スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


塔の上のラプンツェル 映画感想

(2011-03-20)
下娘と、「上娘の受験が終わったら、映画を一緒に見に行こうね」と、大分前から約束していた「塔の上のラプンツェル」を見てきました。
ワーナーデーだったし^^

頑張ったのは上娘ですが、下娘は彼女なりにお友達とお約束してもうちの家は避けたり、いろいろお気遣いはしてたみたいなので、そのお疲れ様もかねて^^

さすが1000円の日。ものすごい人でした。うちは近所なので大抵前日までにはチケットを買っておくのですが、10分前に到着したら、既にその時間帯は完売。他の映画もその1時間以内くらいの時間は軒並み完売。ツーリストだけちょっと余ってたかな。そんな感じでした。

さて。ラプンツェル。
ラプンツェルと言う設定を借りた、別物でございました。・・・これはまあ想定内。だってディズニーだし^^

以下、非常に不用意にネタバレが書いてある可能性あり。未見の方はご注意下さい。

rapunn1.jpg

↑なんて男前なラプンツェル!メリケンでディズニーやわー。

不思議な力を持つ金色の花を、1人の老婆が自分のためだけに使うために、隠していた。
ある時妊娠中の王妃様が重い病気に。人々がその花を国中探し回り、とうとうみつけてしまった。そして王妃様にその花の汁を飲ませたところ王妃様は回復し、無事王女様を出産。

そして生まれた金色の髪を持つ王女様は、その髪の毛に金の花と同じ力を宿していた。それを知った老婆は赤ん坊の王女様を誘拐。そして森の奥深くの塔に閉じ込め、自分の娘として育てていた。

外の世界は恐ろしい人々や恐ろしい出来事ばかり。かわいいあなたを守るために、ここに閉じ込めているのよ、と。そして毎日歌を歌わせ、髪の魔力で若さを保ち続けていた。

ある日王宮に宝物を盗みに入った盗賊が、王宮の兵隊達に追われる途中、森の奥深くの塔を見つける。そしてその塔に逃げ込むと、そこには長い長い髪をした女の子が住んでいた。

・・・で、女の子はその盗賊に「外の世界に出るためのボディガードになって(道案内^^?)」と頼み(っつか、おどし?)、外の世界に出る事に。

・・・で、なんだかんだあって、自分がさらわれた王女である事を思い出し、結果的にはめでたしめでたし。

いろいろ「ありり?」と思うことはありましたよ。
結果くっつくユージィンは、でも盗賊だったわけで。過去は孤児だったのかな?触れられてないので良く分かりませんが、その罪はつぐなわにゃあならんのでは?
すんなり結婚とか言ってていいのかな?とか^^

王女様を助けたのだって、助けたいと思って助けたわけじゃないからねえ。結果としてって感じだし。

老婆も悪いっちゃ悪いさ。うん。でも少なくともラプンツェルには多少の愛情はあったような感じだしねえ。好物の食べもの作ってあげたり、さ。

ま、でもディズニーだしな^^!結果オーライ。

結論から言うと、この映画、非常に面白かったです。今まで見たディズニー映画の中でも、1、2を争うくらい。そのくらい私にはツボでした。

面白いんです。文字通り。もう笑いっぱなし。
ラプンツェルの言動とユージィンの掛け合いの面白いこと面白い事。純粋無垢な天然お嬢さんと、リアリストの盗賊。基本常識の人だからさ、ユージィンは。

でもなんとなく、最後まで見てて、この二人の関係がルパンとアメリカナイズされたクラリスみたいと思ったり^^

それにしてもラプンツェルの髪の丈夫な事と言ったら。あの長い髪を自由自在に武器としても操れる彼女は最強です。

そしてディズニーのお家芸とでも言えばいいのか。あまりにも表情豊かで愛しすぎる動物達。これがまた最高でした。

娘を誘拐された王様と王妃様の姿にうるうるし、いなくなった王女のために毎年かかさず行うあるイベントのシーンは言葉をなくして見入ってしまうほどに美しく。

3D映画も、今まで見た中ではもっとも3Dっぽく(今まで見た映画は基本「別に3Dじゃなくてもいいじゃん」と思ってしまった^^)、質感とかのリアルさと、あまりぶれない感じに好感。

最後がちょっと走った感じではあったけど、無事出会えた本当の家族のシーンは本当に感動し、涙で画面がぼやけ^^
ええ、大満足の映画でした。

この映画での男前ランキング
1位:マックス!!←馬。
2位:ラプンツェル←思い切りの良さと勇気は誰にも負けません。
3位:フライパン←こっそり最強です。

・・・男いないし。

ただひとつ、ちょこっと残念だったのは、ラプンツェルはひとつしか上映してなかったので、なんの迷いもなくそれを見たんですが、吹き替えでした・・・。

私、基本字幕派なんで、選べるものなら字幕を選んでました。
今までは吹き替えが見やすい時間で、字幕は見難い中途半端な時間にやる事が多く、それでも何とか都合をつけて字幕を見続けていたのに、このラプンツェルに関しては選ぶ事すら出来なかったです。

世の中が吹き替え主流になってるのは分かるけどね。選ばせてくれよーーーう。
吹き替え、良かったですよ。違和感なく、ラプンツェルはかわいくかっこよかったし、その他のキャラも、非常によかったです。すんなり耳に入る気持ちよさと言うのは理解できるけど、・・・選ばせて欲しい・・・^^。

と、いうわけで、DVDを買う事にしました^^オリジナルの声が聞きたいので^^下娘も私の影響か、字幕派なので。
・・・はっ!これが作戦かっ!?手のひらで踊らされる私。

でも、DVDを買ってもいいと思うほど、本当に面白かったんです。
ディズニー映画の世界観が苦手でない方には、めっちゃお勧めです。


スポンサーサイト


つれづれ

(2011-03-17)
ここ数日でおめでとうをたくさん言ってもらいました。

上娘の中学の卒業式。そして下娘の小学校の卒業式、そして上娘の本命、公立高校の合格発表。

どれも純粋に嬉しく、また感動的でした。

そんな中で、雪のちらつく中、体育館の寒さに震え上がりながら、校長や教育委員会、市長の祝辞の最初に付け加えられた「東北地震の被災者の方たちへ」の言葉について思い・・・。

例年通りの卒業式が行えるという事がどれだけ恵まれているか。普通に受験し、結果に喜び合える事がどれだけ恵まれているか。ただ子供とともにいられる事がどれだけ恵まれているか。

関西ですら、雪のちらつく日の体育館が、座っているだけで震えが来るほど寒いのに、東北の、被災者の方たちがいる場所がどれほどの寒さなのか。

ただ「めでたい」だけでなく、本当にいろんな想いを感じた数日でした。

関西に避難して来られた東北の方が「同じ日本とは思えない」とコメントしてらしたテレビを見て、ここにいる事に罪悪感と後ろめたさを感じたり、このブログは私が好き勝手に面白いと思ったり、面白いとは思えなかったけど^^、感想を書きたい!と思ったいろんな本や映画、小説などの感想を書き散らすブログですが、今「こんな小説読んだ!めっちゃおもしろかったー!○○かっこいー!」なんて能天気に言ってて良いのかとか、いろいろ思うと、ブログを更新することにすら後ろめたさを感じたり。

でも、それは考え方の向きが違うんじゃないか、とちょっと思えるように。
今できることは何だ、と考えた時に、やっぱりこっちは普通の生活をしなければならない。普通に生活して、出来る我慢はして、頑張って仕事する。

普通に生活して、義援金を捻出する。まずはそこから。後ろめたさを感じる暇があったら、そうした方がはるかにいい。

それにしても腹が立つのは義援金詐欺!!有り得ない、許せない。

街角に立ってる人たちを疑わないといけないのは、本当に本当に辛い。

今日はK高校の子達がやってた募金と(これは信用できる)、生協の募金箱にお金を入れてきました。これからも、出来る範囲で続けていきたいです。

そんな中で、また本やマンガの感想を書きたいな、と言う気持ちになったら、またぼちぼち書いていけたらいいな。

ひとまず、何よりも被災された方たちにお見舞いを、心から申し上げます。


本日こっそりと上娘誕祭開催中^^

(2011-03-10)
本日上娘が15歳になりましたー!どどどん^^

でもかわいそうに、公立の受験目前のため、プレゼントはナシ(笑)・・・つか、両じじばばからの現金はもらっておりますので、私預かりで。

入試が終わったその日に渡し、そのお金を握り締めて、2学期の始まった9月1日から封印していたゲームを買い込んでくるらしいです。

上娘ははっきり言ってゲーマーです^^
大熊が3歳の上娘にパソコンゲーム(「どうぶつさんこんにちわ」とかのいわゆる知育ゲーム)を買い与え、幼稚園前にはアドバンス(DSの前身ですね)を買い与え、ゲームの英才教育を施したせいか(・・・もっと他の英才教育を・・・^^)、女の子にしては結構ゲーマーなのでは?と。

本とか(漫画含む)ならある程度時間を区切れるかなと思うのですが、ゲームってやりだすと、1時間2時間なんて一瞬じゃないですか。それはやっぱり問題であろうと、ゲームは受験が終わるまでやめておきなさいと。

本人も納得しての封印だったのですが、やっぱり何を禁止されるよりゲームを禁止される事が辛いらしく、我慢に我慢を重ね、ここまで耐えてきたのもあと数日!!

合格発表後じゃないところがミソですが^^、まあいいやね。数日くらい。お誕生日プレゼントとして、試験頑張ったご褒美に、どどんと買ってくださいな。

と、言う訳で、本日は夜ご飯に大好物のオムライスと鶏のから揚げ、そしてかぼちゃスープ。今塾に行っておりますが(お誕生日なのに・・・^^)、帰ってきたら、娘のリクで作ったレアチーズケーキを家族でいただきましょう。

ささやかながらでも、お誕生日のお祝い中^^

でも学校でお友達からプレゼントをもらったらしく、非常に喜んでました^^ありがとう!みっちゃん!!貸してもらったお守りも大事に持って行かせていただくね!パワーを貸してもらうわ!


花咲ける青少年 特別編1 マンガ感想

(2011-03-08)
こんなものが出ていたので買ってみました^^



花咲ける青少年!大好きでしたね。今も大好きですね。この漫画。もうリアルタイムではLALAを読んでなかった頃かな?でもコミックは新刊が出るたび、リアルタイムで買ってました。

完結してから16年との事。私も間に結婚を挟み、現在に至りますが、今、後ろを向いたら本棚にちゃんと全巻揃ってあります。売ってません(笑)実家に置いてきてもいません。大好きなこのマンガはずっと持ってます。

アニメは最近でしたか、もしかしたら今も放送してるのかな?アニメには興味がないので、未見ですが^^

その後、でなく、番外編と言う位置づけか。
1巻には3話入ってます。

花咲ける青少年

これはラギネイで行われる事になった「結婚式」の招待状を受け取った花鹿たちが、久々に顔をあわせる・・・と言った、ひとつの話と言うよりはひとつの小さなエピソード的な感じ。肝心の結婚式、ないし^^

絵がね。ご本人もあとがきで書いてらっしゃいますが、絵が変ってしまっているから、なるべく近づけて書いたけど、難しい、と^^

漫画家さん、絵、変りますもんね。ひとつの漫画だって、長い話なら1巻と10巻とでは大違いなんでザラにあることだし。ましてや16年。

言い悪いでなく、樹なつみさんの絵は、花咲けるの頃が一番好きでした。OZと。これは個人的な好みでね。
今こうして同じ話を読んでいても、やっぱり違和感はありました。

男の人の体つきが、今の方ががっちり感がある(笑)とか。前の方が線が細かったような。
ぶっちゃけ好みで言えば、線の細い男の人よりもがたいの良い男の人の方が断然好きなので、がっちり感がある方がいいのですが、花咲けるは前のキャラのイメージがあまりにも強烈だったので、やっぱり違和感はあります。

後は何だろ。雰囲気。
一番違和感があったのはナジェイラ!次に花鹿・・・。

16年前の樹さんの絵にあった、ある種の「艶っぽさ」が薄くなってしまったなあ・・・と言う感じは致しました。

内容は、ほれ、同窓会だから^^
最後のひとコマでちょっと恋人らしい花鹿と立人が見れてよかったかな^^

フルール・ド・グラス

花鹿と会う前のユージィンの話。彼の周りで女の人が3人自殺してる・・・その3人目の話。

何も感じない日々を送っていた頃の。
ちょっと感想を書くに困る^^・・・うん、そうか。そうだったんだねえって。面白かったけどね。クロエは良い感じだった。
でも死んでしまったドミニクはやっぱりどーもよく分からないまま。

それにしても出てくるお城の内部はこないだ読んだ「英国貴族の館」そのものだった・・・。書くの大変そう^^

HEAVEN

ブレップスクール時代のカールの話。

本編ではあまりにも強烈なキャラに囲まれて、どーにもこーにも良い子ちゃん過ぎて影が薄かったこのお方。
この話の中でもものすごいいい子ちゃんなんですけど、でもなんか良い。なんかかわいい。
不憫は不憫だけどな^^!

3編の中ではこの話が一番面白いと感じ、一番好きでした。カールはこれから良い男になっていくんだろう。いつか花鹿とはまた違った強烈なキャラの女の子を好きになれると良いね。ミーガンは友達のままかなあ・・・。

と、言う訳で、久しぶりに読み返し中^^
花咲ける青少年。



前からそうだけど、マハティ編が一番好きです。今思い出した。このマハティ編だけLALAで雑誌掲載時にリアルタイムで読んでたんだった!
コミックが出た時にはもうLALAは買ってなかったけど、マハティの話がものすごく好きだったから、コミックを買ったんだった!

2ヶ月で前後編みたいな形で掲載されてて、「連載」とかでないけど、コンパクトで且つテンポよく、見せ場がものすごく上手くて、次へのつながりも非常に興味を持たせるような。
このお話はとにかく印象的でした。

そして本編。
立人の登場シーンからもう「やられた」って感じ^^
好きだなあ・・・何度読んでも。この方のマンガはマルチェロから読んでますが、男の人はかっこいいけど、女の人がちょっといまいちキャラが弱いイメージだったのが、花鹿、いいわ、花鹿。彼女のキャラが魅力的だからこそ、周りのあまりにもキラキラしい殿方たちもよりいっそう魅力的である、と。

今5巻読んでます。じっくり読んでます。これからラギネイが荒れます。知ってても、ドキドキしながら、また読み進めたいです。
ラストの、ルマティの演説。この方はこう見せ方がね・・・。恐ろしくお上手ですよね。めちゃめちゃかっこいいもんね・・・。うっとり^^

では2巻がいつでるのか分かりませんが、どうやら2巻で終わりなようなので、楽しみに待ちたいと思います。


スッキリ美顔ローラー プチッと感想

(2011-03-05)
えーと、誕生日にもらってから7日目。ちょうど1週間たちました。



こういうのってやっぱ長ーーーーーく使って効果が現れるものかなあと思うので、とりあえずの使用感とプチッと感想。

毎日あんまり時間を考えず、仕事がお休みの時は午後のゆったりした時間にコロコロしたり、お風呂上りに化粧水つけてからコロコロする時もあるし、本当に寝る前、お布団に転がってから寝転んだままコロコロする事もあります。バラバラ。

回数も多くて2、3回。ほとんど1日1回。

さて、器具そのものの使用感ですが、高価なものは見た事も触った事もございませんので、比べる事は出来ません。
いろんな口コミサイトでは「全然違う」「回転数、回転の滑らかさが全く違う」「音がうるさい」「金属部分がコーティング?もされておらずちゃちい」等いろいろ書かれておりましたので、高価なものはやっぱり値段の分だけ、使い心地もいいものだと推測いたします。

でもこれしか知らない私にとっては、別に「こんなもんか」(悪い意味でなく)と思える範囲です。

コロコロする部分の金属が非常に冷たいので、この季節はちょっと、肌に触った時に「ちべたっ!」と思いますが、お風呂上りだったら結構「気持ちいい」です。夏はいいんじゃないかな。夏は部屋に置いておいたら生ぬるくなるのかな。こればっかりは夏になってみないと分からないか。

娘は冷たいのがイヤだったのか、ストーブの前にかざしてちょっと暖めて使おうとして、「あぢっ!!」となっておりましたので(サルヂエ)、お気をつけくださいませ。

コロコロの音も、これしか知らない人間には全く気にならず。音ってしてるのかな?よく分かりません。

肌に当たる感じも、冷たさ以外は気持ちいいです。これがどう刺激になって、肌に効くのかな?って不思議になるほど、痛いわけでも刺激を感じるわけでもなく。不思議だー。

重さも変に軽くなく、いーい感じに重みがあって、コロコロしやすいです。

そして肌の調子。
昔、淡屋のりこさんがゲルマニウムローラーのCMされてたイメージが強くて(今は高畑さんですか。・・・すんません、自分、昭和な人間なもんで・・・)、ゲルマニウムローラーって「色が白くなる」ってイメージなんですね。

でもこの美顔ローラーの説明書には「色が白くなる」とか全く触れられてないし、私のイメージが一体どこから来たのか、勝手な妄想だったのか^^、今となっては知ることも出来ず。

色、白くならないのか・・・。ちょっとがくり。
元々地黒なので、白い肌って憧れなのよねー。顔が引き締まる!とかより色が白くなりたいのに!

まあ、ナイ効果を願っても仕方ない。肌が綺麗になったらそれでいいじゃないか!と、コロコロコロコロ。

口コミには「化粧ののりが良くなった」って言う意見が結構多いんですが、私、超敏感乾燥肌のせいで(アトピーなんです)、化粧はしないので、この点は分かりません。
顔につけるのは化粧水オンリー。乳液もクリームも塗ると荒れるので・・・。

でも、最初気のせいかな?と思ったんですが、コロコロしたら顔が何かつるつるするんですよ。で、それを1週間続けて、ふと口元とかほっぺとか触ってみると、肌がすんごい柔らかくなってるような気がするんです。

ほうれい線とかめちゃめちゃ気になる年ではないんですが、でも薄くなったような気がするし。
続けてれば、それが気になる年になってもいいかもしれない!と思えるほど。

でも大熊も、「顔がつるつるしてる」と言ってくれてますので、私の気のせいでもないかな?と、ちょっと思います^^

ま、なんにしろ、まだ1週間。
結構気に入っているので、これからも使っていきたいと思います。

さて、じゃあこれを使って、高価なものが欲しくなるか。
・・・ビミョーーーーーーーー!ですよねー。これで充分な気もするし、やっぱり14000円とかの値段は中々出せないなあ・・・。

これが壊れちゃって、でもその時こういう安いのがどこにも売ってなくて、1万円以上のものしか手に入らない!!って状況なら、考えるかも^^
そうでなければ、わたしにはこれで充分でした^^


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。