スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遷都1300年祭

(2010-05-30)
一体どんなものがあるのか何をしてるのかもよー分からんイベントだったので^^、行く事はないと思っておりましたが、ひょんなことで用事ができたので、今日の午後行って来ました。

前知識ゼロ。知ってる事といえばせんとくんくらいよ^^

今日はいいお天気。日差しはきつかったけど、風がそよそよと気持ちよくて、日陰に入るとひんやり。この位がちょうどいいね。
日向に座ってたら背中がじりじりしてきたけど^^

10sento9.jpg

行ったらこんなのが走っておりましたよ。ちょっと乗ってみたかったけど、どこからどこへとは良く分からなかったので断念。

10sento8.jpg

とりあえず、目玉であるだろう大極殿へ。

だだっぴろーい。
お花を置いてきれいにしてありましたが、もうちょっとお花を置いてもいいのでは?これだけだと「とりあえず置いてみました」っぽい^^

10sento7.jpg

角度を変えて。

10sento6.jpg

中に入る。GW辺りは中に入るのにかなりお並びになったとか聞いておりますが、今はスイスイ。好きに入れます。このたまの飾りも何色かあって、意味もあるらしいのですが、分からず^^
でもお日様の光に映えて綺麗でしたよ。

10sento4.jpg

玉座と言うか何と言うか。ここで天皇が政治をなさったのでしょうか。

10sento5.jpg

そこから真正面に見える朱雀門。
とおーーーーーーーーーーーーーーーーい。ちょっと歩くには気合が・・・。あっ!そうか、そのためのトラムか。さっきのは^^

でもこれをひとつの都と考えるなら、結構こじんまりしてたのかな。
現在は間に近鉄電車の線路があるので、電車が結構頻繁に通ります^^

10sento3.jpg

天井には十二支の絵があったので、とりあえず娘達の干支だけでも・・・と写真に撮って来たのですが、帰宅後大熊の撮っていたビデオの画像と合わせると、これは干支のトラじゃなくて方角を表す白虎だったようです・・・。干支の虎は黄色だったらしい・・・。

いやー、干支のはずなのに、カメとかいるし変だなとは思ってたのよ(笑)
紛らわしいわ^^

10sento2.jpg

用事が終わってお土産やさんを見て回る。
民芸品点みたいなところは、店員さんが結構お勧めしてくるのがちょっと・・・だった。
そうされると見るのを止めて逃げたくなる(笑)そういうもんじゃない?
放っておいてくれたら、勝手にゆっくりじっくり見て、欲しいものが買えた「かも」しれないのに^^

下娘の欲しがってた「大和茶アイス」は残念な事に売り切れ。代わりに抹茶ソフトを食べておられました。

下娘と大熊がアイスを探してる間、私は今回同行したまみさんとふらふら^^

看板読めるかな^^せんとくんゆうびんきょく。

あらー、こんなお店があるわーなんて見てたら、

10sento1.jpg

ご本人登場。人だかってたよ!
テレビ局も来てた。大熊の見立てでは、NHKの語学番組のコーナーではないかとの事。

そして後は西大寺駅まで歩いて帰宅。

たいした距離じゃないんだけど、でも行きより疲れてた。やっぱ日差しって言うのは思った以上に体力を奪うものなのね。

私どもはとりあえず見たので、満足でございます。
ほんとに広くて、ゆったりできるので、結構のんびり見て回るにはいいかもしれません。ただこれからの季節、帽子日傘は必需。日陰無いもん!

でも休憩所のミストは気持ちよかった^^
スポンサーサイト


ドラマプチ感想 龍馬伝 月の恋人

(2010-05-28)
やっと今週分見ましたー。ほんまに暇なかった・・。夜に見せてくれればいいけど、うちのテレビっ娘下娘が絶対テレビを譲ってくれない・・・。

さて、まず見たのは龍馬伝。

今週は面白かった・・・と言うべきか。
話が動いておりましたね。浮かぶ者あれば沈みゆく者あり。弥太郎はここからのし上がっていくのでしょうか。そして武市さんはね・・・。

このドラマでの彼の書き方はちょっとキツイ感じも致しましたが、最後の晩餐ならぬ朝餉の席での富さんとの会話は切なかったですなあ。ここに来て、やっと足元の大事なものを振り返る事ができたと言うのも何とも。

そして以蔵・・・。
逃げ回る彼を追うのは・・・あれは新撰組かっ!?ダンダラ模様ではなかったですが、あの羽織の色はまさしく!
えっ!?と思ってもう一度巻き戻して^^

ほんまのほんまの最後の1瞬。言葉もなく出てきた3人の、これまたインパクトの強いことと言ったら。
今までの追っ手とは全く色の違う、ふてぶてしいまでに落ち着いて刀を抜く姿のかっこいい事。一気にテンションが上がるのでした(笑)見惚れてしまったよ。
最後追っかけたのは沖田ですかね。髪型が^^

来週はもうちょっと出てくるのかな。龍馬と相対しておりましたね。

そして「龍馬!龍馬!」と叫ぶ以蔵。
その声の切なさと言ったら、これまたもう言葉もないほどで。

佐藤健、美味しいよねー^^
美味しい役をもらって、それをまたきっちり印象に残る姿に演じるのよ。
この以蔵にはやっぱり感情移入してしまいます。ここからを知ってるだけに、見るのが辛い。健くんがどんな風に演じてくれるのでしょうか。きっと涙無しでは見れまい・・・。

そして月の恋人。
シュウメイさん、マユの形といい目といい鼻、唇、そして輪郭。素晴らしく整っておるなあとしみじみ見た50分弱^^
少女マンガに出てくるそのまんまの顔みたい(笑)

篠原涼子と松田翔太のツーショットがいい、っつか、松田翔太が出てくると、彼一人ですんごいいろんな顔があって、非常に興味をそそられます。蓮さんに対する顔、シュウメイに対する顔、そして二宮に対する顔、どれも違う。
彼がこれからどう立ち回っていくのか楽しみ。

しかしやっぱりキムタクにはどーにもこーにもつかみ所が無くて、そそられない(笑)
来週はどうするかなあ・・・。そのうち再放送されるだろうから、その時にまとめて見てもいいかも、と、ちょっと思っております。


今期ドラマプチプチ感想

(2010-05-22)
ゲゲゲの女房、今週分をついさっきまとめて拝見。リアルタイムは無理だわさ^^。


図書館で7番目くらいだったかな。

お父さんが来る回。

元々お父さんの下調べ不足じゃろう!って言うのはあったけどねえ。どんな生活してるのかたいして知りもしないままで「食べっぷりがいい」ってだけで結婚させて。その言い分はないだろうと思いつつも、布美枝がしげるをかばう所では涙が・・・。ほろほろほろ。

太一くん(だっけ)の件では、「ほっとけばええ」と言うしげるの言い方が冷たいかどうかと言う点で、大熊と論争に(大笑)
私がしげる派、大熊が布美枝派。私も冷たいんかのう^^?

毎週楽しいです。大熊と共に拝見中。

ヤンキー君とメガネちゃんも続けて拝見中。これはリアルタイムで。めっちゃ好き!って程でもないけど、それなりに楽しく拝見。
相変わらずのばかばかしさが爽快で面白いです。どうなんでしょう、これから色恋に・・・は、ならんかのう?

ぴろろんが買ってくれたマンガの方も拝見しました。



ぴろろんが「2巻以降は買いません」と書いてあったので、どうかなあ・・・と思って読んでみました。
ドラマとはまた違ったものですわいな。これはこれでいいのかもしれないけど、やっぱり私はあんまりそそられず^^私でも2巻以降は買わないかな。

でも大熊が1人大受け。
やっぱ殿方受けする漫画なんでしょうか。ツボが違う気がするんだよねえ。女の子でも少年漫画にめっちゃはまる人はいるでしょうが(うちの上娘はこのタイプかなあ)、私のような少女マンガ脳な人間にはイマイチかもしれません。

ぴろろんが少女マンガ脳かどうかは分かりませんが(笑)

大熊はレンタルで借りに行きたいそうです。・・・借りてきいや。

新参者もリアルタイムで見てます。
これ、めっちゃ面白いと思うんですが、視聴率がさほどでないのが不思議。


最終回見てから読むかどうか決めよう^^

謎解きを軸に、毎回人情話の一話完結みたいになってますが、そろそろ本筋にかえってきそう。

これはもう阿部ちゃんに尽きるね。ぬぼっと、気配もさせず、チェシャネコのような笑みを浮かべて気付いたらこっちを見てる不気味なおかしさ。
いいわー。本当に。

犯人は誰。そして動機は何?三井さんがただのいい人ではなさそうなエピソードはあちこちにちりばめられているけど、どんな違う顔があったのか。
いやー、先が本当に楽しみです。

出演人が豪華なのも見どころ。

そしてとりあえず見始めた月の恋人。

第1印象は、「トレンディドラマ」でした^^
おっしゃれーなインテリア店が舞台なところといい、木村拓哉の役どころ、プリティウーマンみたいな高級ブティックお着替え大作戦。

女の子がみんなめっちゃかわいいので、とりあえず3話も録ってみるけど、ここでイマイチと思ったらもう見ないかも。
篠原涼子、かわいいよねえ。いくつになっても。さばさばしてて、今回の役どころなんて本当に合ってる。
北川景子もいいよ、かわいい。あんなにつれなくされちゃってるのに^^おばかな感じもかわいらしい。

そしてリン・チーリン。
レッドクリフで拝見したときは、さほどアクティブな役どころでないので、ただ「綺麗な人だなあ」って。
今回のドラマはほんとうにかわいい。それにしても何じゃあの足は。ありえない細さ長さ。同性であっても見惚れてしまう美しさでございます。

正直、松田翔太が主役だった方がいいのになあ・・・と言う気がします。個人的な好みの問題で。

ロンバケ、リアルタイムで見て。ラブジェネ見て、ギフト見て、ビューティフルライフ見て、眠れる森見て、グッドラック見て。こないだのミスターブレインも。これ以外にもいっぱい見てるし、基本キムタクの出てるドラマは好きなものが多い。

今回のドラマだって、いつものキムタクだ。
でもなんか・・・なんだろう?しっくりこない。何じゃこいつって思っちゃう。

軽くいくには若くなく、渋くなるにはまだイマイチって感じなのかなあ。

ストーリーも感情移入できるタイプの話じゃないし、かといってめっちゃ面白いって話でもなく、続きが気になるような謎があるわけでもない。
どーもどっちつかずな感じがもやもやしてしまうのでございます。

それでも3話までは見るって気にはなってるんだから^^、それなりなのか、な^^?


モラモラネタ 日清 天ぷら粉とから揚げ粉

(2010-05-17)
モラいました!
日清 野菜のうまみを逃さない天ぷら粉 活菜上手と日清 揚げなくていいから揚げ粉 ザ・ノンフライ。

100510_173100.jpg

と、言う訳で作ってみました^^

から揚げの方はでも、パッケージにはまさしくから揚げとしか見えない出来上がりの品物がついているのですが、・・・何が悪かったんだろう・・・。粉が少なかった?水が多すぎた?一応測ったつもりではいるんですが、何かを間違えていたのか・・・。

100510_191758.jpg

から揚げ・・・にはイマイチ見えなかった・・・。
フライパンにものすごいこびりついちゃって、衣がはがれちゃったんです。
火加減が悪いかったのか。ううむううむ。納得いかん。リベンジしたい!

味はちゃんと美味しかった!
これでかりっとしてたらめっちゃから揚げだったと思う。
ううん、悔しい!今度お店で買って来て、チャレンジしたいです。

そして天ぷら粉。

結婚して15年、実は「天ぷら」を家でした事がありません(笑)。

実家は天ぷらが好きで、ちょこちょこしてたんですが、大ぶりのエビ、いか、おいも、なす、かぼちゃ、大葉、海苔、ピーマン、白身のさかな、かきあげ・・・と、とにかく具の種類が多く、てんぷらと言うのはそのくらいの種類をしなければ「いけない」と思い込んでいて、めっちゃ金かかるやん!と敬遠。

それに、粉も加減が難しく、あんまり溶いちゃいけない、とか、粉も水もキンキンに冷やしておかなきゃいけない、とか、めんどくさそう!と言うイメージが強く、これまた敬遠する一因に。

でもこんな便利な粉があるとは。裏の説明をみると、ほんまに粉と水だけをぐるぐるかき混ぜるだけ。だまが残るくらいにとかそんな難しそうなことも書いてない!

そして、近所のスーパーで、そこそこ大き目のサツマイモが1本98円で売っていたので^^、2本買って来て、生まれて初めての天ぷらはおいもさんから^^をトライしてみる事に。←いくつやねん。

100512_210012.jpg

ものすごい量を揚げました。
写真はほとんど食べ終わっちゃってから撮る事に気付いたので、部分アップで^^

相当な量のいも天、ぺろりでした・・・。それも上娘は塾に行く前に食べて、帰ってからも食べようと思ってたらしく(行く前にしっかり食べてたのに)、みんな食べ尽くされてると知った時の衝撃の顔といったら・・・。

そのくらい美味しかったー^^
さっくりほっくり。
めっちゃ簡単だし、めっちゃ美味しい。

いもだけでこんなに喜んでもらえるなら(いや、具が多かったらまた喜んでもらえるんだろうけど^^)、こんなお手軽にできるやん!またしよう!と思うのでした。

大き目のお皿にてんこ盛りモリモリの量を揚げましたが、袋に書いてある粉100グラム、水150CCでちょうどいけました。

まだまだ粉も残ってるし、お徳^^
おいもが安売りしてたら是非是非したいです。


モラタメモラモラ カルピス

(2010-05-13)
この間はカルピスソーダ4種セットが当りましたー^^

100429_223805.jpg

大きさが違うカルピスソーダ。
我が家はみんなカルピスが大好き。子供達も外食する時頼むジュースはちびちびの頃からカルピス。

しかし、我が家には1人、炭酸が苦手なお嬢様が・・・。そう、上の中3の娘でございます。
今回は大好きなカルピス・・・の炭酸と言うことで、一口だけ試したのですが、やっぱりダメだったみたい。

かわいそうだけど、後は炭酸?ばっちこーーーい!な、3人でいただく事に。

結構な量だったと思うんですが(太っ腹なカルピス株式会社様、ありがとうございますありがとうございます)、開けたら1瞬で無くなるといった感じで、瞬飲でございました。

甘すぎず、しゅわーーーっと爽やかなソーダ。
普通のカルピスだとちょっと咽喉に残る感じがする時があるんですが(でも大好き^^)、ソーダはそういう感じが無いですね。飲みやすい。

美味しく美味しくいただきました。
今度はちゃんと買って来よう・・・。でも瞬飲・・・^^


GWのレンタルDVD雑記

(2010-05-05)
GWが7連休・・・だったのは我が家では大熊だけですが^^、上娘は部活があるし、私も合間合間に仕事があったのでどこへも行けず、大熊はんはGEOの100円レンタルでいろいろ借りてきて見ておったようです。

彼だけが見て私が見てないのは「252生存者あり」「地球が静止する日」←タイトルあやふやです。
彼に寄ると、252は面白かった、地球が静止する日は「なんじゃあこりゃあ!!」・・・と言う感想だったそうです。

私も一緒に見たのは「K-20 怪人20面相伝」



怪人二十面相に間違われちゃった、サーカスの曲芸師の話。
これはエンターテイメント活劇として面白かった。

松たかこがかわいかったなあ。お嬢様。

そして「ワルキューレ」



これは映画館で見たかった映画ですが、機会が合わず、見れなかったもの。

まあ・・・歴史上の知識はありますので、結末が悲しいものであると言う事は容易に想像ができたのですが、でもやっぱりなんだかねえ・・・。後味が悪いと言うか、悲しかったねえ。

計画はあれほど綿密に練ったのに、本番がずさん。見切り発車のイケイケどんどん。一旦やりかけてしまったら、勢いで行けるところまで行くしかないと言うのがリアルなのかもしれません。

でも奥様が本当につい最近まで生きてらしたと言う事にびっくり。手記とかがあるのかな。あるとしたら見てみたいですね。

続きまして、「おっぱいバレー」



なんと申しますか、さわやかーな青春映画。おっぱいなのに爽やかとはこはいかに(笑)
時代は私どもよりもほんのちょっと、年上な感じかなあ。5、6歳くらい?
でもその程度の誤差なので、流れる曲は全部知っておりましたよ。もちろん。歌えます^^

渚のシンドバッドで始まって、最後はキャンディーズの春一番とフィンガーファイブの個人授業・・・だけど、歌ってたのはフィンガー5ではなかったな。

車とかもレトロなものを良く集めたなって感じ。冷蔵庫とか^^

泣ける・・・と書いてあったけど、別に泣けはしなかった^^
ただ、かわいかった。
「女の子が箸が転げてもおかしい年頃、男の子は伏せたおわんを見ただけで欲情する」と書いてあったのは何の本だったか。まさにそんな年頃の、男の子達がただただ「おっぱい」のために頑張る話。

そんな事言った覚えもないのにいつの間にか約束が成立した事になっちゃって、ちゃんと「そんな約束は不成立だ」と言おうとしたのに、いつの間にか「私のおっぱいが見たいなら頑張らなきゃダメでしょ」なんて励ましちゃう始末。
そんな綾瀬はるかがめちゃめちゃかわいいのです。

服装もなんだかとってもかわいらしい。ノースリーブのブラウスを着てる綾瀬はるかはたしかに「でっかい」です^^

おっぱいの掛け声はついに仲村トオルにまで「ナイスおっぱい」と言わせる波及力。
最後、美香子先生のおっぱいをみる事ができたのか!?・・・は、映画を見てのお楽しみ^^

そして連休最終日の今日見たのが、「魍魎の匣」



これは出演陣が豪華だったわー。
メインの3人が堤真一、阿部寛、椎名桔平ですよ。豪華ー^^

これは原作小説を読んでおります。・・・多分10年位前に。一時期この方の本を読み漁った事がございましたので。

でも何分古い記憶なので、「え?こんな話だっけ?」と、もやもや。

登場人物は一緒、時代設定も一緒、事件や出来事は一緒なのに、話の筋と言うか、本質が違っちゃってるように思えました。

どうして「はこ」に女の子を詰めようとしたのか、そしてその顛末。
最後の最後の「ほう」と言う声が、小説では結構重要なキーワードだったように記憶しているのですが、映画ではここで初めて出て来るだけなので、小説未読で見た大熊には全く印象に残らない言葉だったようで、そういうのも残念。

コメディタッチになってるのは別にいいんだけど、話の筋が違っちゃってるのはイカンだろうよ。既に似て非なるものだと思うのでございます。

でも大熊は「こういうものだと思ってみたら、普通に面白かった」そうなので、原作を見る前に見るといいかもしれません^^

とりあえず終了、かな。
今日また「プラダを着た悪魔」を借りてきたので、今週末にでも見たいと思います^^
映画館で見たアリスを含めると、結構いっぱい見たな^^


今期のドラマあれこれ。

(2010-05-03)
ドラマは見たり見なかったりですが、今は私にしては良く見てるほう^^

まず大河の「龍馬伝」。風林火山からの流れでつい見てしまっている時間帯・・・と言っても録画して平日の暇な時に見ますが^^
風林火山は「そこそこ」、篤姫は「めっちゃ面白かった」、天地人は「普通」、そして龍馬伝は今のところ「結構面白い」です。

「そこそこ」の次が「普通」だったら、多分もう見なくなっちゃうと思うんですが^^、上手い具合に「そこそこ」「面白い」「そこそこ」「面白い」と交互に来てるので、次もきっと見てしまうことでしょう!「江」でしたっけ。



龍馬伝は弥太郎が濃いくていいよねえ^^
この人昔「小早川秀秋」の役してなかったっけ?その印象が残ってるわ。

勝海舟のしゃべり方が早口すぎて何を言っておるのか分かりません・・・^^。龍馬は最後をどうもっていくのかも楽しみに見ていきたいと思います。
福山雅治、最初はどうかなあ??って感じでしたが、すっごいはまり役。いいです。なんか。

あと生まれて初めて見ている連続テレビ小説?NHKの朝の奴。
朝のあんな忙しい時間に毎日見るのは不可能ですので、土曜の再放送枠を録って見てます。大熊と一緒に。大熊も非常にはまっているらしい。

今まであえて「見よう」と思うようなドラマもなかったので、この時間のドラマはスルーでしたが、今回タイトル見た時に「どんなんだろう?」って興味を惹かれました。
やっぱこのタイトルが秀逸だと思います。



最初の方は見てないなあ。どこから見たっけ。見合いが決まったくらいから。
今のところは茂のひどさに私は怒り心頭でしたが(笑)、こないだの自転車のシーンには思わず涙が・・・。
きっと作ってる側にしたら「思うつぼ!!」であろう・・・^^。

まさにあめとむち。普段ひどいジャイアンがたまにいい事をしたら「すっごくいい奴!」に思えるのと同じことではないかと思うのですが(笑)、でもふみえさんが報われると嬉しい。本当にかわいらしいよね。一生懸命で。

さて、今週からはちょっとずつ茂の漫画に運が向いてくるのでしょうか。これまた楽しみだー^^

そして「新参者」。
東野圭吾の原作は未読。図書館で予約してもすんごい人数だろうなあ・・・。



阿部ちゃんがめっちゃいい!!あの神出鬼没な出現の仕方といい、人を食ったような、どこかチェシャネコにも通じる笑い。
そして何より「間」。彼の「間」は本当に笑える^^

台詞回しもすごくいい。面白い。

今のところ毎回毎回人情話になってますが、これから核心に迫っていくんでしょうね。
来週はげげげくん(違うやろ)の回かな?

三浦友和も怪しい~。ケーキ屋の店員も怪しい~。草刈民代も怪しい~^^でもあの刑事も怪しい。
さてさて、どんなどんでん返しが待ってるのか。原作はドラマが終わってから考えたいです。

犯人が三浦友和で、実は傘でゴルフの素振りをするのが趣味だったとかはないか(笑)←あるわけないだろっ!

あと大熊が「チームバチスタ」。
これも今のところ初回しか見てないけど、時間がある時に見たいなあ。



「タンブリング」も録ってあるだけで見てない。とりあえず見て、見続けるのか止めるのか取捨選択しないと。


原作は漫画なの?

さらに「ヤンキー君とメガネちゃん」。




原作がマンガであるのは知ってます。が、未読。
初回から見たかったんだけど、確かヤッターマンと時間がかぶってたんじゃないかな。そっちを上娘が録ると言うので、諦めて、2回目から見ました。

正直、「1回目録ればよかったーーーー!ヤッターマンなんか借りて見ればよかったじゃん」と言うのが本音。
いやー、マンガちっくで、めっちゃばかばかしいけど、でも面白かった!いいわ、あのノリ。好き。

メガネちゃん、めっちゃかわいい。あの子はメガネをした方がかわいいかもしれない^^。
これからちょっとチェックしたくなる女優さんです。

大熊に寄るとゼブラーマンに出ていらっしゃるとか?・・・でもさすがにゼブラーマンはそそられないなあ・・・。


アリス・イン・ワンダーランド

(2010-05-02)
alice.jpg
本日見てまいりました。
映画館に着いた時にはもう4時台の回は完売。さすが!

今回のこの映画は吹き替え版がメインにプッシュされているらしく、近所のワーナーでも吹き替えは2部屋で朝からやってるのに、字幕は一番早い回が16時台。・・・それってどうよ。選ばせてよ、こっちにも。

吹き替え版はどーも苦手な私(どうしても不自然に思えて、そっちが気になって映画に集中できないんです)。一緒に行った小6の下娘に「どっちがいい?」と聞くと、「字幕版がいい」と言うので、本当は午前中に映画は見たいのですが、あえて16時台で見て来ました。

下娘は下娘で、学校のお友達から「字幕の方が迫力がある」と言う情報を得てきたらしく、「字幕だと帰りが遅くなるよ?」とか念を押しても「字幕!」と譲らなかったんですよ。・・・どこがどう迫力が違うのか私には分かりませんが^^

私の字幕派に引っ張られて、小学校1、2年の頃から映画は字幕ばっかり見てるので、下娘も字幕に抵抗はない模様。でもどうやら時代は吹き替え派に移行しているらしく、ちょっと寂しいかな^^

さて、3Dで見て来ましたが、正直目が疲れる・・・。眼鏡オン眼鏡だからかなあ・・・。
で、正直、3Dでなくてもいいんじゃない・・・?と言うのが本音(笑)映像を見る限り、3Dである必然性は感じられなかったなあ・・・。

ま、必要だから3Dにしてるわけじゃなくて、エンターテイメントとしての3Dだから、こっちが選べばいいんだけどね。3Dか2Dか。300円余分に払って好きで見てるんだから、別にいいんだけど^^

一番3Dを感じたのは字幕でしたか(大笑)字幕が浮き出てたわ。手前に。

話はまあまあ面白かったです。
言葉遊びの台詞なんかはやっぱりネイティブでないとさっぱり分からないけど。吹き替えだと上手い具合に日本人でも分かるようになってるんでしょうか。

おどろおどろしくちょっとグロい雰囲気はティム・バートン!って感じ。怖がりな下娘が今日夜泣きしたらどうしようと思ったのですが、このくらいならギリギリセーフだとか。

チェシャネコとヤマネがかわいかったー。チェシャネコ、いい奴だったねえ。
あの柔らかそうな毛並みなんかはすんごいリアル。

赤の女王のインパクトは相当なものでしたが、綺麗な綺麗な白の女王も、結構変な人でした・・・。さすが姉妹^^
残酷さで言ったらどっちもどっちだよ。

アリスが最終的になんちゃらって言う剣で戦う事になり、いもむしじいさんが「剣が勝手に戦ってくれるから大丈夫!」みたいなことを言うじゃないですか。
・・・アリスの戦いっぷりを見てたら、いもむしじーさん・・・。サギ?ひどいよね、勝手になんて戦ってくれないじゃん^^

スッキリな終わり方かと言えば、うーん、どこかもやもやとしたものが残る終わり方だったかな。童話の残酷さみたいなものを感じたまま、めでたしめでたし・・・・って、ほんとにそれで「めでたし」か??とつい考えてしまうような。

たくましくなったアリスはすっごいよかったけどね。強く生きていきそうだ。
マッドハッターは、切ないマッドハッターだった・・・。
待って待ってやっと現れたアリス。最後の「また会える」と言うアリスに対する顔が悲しかった。

映像は本当に綺麗でした。

カラスと書き物机(だったっけ)の関係性が非常に知りたいです。正解がないじゃん^^!


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。