スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


W受験顛末記。その2

(2013-11-22)
5月9日に次ぐ受験つれづれ第2弾^^

いやー、5月に説明会聞いて、お金のことに卒倒しそうになって、それから半年。

とにかく早く明確な目標を持つこと!と言われ続けてはや半年。うちの娘さん、やっと志望校を決めました。・・・11月末ですけど^^めちゃめちゃ遅いようです。うちの娘さんみたいな子は。

だってもう公募やAO、私立の指定校の子なんて、ガンガン決まっちゃってるもんね。受験自体が終わっていくこの時期に、うちの娘さんは未だぼんやりとしたビジョンしか持てず(大体この辺…くらい)、本人もすごく焦ってたし、親も焦るし。

先日塾の先生との面談があり、それを機に、一気に流れが出来て、とにかく自分に自信がなくて自信がなくて、それが一番の理由でなかなか「ここ!」と言えなかった娘さんも、やっと覚悟が出来たようです。

塾の先生も「早く相談してくれればいいのに!!」って^^
ガンガン相談できる子ならもっと早く決まっていましたとも(笑)

そうと決まったら、とりあえず学校の資料集めだ!ネットで資料請求4校分。・・・今かよ(大笑)!!←本来は夏にしておくべきですよ^^

願書、国公立は学校でもらえる、私立は1校だけもらえると言うので、娘さんが受ける予定の私立4校、1校はネット出願らしいので、あと2校分、取り寄せなければ。
資料はただで送ってくれるけど、願書は有料。送料込みで1000円!!とりあえず申し込んで・・・って、手続きした後で、「おかーさん、1校じゃなくてももらえたわ」と。

早く言え――――!つか、もっと早く調べとけ――――!!
大体、どこの高校でももらえると思います^^買わなくてもね。下の子の時は焦らんでいいわ^^


買っちゃった1校分はもうしょうがない。もう1校分ももらってきたので、これで願書は揃ったぞ。私立はね。

出願の方法は、もちろん高校生なんだから、子供がやるべきですけれども、うちはちょっと抜けさくさんなので^^、親もしっかり熟読しないと怖いので、熟読中^^

受験教科とか範囲とかそんなもんはどうでもよいのじゃ。親が気にしないといけないのは、「お金をいつまでに払うか」「どのように払うか」。

今のところ、私立Aは一般、もしくは一般とセンター利用。もしそうだとするならば、この学校で必要な受験料は5万円。
私立Bはセンター利用。資料がまだ来ないので、正確には分からないけど、15000円くらい。
私立Cもセンター利用。これは18000円。
私立Dは一般、かなあ?だとしたら、35000円。
今の予定で最低11万8000円也。

5月の高校での進路説明会では大体20万くらいかかるとおっしゃってたので、まだ増えるのか!?

あ、でもセンター受験料18800円をたせば、136800円か。で、2次が17000円。前期と後期で受けるから、34000円足して、170800円。

・・・まあぼちぼちな金額になるのか。・・・ひょー・・・。

出願は大体1月6日くらいから、センター利用だったらセンター前日まで。
それに間に合うように、この受験料を、年が明けたら速攻、ガンガン振り込みに行かねばなりません。私がな^^!
うちは娘さんが早生まれで、学資保険の満期も年明けなので、この受験料はボーナスからねん出^^が、がんばらねば!

1月末から2月頭くらいに本番、そして半ばに合格発表。
どこか1校決めて(何校も払えんしな^^!)、2月末までに入学金を入金。

そんな事してる間に、2月末くらいに本命の2次。その合格発表は3月10日前後。

その間に高校の卒業式が3月1日。

怒涛ですな!!年明けたら、親も子も、ノンストップで走り続けるのでございますよ。・・・でね?

うちには中3生もいますのでね?ここに高校受験も入ってくるのでございます。

年明けたら私立の受験料、たぶん2校、かなあ。30000円×2、60000円振り込んで、出願。

2月頭に本番、半ばに合格発表。学校によっては入学手付金????30000円振り込み。

公立高校の受験料、いくらだったかなーーーーー?安かった気がする。上の子の時。2100円とかそんなんだったかなー。
これは学校に現金で払ったんだっけかな。そして出願。

そして3月半ばに本命公立。翌日が卒業式、3日後くらいに合格発表。その後は合格者説明会に行きーの、制服やらの物品販売に行きーの、入学金は公立なら確か5600円とかそんなんだったような。

・・・ふふふ、1月から3月末まで、意識をしっかり保って(笑)、一つ一つを指さし確認しながら、走り続けよう。親子共々。

W受験、お金はまぢかかります。塾代だって、受験年は高いしね!それがダブルだから。
でもこれが1年で済むかと思うと、それはそれで楽かなーとかも思います^^

とりあえず今の段階での覚書。
スポンサーサイト


NHK杯 フィギュアスケート つれづれ観戦感想

(2013-11-10)
リアルタイムで見れるものは見、後はBSで放送されたものを録画して、断続的に見ております。

ペアとアイスダンスも放送してくれるんだよ!!!!!感涙だよ。どうしてスケート放送、全部NHKがしてくれないのーーーう。

さて、昨日の女子シングルフリー。

真央ちゃん、パーフェクトじゃあないんですよ。ないんですよ。←しつこい^^
あれがパーフェクトになったら、一体どうなるでしょうか。未知の領域ではないんでしょうか。昨日の演技もよかった。でも、これからがますます楽しみになっちゃいました。果てしないよ。真央ちゃん。どこまで行くの^^?

あっこねーさんも、昨日は納得いく出来ではなかったようで、ちょっと残念。でもお見事3位!素晴らしい。
彼女も次が楽しみで仕方ないです。

ラジオノワさん。
この子ジャンプだけじゃないんだもの―――――!ジャンプはもちろん素晴らしいけど、それだけじゃないんだもの。空恐ろしい。
どうしても、これから、15、16と体が変わっていく時期に入って、それを乗り越えないといけないけど、上手く乗り越えて、ながーーーくTOPスケーターの一人として、見ていたいなあと^^

そして男子。
今BSでフリーの放送をしているので、それを見つつ^^

SP、織田くんが帰ってきた!!帰ってきたよ。あの柔らかいジャンプが見れるよ・・・^^
よかったー。

そして高橋くん。もんのすごい気迫。あそこまで気迫を前面に押し出した彼、そうそう見ないくらい。
演技はもう鬼気迫ると言うか、何というか、神だった。見終わった時の感想は、「ものすごいものを見てしまった」^^

演技が終わった後、にこりともしない彼、初めて見たかも。そしてモロゾフの涙も初めて見た^^

すごいです。フリーが楽しみです。

そしてアイスダンス。
デービス、ホワイト組が好きでねえ…。もんのすごい優雅なんだもの。アクロバティックな演技をする組と、まさに王道社交ダンスみたいな演技をする組とあるような気がするけど、このペアは後者。

ショートダンスは全組同じことをするんですが、この二人だけ重力が違うところで演技してるみたい。何なのあの軽さは。軽やかな足さばきにはただただ見とれるばかり。

フリー、こちらもこれからなので、楽しみ^^

ペア!!
成美ちゃん。世界選手権のあの素晴らしい演技が印象的です。ぴょん飛びと^^
木原くんとペアを組んで初めて拝見。

まだ1年もたってないペアなので、なんだか初々しい。でも二人の雰囲気が素晴らしくよろしいので、これから楽しみ。

優勝したロシアのペアは、何もかもが素晴らしかった・・・。フリーの時間が一瞬だった。
ジャンプ、スロージャンプ、リフト、技術として「すごい」を通り越して、美しすぎる。スロージャンプ、あそこまで飛ばす!?あの高さ、そして飛距離、それをうっとりするような美しさで着氷。

何もかもが美しかった。ただただうっとりと魅入ってる間に演技が終わってしまいました。パーフェクトなものって、ここまですごいんだなあ・・・。

男子シングルフリー。

アボット良かったよーう。ところどころミスあったけどね。でもよかった。

そういえばSPを上娘と一緒に見ていたんですが、2次元にしか興味がないお嬢。
卒業アルバムに「好きな芸能人を書け」と言うのがあって、ものすごく悩んでおりました。「だって3次元、本当に興味がないんだもんー。一人も思い浮かばない。かっこいいって言うのが分からない。2次元ならいっぱいいるんだけど」・・・なぞとのたもうていらした、その上娘が!

リッポンポンを見て、「おかーさん、この人かっこいいね」って・・・!

この人が3次元の男の人をかっこいいと言ったのを初めて聞いたわ^^確かに綺麗な顔をしている。元々フィギュアスケート、イケメン多いけどねえ^^


そのリッポン、前半ちょっとミスがあったのが残念。

織田くんはよかった!これはよかった。この人のジャンプは本当に素晴らしい。戻ってきたよー。男子の3枠、めちゃめちゃ激戦になってきましたね。うれしいんだけど、もったいない(笑)
だって、この点以上の人は出場できますって基準にしたら、何人行ける!?ってくらい、面子が揃ってるんだもの。嬉しい。嬉しいだけに、もったいない^^

高橋くん。
綺麗だったー。冒頭の4回転。コンビの方は残念だったけど。あとアクセルで手を付いただけ、か?
でもそんなこと、忘れてしまうくらい。やっぱり・・いいわー。この雰囲気、この世界観。彼にしか出せない。

演技構成点の恐ろしい事よ。
よかった・・・。

でも彼もまだこの先があるのだよ。まだ上に行けるのだよ。本当に果てしない。

オリンピックシーズンの充実度、半端ない。今シーズン、観戦が楽しくて楽しくて仕方ありません。


NHK杯 女子シングルSP

(2013-11-08)
ちゃんと全選手放送してくれたよ・・・。ほんとにこれがうれしい。それにしても、いい選手が集まりましたね!この大会。素晴らしい。

知子ちゃん、よかった。パーフェクトだった!点が意外と低かったな。この辺は専門的な何かがあるのでしょう。でもこの子はこれからほんとに楽しみ。

ラジオノワさんとか、ほっそい!ジャンプが最初手を付いちゃったけど、小気味よく良く飛ぶなあと。

でも何と言っても真央ちゃんとあっこねーさん!!

もう何なんだ、いったい何なんだこの二人は。真央ちゃん、アクセルがちょっと両足になったほかは素晴らしかった。あの柔らかい、優しい雰囲気は真央ちゃんにしか出せない。見てるとうるうるして来てしまう。

そしてあっこねーさん。
去年のキルビルが、あまりにも彼女に合っていて、大好きなプログラムだっただけに、ああいうのがよかったなあ…と思ったのはほんの一瞬。

ジャンプに少しミスがあったものの、ダブルアクセルが決まった瞬間、首筋がぞわっと。そのまま総毛立つ感覚のまま、曲の盛り上がりとステップ。さっきの真央ちゃんの演技で緩んだ涙腺が、ぶわっ!と。

素晴らしかったです。本当に。
感動…って言葉に表すと、それもちょっと違うような気がしてしまう。言葉で表すことができないです。本当に素晴らしかった。


おかーさんが京アニを見てみた

(2013-11-08)
下娘は「京アニ」というアニメ会社の作ったアニメが大好きです。
秋に始まった「境界の彼方」と言うアニメを毎週見てるんですが、うっかり2話を一緒に見てしまい。その絵の美しさにびっくり。




めちゃめちゃきれいなんですよ!端の端まで^^
アニメと言えば子供の小さい頃見たポケモンやどれみちゃん。大熊と一緒に見てたガンダムSEED以来でございます。これはちょっと真面目に見てみようと、子供が1話から録っていたので、1話を見、更にそれ以来毎週娘と一緒に見ています。

面白いです。絵だけじゃなくて細かい部分も非常に丁寧な作りで、見る度に感心。セリフの掛け合いも面白いし、何より最後の・・・なんて言うんだっけ、下娘が今いないから名称を聞けない!
エンドロールじゃなくて、アイカットじゃなくて、次回予告の後の一枚の絵!あれがもう秀逸で秀逸で^^毎回下娘と大笑い。

ゆるゆるで、かつ、その週の内容をあまりにも的確に表した一枚。あれはもう最高です。

で、「おかーさん、これ気に入ったなら、FREE見てみたら?」との下娘のお勧めに従って、春から夏にかけて放送してた、Free!と言うアニメを全12話(多分)、まとめて一気に見てみました。




面白いっ!
いや、これはいい。

最初、殿方の裸体のオンパレード(水泳アニメだからね)に、「どういう層狙い!?」と、ちょっとびっくりしましたが^^、絵の美しさはほんとに毎回だし、絶妙な間で笑える部分もあり、最後まで一気に引っ張り込まれる吸引力を持ったストーリーといい、「面白かった!!」と心底思えるアニメでございましたよ。

ストーリーは、小学生のころ、同じ水泳クラブの仲間だった4人がメドレーリレーで優勝。その後一人は水泳留学で外国に、二人は同じ中学に、もう一人は学年が違ったため、4人はバラバラに。

同じ中学に行った二人も、最初は水泳部に入ったものの、ある出来事がきっかけで水泳をやめてしまっていた。

そして同じ中学だった二人は同じ高校に進み、2年になったある日、学年の違った一人が同じ高校に入学して来て、「水泳部を作ろう!」と言い出す。

何とかもう一人水泳部に入ってくれる仲間を見つけ、また再び水泳を始めた時、留学していた一人と再会。彼は昔の仲間だった頃とは変わってしまっていた。

そこから元の仲間に戻っていく過程と言うか。あの時の想いを取り戻すための過程と言うか。

キャラクターがみんな本当にいい。かわいくてねー^^

最終回が、実に美しい。
今2期を想定したアニメが多いようですが、これは本当に綺麗に終わっていて、その潔さがいい。エンディングの歌がそれまでの週と違うんですが、そこでの場面が本当に幸せな感じでほのぼのしていて、不覚にもうるっときてしまいました。

これと同じ会社が作ってる境界の彼方のこれからも、非常に楽しみです^^

ちなみに下娘はまこちゃん派、上娘ははるちゃん派、私はりんちゃん派です^^
Free!を見終わった翌日の晩御飯はサバでした。・・・娘たちに呆れられました^^




SPEC  漸ノ篇 映画感想

(2013-11-04)
スペックを見てきました。お仲間は大熊、下娘。

今日はレディースデイだったので、私と下娘は1000円。なので、大熊の分だけ前売りを買って、鑑賞。

面白くない事はなかった^^、と。最初にそれだけは書いておかねば。以下ネタバレ・・・あり・・・か???



ただこの映画は、見事な導入部でございました。きたるほんとの最終回に向けての^^
漸の章 終(正確な表示は忘れましたが)の画面になった瞬間、口ぱかっ!!・・・。
えっ!?ここで終わり!?って^^
この口ぱかっ!の音が隣の下娘にも聞こえていたらしく、「おかーさん、ものすごくびっくりしてたね」と言われる始末。

面白くない事はないんです、ええ。

でも、これは個人的な感じ方の問題だとは思うんですが、最初のテレビシリーズ、そして去年のテレビスペシャルまでは、掛け合いや笑える部分など、とにかくセリフのテンポが非常に良くて、キレがすごくて、そういう部分のスピーディな面白さが好きだったんですが、去年の映画でも、今回のでも、一つ一つのシーンが無駄に長くて、面白いセリフもテンポが非常に悪いがゆえに笑えない部分がとても多かったように思えました。

瀬文さんもキャラ変わってるしね。去年の映画からね。

ニノマエとかと戦ってた時の方が、敵対してるものがシンプルでわかりやすかったのになあ。冷泉さんとかね、サトリマスとかね。SPECも分かりやすくてキャラもインパクトがあって、ストレートに面白かった。
映画になって、話が段々世界規模になってきて、わけが分からない・・・と、言うか、すっきりしない。

そして最初は確かに刑事モノなドラマだったはずなのに、今や妖怪大戦争の体に(笑)

でも今回は吉川がよかったな!
あのスペシャルだけのキャラなのがもったいない!と思っていたので、彼の復活は非常によろしかったです。彼の復活方法も最高でございました。

いろいろ言っておりますが、でも好きなんだよねー。
なのでもちろん次回、コウの篇(コウが変換で出ない^^!)も、見に行きます。

そして次回を見に行く前に、テレビシリーズをもう一度見直したくなりました^^


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。