばちゃんの言葉とか、お兄ちゃん、お姉ちゃんの言葉。

お姉ちゃん、ちょっと言葉が乱暴だけど、方言だとそれすらかわいい。

本は本当に、淡々と書かれていて、重いことでも「重い」と思わずに読めたのですが、映画ではいろんな事がやっぱり視覚的に入ってくるせいか、後半のひろしの鬱屈は、見ていても辛くて重かった。
まだ中学生、なんだよね。

うちの上娘も中学生です。
だからいろいろ親視点から思う部分もある。お父さんのした事は何がどうであれ許せないし、逆に娘の友達がそんな目にあってるとしたら、映画のおばちゃんのように、できる事を何でもしてあげたいと思う。

基本、暖かい話だと思う。
悪い奴が居ないんだもん。出てこないんだもん。
主人公も、兄姉も、助けてくれるおじちゃんおばちゃん達、パンをくれたおっちゃん、公園で戦ったくそガ・・・小学生達、子供らを突然捨てたお父さんですら。

ちょっと泣けて、でもちょっと暖かくなる話でした。
誰かのために、ちょっとだけ、何かをしてみよう、って気になる映画です。

小池徹平くん、草は食べるわダンボールは食べるわ、お尻丸出しにするわ、素晴らしい演技でございました(笑)
幾つになってもかわいいよねえ^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。