スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読書記録 2月分

(2014-02-28)
よし、ひと月坊主じゃなかったぞ^^

2月に読んだ本。

先月に引き続き、シュガーアップルシリーズの再読。

銀砂糖師と紺の宰相 三川みり 角川ビーンズ。
銀砂糖師と銀の守護者




最終巻が12月末に出たところなので、次はまだだろうなあ。待ち遠しいなあ。

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと繋がりの時~ 三上延 メディアワークス文庫 




久しぶりに出た!長かった!
これは最初の巻を表紙買いして、大成功したシリーズです。本が好き、古書にも興味ある、ミステリ好き・・・にはたまりません。
栞子さんと五浦くんの関係も少し進展いたしました。このほのぼのしい不器用な感じがたまりません。

そして栞子さんの一癖も二癖のあるお母さんとの決着の時が近づいておるようです。このお母さん、ただ黒いだけじゃないんだと思うけどなー。そうあって欲しいけどなー。

ラブコメ今昔 有川浩 角川文庫




これも再読。この中の「軍事とオタクと彼」が大好きで、急に読みたくなり、結局1冊まるまる読んでしまった本。かわいいんだよー、この彼。そしてちゃきちゃき大阪っ子の年上彼女も大好き。

封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師 三川みり 角川ビーンズ
封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫



シュガーアップルシリーズの作者さんの新作。アマゾンで評価があんまり高くなかったのと、表紙の絵に余りそそられなかったので、躊躇していた本。
でも、抱き合わせ商法に負け、買ってしまいました。だってずるいようずるいよう。この本のおまけのペーパーに、シュガーアップルのお話つけるとか^^読みたいじゃん!!くそう!!

とまあ、買ってしまったのですが。
他人様の評価はあくまで目安、だよね。当たり前の事なんだけれども。いろんな好みがあって、当たり前。そんな事を改めて感じました。・・・要は私はこの本を好きであった、と^^よかった。買って。

この作者さんにはずれ無しです。面白い。
4つの絵を順に封じていくのではないのね。1巻で封じたはずの鬼が、ううむ、怪しい感じで。二人の関係と共に、今後が楽しみです。シュアが―アップルみたいに、続いていくといいなあ。

朧月夜の怪 薬師・守屋人情帖 青木裕子 富士見時代小説文庫




おお!時代だ。でもヴィクトリアンローズテーラーシリーズの方ですから^^!
時代小説ではあったけれども、安定の青木さん。薬師、医師である守屋が患者として関わった人たちの、謎が明らかになっていく話。面白かった。

とらわれ舞姫の受難 はた迷惑な求愛者 雨川恵 角川ビーンズ




タイトル買い。
ただ、魔法とか、その魔法にかかわる滅びた一族の末裔とか、設定はすっごく面白そうなのに、その末裔である舞姫に執着する皇帝(多分^^。そこまで読み進めてないけど、多分この人が皇帝なんでしょう)がものすごく薄っぺらで(今のところは)、「愛してるから」とかばっかり言うんですが、する事なす事とても好きになれないし、人間としてどうよ?な感じだし、そもそもなんでそんなに執着するのかもさっぱりわからないまま、話は進まないけどページだけが進んでいく・・・展開で、途中で挫折してしまいました^^

ここから先を読み進めたらすっごく面白くなるのかも!!と思いつつ、保留中^^

妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘 山本瑤 コバルト文庫




この方の話は安定。いけ好かない殿方ですが、徐々に変わっていく模様。これもシリーズになっていくようです。

嘘吐きなレディ 五月祭の求婚 白川紺子 コバルト文庫




この方の「リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイアモンドの涙」を、表紙の絵に一目ぼれして買ったのが去年。この人の絵、大好きだ。めっちゃきれい。
お話も非常にかわいらしく、続刊はまだ買ってないのですが、3巻完結とコンパクトですし、折を見て買いそろえる予定。

その前にうっかりデビュー作?ロマン大賞受賞作なるこちらを買ってしまいました。

好き!!!いや、この話はとても好きです。舞台が19世紀英国!!そしてお貴族様。もうこれだけでご飯3杯はいけます^^・・・って、いやそう言う事でなく。

誰にも話せない、「嘘」をふたつ、胸にしまい続けないといけない伯爵令嬢メアリ。恵まれた幸せな生活ではあるものの、罪悪感で辛くて仕方がなくて。
そのうちの一つの嘘を若き伯爵ジョシュアと彼の友人に知られてしまい・・・。

ジョシュアが最初やな奴でねー^^!でもその「やな奴」でもちゃんと理由があって、納得できて共感できる。メアリも、嘘を明かさない「狡さ」も自覚しての罪悪感なので、こちらも共感できる。最後、ちょっと駆け足ではあったけど、よかったー。

でもこの後が読みたい。3冊完結くらいの、小さなシリーズにして欲しいなあ^^

阪急電車 有川浩 幻冬舎文庫




これも再読。これを買った当時、「阪急電車なんて、一生縁がない電車だろうなあ」なんて思っておったのですが、人生とは不思議なもの。ひょんなことから利用するご縁が出来、つぶさなきゃいけない数時間が出来たので、今津線、乗ってきました。

ほんとに短い、片道15分のプチ旅行。普通の、本当に普通の住宅地を走る電車でした。「この駅にあんなドラマが、この駅であんな事があったんだなあ」なんて思いながら乗るのも乙なもの^^

生「生」も見ましたよ!思ったよりも大きかった。今でもくっきりと、存在してましたよ^^

大泉エッセイ ~僕が綴った16年 大泉洋 ダ・ヴィンチブックス




「水曜どうでしょう」ファンにはたまらない一冊。今まだ読んでる途中です。楽しい^^

さて、2月はトータル12冊。←挫折したものは加えるべきじゃないから、11冊か^^

相変わらずビーンズ率高!!
実はまたビーンズのシリーズを9冊くらい買ってしまったので(大笑)、来月もビーンズ率が高い事をここで宣言しておきます。おほほほほ・・・。
スポンサーサイト


ソチオリンピック フィギュアスケート男子シングル フリー

(2014-02-15)
リアルタイムで見てます。

高橋くん。

4回転降りたね。降りたよ。
表情の何と優しい穏やかな事か。

よかった。すんごい彼らしかった。涙がボロボロでございます。ううう。

羽生くん。

緊張するよね。そりゃ緊張するさ。メンタル強そうだけどねー^^。
前半の崩れを後半に感じさせないのは本当にお見事。素晴らしかったよ。

パトちゃん。

パトちゃんまでジャンプ、がたがたっと来てびっくりした。
でも笑ってるな^^・・・いい笑顔だ(笑)

そうかー、パトちゃんでもオリンピックは只者ではないのね。

さて。

おお・・・。羽生くん今、「ほんとに?」みたいな口だったな^^

リーバースさん。

ああ、固い、な。オリンピックで最終グループ。きっと空気が違うんだろう。
でもそこにいる事がすでに素晴らしい事。

ジェイソンくん。

アメリカーンなお顔だわ^^
最近からだが柔らかい男の子多いよねえ。スピンがきれい。

おお!後半生き生きしてきたぞ^^ノリノリである。アナウンサーさんの言うように、楽しそう。

よかったー!最終滑走と言う難しい順番で、この演技はすっごいよかった。楽しそうなのがよかった。笑うとめっちゃかわいらしいしな^^

全員の演技が終わりました。

羽生くん、金メダル、おーーーーーめーーーーでーーーーーとーーーーーう!!!

パーフェクトな演技は、次のお楽しみ^^

素晴らしかった。強い!!


それにしても。
途中2時過ぎ。私大分寝落ちかけてたんだけど、突然BSの画像が乱れだして、「雨天用に切り替えます」とか表示が出たと思ったら、ほぼモザイク。
そのうちそれすら映らなくなっちゃって、画面は真っ黒。

愕然。

リモコンのボタンあちこち押したり、ネット探したり、右往左往。
ネットで地上波でも放送がある事を知って、地上波で見れた時の安堵と言ったら・・・。

民法のスポーツ放送、好きじゃないんだけどね^^
でも今回は「ありがとうありがとうーーーーー!!」って感じだったわ(笑)

おかげで眠気など、100万光年の彼方まで去って行ったわ。怪我の功名。
でもそのばたばたのせいで、デニスくん、見てないのよ。いつの間にか1位表示になってて、「いつの間に!?」って。

明日以降、録画を見ます。楽しみ。

プルシェンコの衝撃は半端なかったけど、最後は本当にいいものを見させていただきました。
高橋くん、町田君。よかった。

さて、次は女子だな。これまためっちゃ楽しみです。


ソチ フィギュアスケート団体戦 男子シングルSP

(2014-02-07)
とうとう始まりましたね。ソチオリンピック―!・・・ってまだ始まってないのか?開会式がまだなのか^^

昨日の夜にやってた放送を今見ております。

ソチのリアルタイムはほぼ逆転・・・か。リアルタイムで見るのはほぼ無理だあ。しょぼん。

トリノの時、フリーが朝方だった記憶があるぞ。起きて見た記憶があるぞ。そのくらいだったら頑張って見るんだけど・・・。

さて。男子シングルショート。

印象に残った人。

やっぱ序盤、プルプル。いや、久々に見たけど、ほんとに、すごいな!!この人は。魅せ方の何とうまい事か。どんなに軸が曲がっても、どかん!と下りてくるパワフルさ。

地元だと言う事を抜いても、みんな大好きだよね^^プルシェンコ。個人種目も本当に楽しみです。

そしてハンヤン?日本語ではエンカンと呼んでますけど、ローマ字表記ではハンヤンになってたような。

あのトリプルアクセルの飛距離には度肝を抜かれたわ。すんごい距離!びっくり。

羽生くん。
もうノリノリで、最高によかったです。ジャンプも素晴らしくきれいだったし。圧巻。お見事10点獲得。よかったー^^

応援席がお祭りみたいでめっちゃ楽しそう。それを見てるこっちも楽しくなってくる。
隣のボックスの人とも話したり、ボックスの前を通る時手を振ったりして、なごやか~。

パトちゃんの時、端っこで旗を振ってるケビン・レイノルズくんが超かわいかった。あと羽生くんの点数が出る前、旗持って踊ってるあっこねーさんもかわいいー。

いいですね。団体戦。とても楽しいです。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。