スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


借りぐらしのアリエッティ 映画感想

(2010-07-19)
土曜に公開した借りぐらしのアリエッティを今日見てきました。

arrietty_banner_300_60.jpg
HP

近所のワーナーまで下娘と徒歩で^^
チケット売り場かすんごい人だった・・・!ワーナーのエリアからあふれて、通路まで。ありゃ買うのに30分弱かかるで。

うちは今回も前々日にチケットを買っておいたので、並ばずに済みました。

人気だったのは踊る大捜査線かな。次の回くらいまで完売だったわ。あとポケモン。
ほんまに息が長いわなあ。ポケモン。そろそろピカチュウも寿命じゃないのか^^

アリエッティは「残少」くらい。それなりに満席近かったです。

それにしても、寒かった!!一応カーディガンは持参したんですが(映画館には必需品)、それでも30度超えの屋外を10分弱歩いて来て、映画館の中に入った途端「ああ、涼しい」を通り越して「さむっ!」と思う温度ってどうよ^^?

この映画館ではブランケットの貸し出しがありまして、隣に座ってた3人組の若いおねーちゃん達は揃って膝にかけていました。
ちょっと離れた席の小学生は、膝どころか、「これから寝るんかい!?」と言うくらい、こっぽりと、肩から足までブランケットに包まってました。
私もカーディガンでは絶対途中で寒くなると思って、ブランケットを借りに。そしたら「もう1枚も残ってません」って・・・。

そりゃ設定温度に問題があるって事やろう^^!?
しょうがないので、「寒すぎるので温度を何とかしてください」とだけ声をかけて、手ぶらで席に帰りました。

アニメなので、90分程度だった事、そして多分温度をいくらか上げてくれたであろう事もあって、カーディガンで何とかなりました。

冷房の体感温度って個人差が大きいから、難しいんだろうけどね。

さて、アリエッティ。

まあまあ面白かったです。
音楽がいい、綺麗。色が鮮やか。光の加減とか、風景に奥行きがある感じ。こないだ見た3Dよりよっぽど奥行きが感じられたぞよ^^。

ストーリー。

古いお屋敷の床下に間借りして暮らしているアリエッティ家族。昔はもう何家族かいたらしいけど、今はお父さん、お母さん、そしてアリエッティの3人だけ。
ハーブなんかの葉っぱは庭から拝借するけれど、生活必需品は、必要になったその時その時に、人間に分からないように必要な分だけ、「借り」て来る生活。

お屋敷には老婦人とお手伝いさんの2人だけが暮らしていたが、体の弱い男の子を預かる事に。
その日がアリエッティの初めての「借り」の日だった。
お父さんに連れられて、角砂糖とティッシュを拝借しようとしたその時、男の子、翔に見つかってしまう。

翔は「怖がらないで」と言うが、人間に見られてしまったら、アリエッティたちは引越しをしなければならない決まり。生き残るために。

アリエッティの姿を見たい翔と、関わらないでほしいアリエッティの間に、少しずつ交流が生まれ、とうとうアリエッティたち家族に危機が訪れてしまう。

面白かった、面白かったんですが、うん、ちょっと薄味な感じ。
起承転結のあるお話と言うよりは、ひとつのエピソードって感じかなあ。

でもこれが今に始まったことでなく、こないだテレビでやってた紅の豚(ジブリ作品では一番好き^^)だって、何が解決するでなく、エピソードっちゃエピソードだったんですが、満足度がちょっと違うような。
うーん、個人的な好みかな。

借りのシーンとか、ドールハウスとか、とにかく凝ってて、見ごたえがあった、けど。
翔の心に残った、ある夏の出来事・・・って事なので、これでいいと言えばいいのか。

翔が良かれと思ってドールハウスの台所をプレゼントする辺りとか、翔の行動はすごく乱暴。
でも帰ってからHPを確認したら、12歳、なんですね。
なら納得か。映画見てるときにはもう少し年齢が上かなと思ったから、すごく無神経に思えたけど、12歳ならまだ理解できるわ。配慮のなさも子どもの純粋さと言うことで。

ところで、ハナさんは一体彼らを捕まえてどうしたかったの??それがとてもとても謎だったわー。すごく好奇心が旺盛なんだろうけどね。ちょっと毒の部分しか見えなくて、よー分からんかった。

ま、種族の違う男の子と女の子の出会いはお互いの心に残るだけで。翔の心に不思議な出来事として、アリエッティの心にも怖いだけの存在じゃない人間として記憶に残して、それぞれちゃんと自分の世界で生きていくんでしょうね。

ちょっとノスタルジックな印象が残りました。
下娘も面白かったと言っておりましたので、まあ、満足です^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。