スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラノベいろいろ

(2010-04-05)
ラノベって言うジャンルでいいのかな?何ていうのかな?と、いっつも悩むシリーズ(笑)
大学時代のバイトも含めたら結構な年月本屋でバイトしてるのに、こんなんでいいのか^^

風の王国シリーズ、ヴィクトリアンローズテイラーシリーズ、花咲く丘の小さな貴婦人シリーズで味を占めた私はちょっと今コバルト系文庫にはまっておりまして^^、いろいろ手を出し中。



図書館で借りたのあり(恋のドレスも最初は図書館だったし)、まみさんから借りたのあり。はっきり言ってまみさん文庫の充実度を図書館に見習って欲しいものだ(笑)

でもどのコバルトでもいいわけじゃあないんだよ、と言う事に気付く。そりゃあそーだ!!
で、ここしばらくいろんな系統を読んでるうちに、自分の好みが段々分かってきました。ざっくりだけどね!もちろん例外はあるし。

基本、コメディよりしっかりした話が好きだと。ドタバタシーンとか、「だから何?」とか思っちゃうのはやっぱり年のせいか(大笑)
全くの別世界より、現実世界にリンクした世界の方が好きだ、と。

風の王国なんてもろ史実って雰囲気だもんねえ。ヴィクトリアンも、昔のイギリス、でしょ。花咲く丘も同じ。
ちょいと毛色は違うけど、十二国記もそう。
・・・そういうのが分かればそういうのを選んで読むといいのか、と分かってくるのでございます。



そこまで分かっていながら、まずは表紙の絵で決めちゃう私。・・意味がねえ^^

そんなこんなでここしばらく読んだ中で、私が一番好きだったのが、これ。



これは結構面白かった。
最初、絵がちょっと苦手だなあと思ったんですが、話の内容は絵と関係ないからねえ。

でもコバルトはまず手に取る段階で、表紙の絵が好みか好みでないかって言うのはかなり大きな要素なので、人から借りるって言うのは、いろんなのを読むのに美味しい方法でございます。
自分だったら手に取らないけど、読んでみたら面白い!って言う本は本当に多いから。

人には見えないものが見える、天珠の瞳を持つティファニーは、アメリカの生活ではその事を隠してごくごく平凡に暮らしていたけど、その力を持つ人間を必要としている鏡の国に連れて行かれてしまい、そこで出会った王太子と恋に落ちる、と。
まさにコバルト!な、王道の話でございます。

ツンデレシリンはお約束。王子様はツンデレでなくてはならんのです。

とりあえず今のところ出てるのは2冊。
「鏡の国の女王陛下」で無理やり連れて行かれたティファニーは元の世界に返ろうとし、「鏡の国の王太子殿下」で、ここの世界で生きていくことを決意するものの、シリンとティファニーはまだまだ平行線。
これからじわりじわりと近づいていくんだろうなあと言う雰囲気が好きなのです。

これの次にいいなと思ったのは、コバルトでなくビーンズの「身代わり伯爵シリーズ」



これはねー、話が基本ドタバタと進んでいくので、そのドタバタは読むのが正直辛い(笑)
でもミレーユとリヒャルトのちょっとずつがツボ。

もいっちょ、ブランデージの魔法の城。




これはー・・・。微妙^^
王子様がツンデレ通り越して人非人だし^^、アドリエンヌはサザエさん(笑)←基本、いらん事しい。
これから先、王子がちょっとずつやわらかくなっていく過程がいいのかもしれません。
個人的には王子が長髪なのもマイナスポイント←長髪男子がにーーーがーーーてーーーー!!

後はー・・・タイトルをもう忘れてしまった^^

でもまだまだ読みますよ!
今の一番「恋ドレ」を越すくらい、面白いのがあるといいなあ。


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

ラノベで食いつくのは、やっぱり私?って思いながら投稿^^
私も図書館で借りてボチボチ読んでます。
若干あの表紙が恥ずかしくはあるのですが、当たり外れが読めないので買うことの方が勇気がいるので^^;
最近読んだのはビーンズ文庫の「金蘭の王国シリーズ」
まぁまぁでしたよ^^
今読んでるのは「鳥籠の王女と教育係」
うーんまだ1冊目の途中なのでイマイチ?!って感じなのですが、わりと長く続いているシリーズなのでどこかで化けるのかなぁって期待しながら読んでます。
ラノベも「ローズテイラー」や「十二国記」みたいなのがあるし、あなどれないですよね!
また良い本あれば教えて(貸して)下さい♪

ラノベフレンズよ!

まみさんからの↑のコバルトと、身代わり伯爵シリーズ(結構巻数あるので読み応えあります^^)を、近々ぴろろん経由で回しますので、お覚悟めされい。

そーうなのよ、当りハズレが結構大きいから、1冊って高いし、中々冒険して買えない・・・。
でも図書館もあんまり充実はしてないしねー。で、まみさんに頼る^^

鳥籠の王女、読んだ読んだ(大笑)
そうなのよ!イマイチだったのー。
だからとりあえずこの作者さんははずして次のを選ぼうかなあって。

鏡の国がまあまあ面白かったから、この人ので月下の守人って言うのを借りてみた。
1巻の時点では、まあまあ。読みやすい。

ときめきポイントで中々本当に私の大好きな3シリーズに匹敵するものがないのよねえ。全部1巻からかなり好きだったもん。

あとね、戦国何とかって言うのは予約中^^←コバルト。
面白かったらまた言うね!

金蘭の王国、今度借りてみるね。
またお勧めは是非是非教えてくださいませ。
プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。