スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悪魔とラブソング 8巻 少女マンガ感想

(2009-10-30)
悪魔とラブソング 8 桃森ミヨシ。


<まみさん蔵>

あんな編のかたがつきました・・・。
いい終わり方でしたね、ほんとうによかった。逆向きのベクトルを真っ向から受け止めてかかわる事で、向ってくる逆ベクトルを良い方向に向けていくマリアがいいなあ・・・と、改めて。

そして触れ合えない2人のエピソードが挟まって、コミュニケーション過多の黒須登場。
この辺りの書き方がやっぱり上手い^^

触れさせないめぐと黒須の対比がね。本当にもどかしい。めぐの態度は見ている側ももやもやするしね。黒須の方が良い!と思ってしまう。

痛いくらい握られた手から伝わってくる・・・の件でドキッときました(笑)ちょっとツボに入った。これはやばい^^

マリアの水着ファッションショーは面白かったけど、水着って下着の上からしか試着しちゃいけないのに、どんな下着つけてるんだ?と、めっちゃどーでも良いことを考えてしまったのでした^^

ちなみに裏表紙の水着も最初下着に見えて、「えっ!?」って思ってしまった。どきどき。どんな展開やねん、と。

そしてまためちゃめちゃ気になる場面で終わっております。続きはCMのあと!みたいな展開はごめんだよーーう。2月まで生殺しかい。
未遂と判断いたしますがね。

この後めぐがどう復活してくるのか(この巻では黒須のキャラが立ちすぎて(作者さん計算の上とは思いますが)、めぐが「逃げ」てるようにしか見えないもん)、神田はちょっと一歩ひいたスタンスですが、そこからどう絡んでくるのか、めっちゃ楽しみに次巻も待ちたいと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。